相互リンク先の更新情報!

【外国人】「本当の母親じゃない」嘘をつき続けた母 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


「本当の母親じゃない」。我が子の自立心を養うため、13年間ウソをつき続けた母親が話題。(中国)

TechinsightJapan-2013年09月14日15:20



子どもの自立心を養うため、我が子に「私は本当の母親ではない」とウソをつき続けた母親の教育方法が話題になっている。この母親は13年後、当初の思惑通り、理想的な人生を手に入れた娘に対し真実を伝えているが、教育の専門家からは「子どもが受けた心の傷は大きい」と批判の声があがっている。



『瀋陽晩報』が伝えたところでは、遼寧省瀋陽市に住む申さん夫妻は、比較的裕福な家庭であり、母親は一人娘が我がままに育つのを心配し、「自分は本当の母親ではない。面倒を見るのは大学まで」とウソをつくことにした。はじめのうちは半信半疑だった娘も、何度も言われるうちに信じるようになり、向上心と自立心が養われていったという。



母親は取材に対して、こう語る。「私の教育方法を批判する人もいるけれど、もしもこうしていなければ、今頃娘はぶらぶらしているだけで将来性もなかったはずよ」。当時10歳だった娘は自分が養女だと聞かされると、それまでのように我がままを言わなくなり、困難に立ち向かうようになったそうだ。中の上だった学校の成績は目に見えて上がり、名門の大学へ進学。卒業後は上海のソフトウェア会社に就職し、学生時代から交際していた男性と結婚した。まさに母親の思い描いた“勝ち組的人生”を歩んでいるという。



しかし、教育の専門家によれば、結果はどうであれ「血のつながりがない。いつかは突き放される」という不安の中で育った子どもが、後から「実は全部ウソだった」と真実を告げられれば、心の傷は大きく笑い流せるものではないという。世間の反応も、「こんなウソをついてしまったら、親子の信頼関係は修復不可」「子どもの人格に影響が出る」「向上心と自立心を養うなら他にも方法がある」など批判的なものが目立った。



(TechinsightJapan編集部片倉愛)










出典:娘は自分が養女だと聞かされると、それまでのように我がままを言わなくなり、困難に立ち向かうようになった

リンク:中の上だった学校の成績は目に見えて上がり、名門の大学へ進学


告白体験談関連タグ



【外国人】「本当の母親じゃない」嘘をつき続けた母 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ