相互リンク先の更新情報!

【友達】マンコ専用便所女【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺は名古屋の荒畑の辺りに住んでいるバカ女をマンコ専用女にして、ハメ撮りしてやっている。

自分がたいした服を着ているわけでもないのに、道ですれ違う人の服装にあれこれ難癖を付けてはアハアハと笑うバカ女なので、毎回オマンコするたびに鼻の穴に顔面シャワーして、鼻の穴からチンボの汁を飲み込ませてやっている。

そんで鼻の穴からチンボの汁を垂らしたクソマヌケなアホヅラをデジカメやビデオでバッチリ撮影してやっている。

バカ女は自分がイケてると思い込んでいるようだが、俺にとっては都合のいい便所女に過ぎない存在なのだ。

この前の休日は一日中ハメ撮りして、バカ女のムチムチの肉体を思う存分もてあそんでやった。

俺はビデオをセットしてから、いきなりチンボ丸出しになって、ションベンくさいチンボとクソをしてから二時間くらいしか経っていないケツの穴をねぶらせてやった。

バカは「ヂュボッ!ブチョッ!」と汚らしい音を立ててチンボとクソ穴をむさぼりまくっていた。

そんでチンボがビンビンになってから、バカメスのマンコとケツの穴を交互に舐め回して軽く一回いかせてやった。

それから正常位でチンボをマンコにぶち込んで、ブチュブチュとディープキスをしながら腰を左右にクネクネさせてピストンして立て続けに二回いかせてやった。

次は四つんばいにして、バックから必殺のマッハピストンでドスバスに突きまくってやった。

バカ女は「ぬわぁぁぁーっ!」と絶叫して完全に昇天してしまった。

そんでフィニッシュは「顔面シャワー!顔面シャワー!」と叫んで、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁を、バカの鼻の穴にめがけてぶっ放してやった。

俺のチンボの汁は白い放物線を描いて、バカメスの鼻の穴にズボボボボーッ!と飛び込んでいった。

鼻の穴に精子が直撃した瞬間、バカ女は「グハッ!ンガッ!ゲハァァァーッ!」などといかにもバカらしい無様な呻き声を上げた。

俺は「そりゃっ!そりゃっ!精子ぢゃ!精子ぢゃ!」とか言いながら、容赦無く精子をぶっかけ続けた。




俺はチンボだけでなくキンタマもデカいので、精子の量も人並み外れて多い。

その時も射精は十秒以上続いて、見る見るうちにバカメスの顔面はヌルヌルのザーメンでドロドロになっていった。

バカ女は鼻の穴が両方ともチンボの汁でふさがってしまい、鼻の穴で息ができなくなっていたので、口を大きく開けて「ハガーッ!ハガガアーッ!」などとキチガイのように喘いでいた。

俺は「ホントにバカとしか言いようがねえな、このアマ」としみじみ思った。

そんで俺はニヤニヤ笑いながら、バカのハナタレヅラを覗き込んで「ブタァ、メスブタァ」とののしってやった。

それから鼻の穴からチンボの汁をダラダラ垂らしたブタ女のマヌケヅラと、だらしなくパックリ開いたスケベマンコをデジカメで何枚も撮影してやった。

そんで鼻の穴にチンボをグイグイ押し付けてブタ鼻にしてやったり、チンボを頬にビタビタと叩きつけてチンボビンタをして、更に屈辱的な気分を味合わせてやった。

それから「ケツの穴舐めろや」と言って、メスブタの顔の上でウンコ座りしてケツをビタッ!と顔に押し付けて、ケツの穴に舌を挿し込ませて三十分くらいクソの穴を舐めさせてやった。

そんでチンボがボッキしてからブタをマングリ返しにしてチンボをぶち込んで、俺のケツの穴とチンボがマンコに入っているところを見せつけながらピストン&回転運動をしてやった。

ブタ女は「すごいチンボ!すごいチンボ!」と泣き叫んでいた。

俺は「おら!もっと泣け!わめけ!この浅ましいメスブタが!」とののしりながら、更に激しくマッハピストンしてやった。

ブタは完全に気が狂ってしまって、恥じらいも忘れて俺の目の前で鼻水を垂らして、「マンコ気持ちいい!もっとオマンコして!マンコ!マンコ!」だの、「マンコイグ!マンコイグ!チンボッ!チンボッ!チンボチンボチンボチンボ!」だの、卑猥な言葉を叫びまくっていた。

俺はいったんチンボを抜いて正常位にして、フィニッシュに向けてファイナルピストンしてやった。

ブタ女は無様にも両方の鼻の穴から薄汚い鼻汁を垂らしてアヘっていた。

俺は心の底からメスブタを軽蔑して、鼻の穴に指をズボッ!と突っ込んで鼻の穴とマンコを同時に犯してやった。

そんで「くたばれクソアマ!」と叫んで、クソメスの鼻の穴に思いっきり顔面シャワーを浴びせてやった。

俺がチンボの汁を出し尽くすと、クソブタは両方の鼻の穴からネバネバの粘液を垂らして、「ハガァ〜、ハガガァァァ〜、ヂンボォォォ〜、ジヌゥ〜、ジヌゥゥゥ〜」などと訳のわからないことを言って悶えていた。

それからクソ女を風呂場に連れて行って、顔にめがけてションベンをぶっかけてやった。

もちろん精子を顔射する時と同じように鼻の穴にションベンが入るように顔射してやった。

クソアマは顔をしかめて「ヴババババッ!」と凄まじい叫び声を上げていた。

俺は情け容赦無くクソメスの鼻の穴にめがけてションベンをジョビジョバと噴き出し続けた。

俺はニヤニヤ笑いながら「ふふふふ、くらえやクソブタ、俺様の熱いションベンをよ」と冷たく呟いていた。

三発目はケツの穴にチンボをぶち込んでやろうと思って、クソ女を四つんばいにしてケツの穴にローションを塗りたくってから、指をズボズボと突っ込んでよくほぐしてやった。

クソアマはアヘアヘ言ってよがっていた。

指を抜くとクソメスのクソがベッチョリとこべり付いてきたので、鼻先に指を持っていって「ほれっ!」とか言って、自分のクソの匂いをたっぷりかがせてやった。

クソブタは「あああ〜くさい〜くさい〜」とか言いながらも、鼻の穴をフンフン鳴らして自分のクソの匂いを吸い込んでいた。

俺はだんだんと残酷な気分になってきて、「うらっ!」とか言って、クソ女の鼻の穴にクソの付いたままの指をブスッ!と突っ込んでやった。

クソアマは「ンバッ!ウバガッ!」などと叫んで目を白黒させていた。

俺はその無様なブタヅラを冷ややかに眺め、鼻クソをほじくるように指をグリグリしながら、「ぬひひひ!どうぢゃ!鼻の穴まで犯された気分は?チンボの汁の便所女が!人間のクズが!社会のゴミが!ぬひひひ!」などと最高に侮辱的な言葉を浴びせてやった。

後でビデオを見返したらその時の俺は、悪魔のように残酷な笑みを浮かべながら、便所女の鼻の穴をグチュグチュとほじくり回していた。

それからチンボにゴムを付けてローションをゴムの上から塗って、クズ女のケツマンコに根本までチンボをぶち込んでズボズボにほじくり回してやった。

そのまま二十分くらい無我夢中でものすごい勢いでマッハピストンしまくって、汗だくになってケダモノのようにハメまくってやった。

ゴミ女は涙とよだれと鼻水を垂れ流しながら、「ヂンボォーッ!ヂンボォーッ!ヂンボオオオオオオオオ!」などと地獄の底から響いてくるような野太い声で吼えまくっていた。

俺は「ケッ、ケツの穴ぁーっ!」と叫んで、便所女のケツの中でドバドバと射精してしまった。

それから一発射精するたびにゴミクズ女にケツの穴を舐めさせて、合計五発オマンコしてやった。

ブチュブチュといやらしい音を立てて、必死こいて俺のクソの穴を舐めまくる便所女の姿は、正にカスとしか言いようが無かった。

ケツの穴をねぶらせている間に、俺はカス女の顔面に鬼のようにくさい屁を何発もぶっ放してやった。

最後の顔射を食らった後、カスは大股をおっぴろげて大の字になってグッタリしていた。

俺は「嗅げ」と命令して、カス女の顔の上でウンコ座りして、顔にめがけて「バスッ!」と一発屁をこいてトドメを刺してやった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】マンコ専用便所女【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月17日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ