相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】性処理の道具にされている 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


会社の飲み会で、店を出るときにトイレに行って出てきたらもうみんな次の店に移動中だった。

追っかけようとかと思ったが、女子トイレから先輩のAさんが出てきたので、一緒に帰ることにした。



あんまり美人ではないし貧乳だが、僕は性格キツメの女が好きなのでそういう意味ではストライクゾーンの先輩だ。



社交辞令で「もう一軒だけ行きます?」ときいてみた。

ん?という顔をして僕をみたが「まあいいか」とのってきたのでバーで二人で飲むことにした。

強めのカクテルとか飲んでいたら、ちょっと酔ってきたみたいだったので調子にのってどんどんすすめてみた。

そのまま眠りそうになるくらい酔っ払ってきたので、合意で(相手はよく判ってなかったかもしれないが)ラブホに連れていった。



ベッドに横にしたらすぐに寝たので、服が皺になるといけないので全部脱がしてあげた。

何かムニャムニャ言っていたが、せっかく全裸になってもらったのでデジカメで記念撮影することにした。

後ろから膝裏を支えてあげて、M字開脚にして二つの穴もちゃんと映るようにセルフタイマーで撮ってあげた。



全裸の先輩を前にして撮影だけでは失礼だと思ったので、風呂場にあったジェルを竿にぬったくって先輩のマ○コに入れてみた。




「だめ〜」とかなんとか言っていたが、あんまり力がはいらないみたいだった。

ツンデレな感じがツボにはまって、こっちもちょっとヤル気がでてきた。



正常位で一生懸命突いてあげたら、誠意が通じたのか、だんだん濡れて感じてきたようだった。

途中から覚醒したみたいだったが、もうはいってしまっているので諦めたのか、やられるままだった。



次の朝おきてからも、もう一回やった。 

先輩は「こんな大人しそうな奴に犯されるとは思わなかった」とか言っていたが案外楽しそうだった。



「つきあう?」と訊かれたので「そういうの面倒だから。セックスならいつでもつきあいますけど」

と言ったら頬っぺたをつねられた。



会社では翌日とかは何もなかったような顔で無視されたが週末になったらメールで飲みに誘われた。



「飲みだけならパスです」と送ったら「飲み無しでもいいよ」と返ってきたので、飲まずにラブホに行った。



これで会社のセフレは3人目だけど、みんな月に2回か3回なのでそんなに無理ではない。

というか、むこうがしたいときにメールしてくるだけなので、「セフレにされてる」ということだが。



性処理の道具にされいてるだけだが、風俗に行くよりは安上がりなのでけっこう満足している。





出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||||

【泥酔状態】性処理の道具にされている 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月16日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ