相互リンク先の更新情報!

【芸能人】バンドマンの○さんと 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


これは、私が某ミュージシャンの男性とSEXをした時の思い出です。

本当は内緒にしてなくちゃいけないのでしょうが、どうしても誰かに聞いてほしくて…。

内容が内容なので、ネタだとか妄想だとか思われそうですが、そこは読んでいただく方の判断にお任せします。



相手の男性は今もメジャーでバンド活動をしている方なので、個人が特定される事がないよう気を付けて書き込ませていただきます。



去年の話です。

大好きだったバンドのライブに友達と2人で行きました。



ライブは2daysだったのですが、一緒に行った友達は1日しか都合がつかず、1日目は友達と、2日目は1人での参戦となりました。

都内でのライブだったので、地方に住む私達は1日目に都内で一泊し、友達は翌日始発で帰る、という予定で行きました。



1日目のライブが終わり、興奮状態の私達は『2人で打ち上げをやろう!!』という事になりましたww

ですが、ライブの後(しかも翌日もライブがあり、しかも週末)という事もあり、会場近くのお店はどこも満席でした。

私達は、せめて会場から少し離れた所に行ってみようと言う事になり、しばらく歩く事に。






結局、会場からも中心街からも結構離れた所にあった店に入りました。

私達は偶然見つけたのですが、なかなか見つかりにくそうなお店で、穴場的な感じでした。

お店の中は薄暗く落ち着いた感じで、お客さんは私達の他にカップルが1組いるだけでした。

私達は飲みながら、大興奮で今日のライブについて話しまくっていましたw

それからしばらくたって、お店に5〜6人くらいの男の人達が入って来たんです。



しかし私と友達は、そんな事は気にもとめずに飲み続け、話し続けました。



そしてまたしばらく経った時、さっきの団体さんの中の1人が私達の席に来て、『一緒に飲もーよ!!』と誘われました。

その時には私達もかなり酔っていたし、ライブ後でテンションも高かった事もあり、『まぁいっか☆』という感じでOKし、男の人達の席へと移動しました。

男の人達ももう結構酔っているような感じでした。



男の人は5人いました。

テーブル席だったので、私と友達が向かい合わせに座り、私達をはさんで両サイドに男の人が1人ずつ座り、もう1人の人が、コ←ここに座りました。



その状態でしばらく飲み、かなり盛り上がって来た頃、その中の1人が私達に『OO(バンド名)のファンなの??』と聞いて来ました。

(私達はライブの時に着ていたツアーTのままでした。)

好きなバンドの話になり喜んだ私達は、今日あったライブについてと、そのバンドについての話をガンガン話しました。

男の人達はすごくニコニコして、嬉しそうに私達の話を聞いてくれていました。

すると、別の人がまた私達に、『ねぇねぇ!これ何だかわかる!?』と聞き、プラスチックの薄いケースに入ったカードを見せてきました。

私と友達はそれを見てかなりビックリ!!!!

そのカードは、今日のライブの“バックステージパス”だったんです。



彼らがライブ関係者だった事を知り、驚いて軽いパニック状態になった私達を見て、全員大爆笑していました。

そしそんな私達にさらに追い打ちが…

その中の1人に『Mちゃん(私)!!隣見てごらん!!』と言われ、ハッとして横を見た瞬間、気を失いそうになりました。

私の隣に座っていたのは、私の大好きなバンドの、私の大大大好きな、Oさんだったのです。

店内は薄暗かったし、私はかなり酔っていたし、前の人達しか見ていなかったので全然気づかず、そこではじめて気が付いたのです。



私は本当にビックリしてしまい、と言うかなかなか事態を飲み込むことができずに、ただただOさんを見て固まっていました。

あまりの出来事にビックリして一気に酔いが醒め、改めてOさんを見ると、キャップをかぶりメガネをかけてはいましたが、確かにOさんでした。

それでも信じられずにOさんの耳を見たら、そこにはOさんがいつもしているピアスが、ちゃんとついていました。

私はOさんに慌てて自己紹介をし、握手を求めました。(今さらという感じでしたがw)

Oさんはとても優しくそれに応えてくれました。

落ち着いてから他の4人をよく見ると、その内の1人もメンバーさんで、またビックリでした。

その他3人はツアースタッフさんとの事で、2人以外の他のメンバーはいませんでした。



するとそこでまた、信じられない話を聞く事になったのです。

スタッフさんの1人が私に、『ここに入って来た時にさ〜、珍しくOが“かわいい子がいる”とかって言い出したんだよね!!だから俺らが“よし!後で、酔った勢いで誘って来てやる!!”って言ったんだよ!!』と、笑いながら言って来たんです。

信じられない気持ちでOさんを見ると、真っ赤になって本気で照れていました。

(少し前までは赤くなかったので、多分お酒のせいでは無かったと思いますw)

しかし最初はかなり迷ったそうです。

私達がツアーTを着ていたために、Oさんのバンドのファンだとわかったからです。

でも、Oさんが普段はそんな事全然言わない人だったということもあり、なんとか協力してやりたかったから誘った、という事でした。



私はそんな夢のような話を全く信じることができませんでしたが、それでもやっぱり嬉しくて、すごく幸せな気持ちでした。

その後もさらに3時間くらい飲みました。

かなり盛り上がって、Oさんともやっと打ち解けた頃、明日もライブだしそろそろ…という感じになり解散する雰囲気になりました。

私はちょっと残念だったけど、一緒に飲めただけでもかなり幸せだったので満足していました。

私と友達がお店を出ると、お店の横で、Oさん含む5人が座って待っていてくれました。

その後、私達は最後にお礼やら何やら色々な事を伝え、5人と別れました。

私達はまだ信じられない気持ちで、Oさん達の背中を見送っていました。



すると、少し歩いた所で5人が立ち止まり、Oさんがこっちを振り返りました。

そして他の4人に何か言われ、また私達の方へ歩いて来たんです。

そして私の前に立つと、目も合わせられない様子でかなり恥ずかしそうに頭をかきながら、

『良かったら今日…もう少し一緒にいてくれませんか…??』と言ってきたんです。

私は何がなんだかわからず、ただ戸惑って唖然としていました。

するとOさんは改めて私の目を見つめ、『一緒にいて下さい!』と言って手を差し出してくれたんです。

(他の4人に『ねるとんかよ!!』と笑われていました。)

私が戸惑いながら友達の顔を見ると、友達は『行かなきゃ後悔するよ!!』と言ってくれました。

私が思い切ってOさんの手を握ると、Oさんはパッと顔をあげて、嬉しそうに笑ってくれました。

友達の事は他の4人が責任を持ってホテルまで送ってくれるとの事でした。



5人と別れたあと、Oさんは遠慮がちな感じで手をつないできました。

そして『なんか…わがまま言ってごめんね。Kちゃん(友達)にも悪い事したよね…。でも、こんな事したの本当に初めてだから信じてほしいんだ…って言っても無理かな』といって苦笑していました。

私はOさんがものすごく真面目でシャイな人だという事を知っていたし、今までの様子から見ても、慣れない事をしているということはよくわかったので、Oさんに『大丈夫です。信じてますから☆』と言いました。

(実際、騙されてもいいやと思っていましたがw)

私達は、結局Oさんの泊まっているホテルへ行く事になりました。



Oさんは私のツアーTを隠すために、着ていたシャツを私にかけてくれました。

Oさんの部屋に着くと、Oさんがソファ―に座ったので、私も自然と隣に座りました。

部屋は広く、すごく静かで、私はドキドキして死にそうでした。

なんとか会話を…と思いましたが何も浮かびませんでした。

Oさんは普段からあまり喋る人では無いのに加えて、かなり照れているようで、まったく話かけてきませんでした。

そしてしばらく沈黙が続いた後、話かけるかわりのようにそっと抱きしめてくれました。

Oさんがすごくドキドキしているのが聞こえ、私もさらにドキドキしました。

Oさんは私の頭を優しくなでながら『このシチュエーションで…どうしたら単なる遊びじゃないって伝えられるかな…。どうしてもわかってほしいし、信じてほしいんだけど…』と言ってくれました。

Oさんの気持ちに応えるように、私はOさんを、ぎゅっと強く抱きしめました。



Oさんも私を強く抱きしめてきました。それが本当に強くて、私は思わず『苦しいです…』と言ってしまいました。

するとOさんは慌てて私から手を離し、『ごめん!!つい…。痛かった?ごめんね!!』と言って心配そうな顔をしていました。

その様子がおかしくて私がクスクス笑うと、Oさんも恥ずかしそうに笑ってくれて、やっと空気がなごんだ感じになりました。

そして2人で笑ったあと、見つめ合って、どちらからともなくキスをしました…。

初めは軽く触れるだけのキスでした。

緊張しているのかOさんは少し震えていて、くちびるも乾いた感じでした。

私は、こんな事はもう2度とないし、どうせなら後悔の無いようにしよう、と思い、少し積極的に行くことを決めました。



さっきからずっと軽くふれているだけの、Oさんの乾いたくちびるを濡らすように、私は舌を出してゆっくりとOさんのくちびるにあてました。

Oさんは少し驚いたのか、一瞬ほんの少しだけ離れましたが、Oさんもゆっくりと舌を出してきてくれました。

ゆっくりと動くOさんの舌を感じながら、私も大切に大切にOさんの舌をなめたり口に含んだりしました。

静かな部屋に、2人のキスの音だけが響いていて、すごくいやらしい気持ちになったことを今でも覚えています。



徐々に激しいディープキスになり、次第にピチャピチャというキスの音に混ざって『はぁ…はぁ…』という2人の荒い吐息も部屋に響いていました。

Oさんはゆっくりと私からくちびるを離すと、改めて私の顔をじっと見つめて、キスで濡れた私のくちびるを指で拭いてくれました。

そして優しく笑うと、聞こえないくらいの小さな声で『本当にありがとう…』といって私のおでこにチュッと軽いキスをして、また抱きしめてくれました。

すると急に涙が溢れてきてしまい、慌ててOさんにしがみつきました。

Oさんは私の背中を優しくポンポンと叩くと、『ベッド行こうか…』と言いました。



泣いているのをOさんに気付かれないよう、私は声を出さずに軽くうなずきました。

Oさんは私から離れるとベッドに座り、軽く手を広げて『おいで…』と言いました。

私はOさんに近づき、腕の中に飛込むように抱きつきました。

するとその衝撃でOさんがそのままベッドに倒れ、私はOさんに覆い被さるような形になりました。

Oさんは、また優しく微笑んで、私の頭を軽く引きよせてキスをしてくれました。

私はOさんのくちびるのすきまから舌を入れ、Oさんの舌にからませ夢中で激しいキスをしました。

Oさんもそれに応えてくれるかのように激しく私の舌をなめたり吸ったりしてきました。



Oさんは私を仰向けにすると、私の横にきました。

そして私の頭を撫でながら優しくキスをしてました。

私は、Oさんのキスをしっかりと覚えておこうと目をとじました。

すると私の頭を撫でていたOさんの手が、私の頬を撫でながらゆっくりと下へ下がってきて、胸の上にそっと置かれました。

私はもうそれだけですごく感じてしまって、体がピクンと反応してしまいました。

Oさんはそれに気付いたのか、今度はゆっくりゆっくり私の胸を揉みはじめました。

そして服の上から、私の乳首の辺りを指で撫でてきたんです。

私は、いつもは胸で感じたりしないんですが、この日だけは別でした。

乳首を触られただけなのに本当にイキそうになり、体がピクピクと反応してしまいました。

もちろん下の方ももうかなり濡れていて、私はがまんできずに足をもじもじさせていました。



私が足をもじもじさせていると、Oさんはそれに気付いたのか、私の足と足の間に自分の足を滑り込ませてきました。

ちょうどOさんの太ももかひざの辺りが私のあそこに押し付けられるような形になり、それだけでもうたまらなく気持ちよかったのですが、さらにOさんはゆっくりと足を動かして私のあそこを刺激してきました。

そしてTシャツのすそから手を入れられ、裸の胸にOさんのあたたかい手がふれました。



Oさんは私のあそこに足をぐぐっと押し付け、私にキスをしながら胸を揉んできました。

Oさんは、私の固くなった乳首を指でつまむと、こりこりといじり始めました。

私はもうかなり限界で、自然に『あっ…あっ…』と声が出てしまい、止めることができませんでした。

Oさんは私の乳首をいじっている手を止めずに、私の耳もとで『Mちゃん…気持ちいい…??Mちゃんのすごく固くなってるよ…』とささやいてきました。

私はそれにすら感じてしまって、もうどうしようもないくらいでした。

前戯だけでここまで感じて乱れたのは初めてでした。



私は、あまりの気持ち良さに耐えきれなくなりOさんにしがみつきました。

Oさんはそんな私のおでこにキスをして、もう一度仰向けに私を寝かせると、私のTシャツをまくり上げて、むきだしになった私の胸に口をつけました。

Oさんは片手で私の胸を揉み、乳首をペロッと軽く舐めました。

『あぁっ…』と声を出した私をチラッと見ると、Oさんは思いきり乳首に吸い付き、強く吸いながら乳首をレロレロと激しく舐めてきました。

ものすごく感じてしまって、『あっあっ』と声が出っぱなしでした。

Oさんは両方の胸を丁寧に、でもすごく激しく愛撫してくれました。

私は、胸を愛撫されているだけなのに、まるであそこをさわられているかのような声を出して感じてしまいました。



ふとOさんが私の胸から口を離し、『Mちゃん…すごいよ』と言いました。

何の事かと思ってOさんの方を見たら、Oさんがはいていたパンツの(カーキ色のワークパンツをはいていたのですが)、さっきから私のあそこに押し付けられていた部分だけが濡れて、色が変わっちゃってたんです。

私は慌てて『あっ!!ごめんなさい…!!』と謝りました。

するとOさんは優しく笑って、『かわいい…』と言ってくれました。

そしてそのまま私のパンツに(こっちは下着の事です)手をかけると、ゆっくりと脱がしてくれました。

私のあそこをOさんが見ていると思うと、すごく恥ずかしいのに、ただそれだけで感じてしまいました。



パンツを脱がすとOさんは『すごい濡れちゃったね』といって、人差し指でゆっくりと私のあそこにふれてきました。

『あぁっ!!』私は体が反るような感じになり、大きな声を出してしまいました。

Oさんの指がゆっくりと私のあそこを広げてきて、クチュクチュ…という音が漏れていました。

もうすごくぬるぬるになっているのが自分でもよくわかりました。

Oさんの指のうごきが次第に激しくなり、私は自分から腰を動かして感じてしまいました。

目を閉じて声をあげながら、『指入れてほしいな…』と思っていると、指ではない、何かあたたかいものがニュルッと私のあそこに入ってきたんです。



ハッとして軽く頭を起こし、あそこの方を見ると、そこにOさんの頭がありました。

Oさんの舌が、私のあそこに入れられていたのです。

私のあそこにOさんが顔をうずめている…と思うとものすごく興奮してしまい、Oさんの頭に手をのばし柔らかい髪をくしゃくしゃと撫でながら、Oさんの事を愛しく想う気持ちでいっぱいな自分に気がつきました。

Oさんは私の中で舌を激しく動かした後、舌を抜き、鼻がついちゃうくらいに顔をうずめて私のあそこを舐めはじめました。

すごく丁寧に、全部を舐めてくれたあと、Oさんの舌先がクリちゃんにふれました。



その瞬間、私の体がビクン!と反応しました。

するとOさんはすぐに私のクリちゃんを激しく舐めはじめました。

舐めたり吸ったり、ものすごい早さでクリちゃんを舐められて私の頭は真っ白で、もう何も考えられませんでした。

Oさんはクリちゃんを激しく舐めながら、同時にあそこに指を入れてきました。

グチュグチュとものすごいいやらしい音を立てながらかき混ぜられ、私はもうがまんできずにイキそうになりました。

Oさんの髪をくしゃくしゃとさわりながら、『あっ…あぁっ…Oさ…ん…!!もうだめ…っ…!!』と言うと、Oさんは優しく、『いいよ』とだけ言ってさらに激しくあそこをかき回してきました。

『あぁっあっあっあっ!!あぁっ…!!』Oさんのクンニと指で、私はイッてしまいました。



Oさんは私がイッたのを見ると、ぎゅっと抱きしめてキスをしてくれました。

私は力の抜けた体を頑張って起こすと、Oさんのおちんちんに手をのばしてそっとふれました。

そしてそのままOさんのおちんちんを軽く撫でながら、パンツに手をかけてゆっくりと脱がしました。

下着も、わざとゆっくりゆっくり脱がしました。

下着を脱がすと、中からOさんのおちんちんが飛び出してきました。

すごく大きくて、おなかにつきそうなくらい反っていました。

先っぽに指で触れると、すごくぬるぬるしていました。

ふとOさんの方を見ると、目をとじて『はぁ…はぁ…』と荒く息をしていました。



私はOさんのおちんちんをきゅっと握ると、軽く上下にしごきました。

目をとじて『あっ…あぁ…』と切ない声を漏らすOさんに興奮した私は、そのまま口をOさんのおちんちんに持っていきました。

それに気付いたOさんは、私の頭を撫で『Mちゃん…いいよそんなの…』と言いましたが、私はそのままOさんのおちんちんに口をつけ、先っぽをペロペロと舐めた後、おちんちんを口にふくみました。

Oさんは私の頭を撫でながら『あぁ…Mちゃん…あぁ…』と、ずっと私の名前を呼んでいました。

私がジュポジュポと音をたてながら激しくフェラしていると、急にOさんが私の口からおちんちんを抜き、切なそうに『Mちゃん…これ以上はだめ…出ちゃう』と言いました。

私はOさんのおなかの辺りにキスをして『私の口にこのまま出して下さい…』と言ってもう一度Oさんのおちんちんを口にふくみました。



右手でOさんのおちんちんをしごきながら、さっきよりも激しくOさんのおちんちんに舌をからめてフェラをしました。

今までフェラで口に出したりした事は無かったのですが、この時は自然と、『Oさんのが飲みたい…』と思ったんです。



激しくフェラをつづけているうちに、Oさんの腰が動き出して、Oさんが私の頭を軽く押さえ付けるような感じになりました。

『Mちゃん…ほんとに出ちゃうよ…っ』と言いながら苦しそうに耐えるOさんに私は何も言わず、私の唾液でぬるぬるになったOさんの大きなおちんちんを、頑張って愛撫しつづけました。

Oさんの腰がさらに激しく動いたかと思った瞬間、『あぁっ…!!Mちゃ…っ』と言ったOさんのおちんちんから、たくさんの精子が私の口に出されました。

口の中でドクンドクンと動きながら、すごくたくさんの精子が出てきて、飲んでも飲んでも追い付かず、口からこぼれてしまうほどでした。



Oさんは、はぁはぁしながら私の口のまわりにこぼれた精子を指で拭き取り、『ありがとう』と言ってフェラしたばかりの私の口にディープキスをしてくれました。

そのあと、服を脱がされて全裸になりました。

私もOさんを脱がして、2人で裸になりました。

私はかなり濡れていて、おしりのほうまでかなり濡れてしまっていました。

Oさんもイッたばかりでしたが、まだ大きいままでした。

Oさんは裸の私をぎゅっと抱きしめると、『Mちゃん…本当にありがとう…こんなの初めてだよ…。』と言ってくれました。

そしてまたキスをしてくれたあと、『大好きだよ』と言って抱きしめてくれました。

そのあとOさんは、『俺、ゴム持ってないから…今日はここまででいいよ。このまま一緒に寝よ。』と言いました。



Oさんは『今日は』と言ってくれたけど、私は、Oさんとの今度なんてあるはずがない、と思ったので、『Oさん…このままでいいです…。お願いだから…最後まで…』とお願いしました。

Oさんは少し悩んだあと、真顔で『もしもの事があったら、本気で責任とるから。』と言ってくれました。

私は間に受けないように気を付けながら、うなずきました。

次の瞬間私のあそこにOさんのおちんちんが押し当てられて、ゆっくりと私の中に入ってきました。

Oさんのは大きくて長くてすごく熱く、少し入っただけでも『あぁ…っ』と声が漏れてしまいました。

私は中が少し狭いので、Oさんのおちんちんを全部入れるのに時間がかかりました。

やっと根元まで入った時、Oさんはまた私を抱きしめて、『愛してる…』と言いました。



『私も…』と言おうとしましたが、ぐっと我慢して、代わりにOさんを抱きしめました。

Oさんがゆっくり腰を動かすと、おちんちんがゆっくりと私の中で動き、すごくゆっくりなのにすごく気持ちよかったです。

私がOさんのものにだんだん慣れてくると、Oさんも激しく腰を動かしてきました。

Oさんが動くたびにグチュッグチュッという濡れた音が部屋に響いてすごく興奮しました。

Oさんが動くたびに、なんだかわからないけど、下半身がすごくキュンとする感じで…子宮がときめいてる、という感じでした。

Oさんのおちんちんが私を激しく突き、私はもう気を失いそうでした。

ガクガクと足が震え、あそこはどんどん濡れていきました。



Oさんのピストンが一段と激しくなり、私はOさんのピストンに合わせて『あぁっ!!あっあっ』と声を上げました。

するとOさんが『あ…っ!!だめだ…いくっ…』といっておちんちんを抜こうとしたので、私はそのままOさんにしがみつき、Oさんはそのまま私の中でイッてしまいました。

SEXが終わったあともずっと抱きしめてくれていて、私が眠るまでずっと頭を撫でてくれていました。

『明日のライブが終わったあと、楽屋に遊びにおいで』と言って携帯の番号とアドレスを教えてくれました。



その後、眠ったふりをして彼が眠るのを待ち、彼が起きる前に部屋を出てきてしまいました。

次の日のライブには予定通り行きましたが、Oさんに連絡はせずに、終わってすぐ帰りました。

今でも忘れられない、素敵な思い出です。

長い時間付き合って下さった皆さん、本当にありがとうございました。

皆さんに聞いていただけて、少し心が落ち着いた感じです☆



彼女になれれば一番幸せだったんですけどね☆

彼女になる勇気すらありませんでした(´・ω・`)



今も大好きで、ライブには行っていますが、Oさんは気付いていないと思いますww



今でも、あれで本当に良かったのか自信がありません…。

でも結構人気のあるバンドの方なので、これで良かったんだと思いたいです(´・ω・`)



実は、あの時一緒にライブに行った友達と、スタッフさんの1人が携番を交換していたのですが、その友達から『OさんはまだMの事忘れられなくて引きずってるらしいよ』と言われた事があったんです。。。

でも今さら連絡するのは、さすがに無いですもんね(´・ω・`)

思い出したら、気持ちが蘇ってきてしまいました(´・ω・`)



皆さんありがとうございます。゚(ρД`。)゚。

なんか…本当はこんなつもりじゃなかったんですが…



本当の気持ちは、もしかしたら…この話を誰かに聞いてもらって、背中を押してもらいたかったのかも…??



今さらすぎますが、Oさんに連絡してみようかと思います。

今日はもう遅いのでまた明日になりますが…。

報告は…ここでは激しくスレ違いですよね(´・ω・`)



皆さん、昨日は本当にありがとうございました。

約束通り、報告に来ました。

まず始めにお断りしておきますが、私がこれから書き込む事はハッキリ言ってかなりのスレ違いです。

不快に思われる方がいらっしゃいましたら、どうか読み飛ばして下さい。

背中を押して下さった皆さんとの約束を守るため、スレ違いであることは充分に承知した上で、あえて書き込ませていただきますので、よろしくお願いいたします。

また、無駄にスレを消費しないためや、他の投稿者の方のためにも、なるべく長引かないようにするつもりですが、もし長引いてしまったらごめんなさい。



今朝、Oさんにメールを送りました。

内容は、あの時逃げてしまった事への謝罪、Oさんの事が本当に好きだったという事、そして今でも好きだという事など、そして携帯の番号を書き(私はOさんに教えていなかったので)、メールを送信しました。

アドレスは変わっていませんでした。

すると少ししてから返信がありました!

『今レコ中なので、後ですぐにかけ直します』との事でした。

30分くらい経って、Oさんから電話がかかって来ました。

私は勇気を出して、電話に出ました。

私が『もしもし…』と電話に出ると、Oさんは『Mちゃん!?本当にMちゃん!?』と、すごく驚いた様子でした。

そしてしばらく話しましたが、Oさんも私の事をずっと忘れずにいてくれたとの事でした。



Oさんは『あの時は俺もちょっと焦りすぎた。いきなりあんな事したら不安にさせてあたり前だと思った。

もっとゆっくり時間をかけるべきだったね。ごめんね。』と言ってくれました。

Oさんはあの後、私の事を少しも怒らずにいてくれたそうです。

それどころか、『きっと俺のこと本気でいてくれたからこそ、不安も大きかったんだろうなって勝手に思ってたから。』と言ってくれました。

さらに『いつかまた会えるって思ってたから、Mちゃんの事ずっと忘れるつもりなかった。

俺の気持ちが本気って事を証明できるのはそれぐらいしか無いと思ってたから。』とまで言ってくれました…。



Oさんは今日は夕方までお仕事との事。

私も仕事があるので、それが終わった今日の夜に、Oさんが私の所まで会いに来てくれる事になりました!!

まだパニック状態なのでうまくまとめられませんでした…わかりづらかったらごめんなさい。





今までで最高に良かったSEX一部始終2


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【芸能人】バンドマンの○さんと 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ