相互リンク先の更新情報!

【小中学生】叔母夫婦と混浴【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


20年以上まえ、小学6年のとき、おれは子のない30代の叔母夫婦と3人で温泉にいった。叔父がここは混浴だといった。

へやでいっしょに浴衣に着替えた。目の前で叔母もショーツだけになって浴衣をきた。おれは、おばの乳首や裸体を凝視した。おれもパンツ一枚になって、叔母に浴衣をきせてもらった。そのとき叔母はおれの胸からへそ、下腹部をさわった。  

 

風呂にはほかに60代くらいの夫婦がいた。「しつれいします」「どうぞどうぞ」といった。おとな4人は湯船のふちに腰掛けて、せけん話をしてた。お互いの夫婦生活も笑いながら話してた。そのうち4人ともタオルをはずし、下腹部もさらしてた。

60おばさんは叔父をみて「いい男。あそこもりっぱ」といった。叔父は「そちらさんも、お若いですね。締まりもいいでしょうね」といいかえした。おれはずっと勃起してて湯船につかってた。

叔母が我慢するなといった。おれは60夫婦の間にすわった。叔母夫婦は、「おさきに」といって風呂からでてってしまった。すぐ60おばさんがおれの勃起部分を手でしごいた。おれの精液が出た。60おじさんは何事もないような笑顔をしてた。  

夕食後、60夫婦をおれたちの部屋によんで、ビール飲みながらまたせけん話。おれは背を向けてテレビをみてた。しばらくして、話し声がしなくなった。おれはトイレにたった。そのとき、60おばさんが叔父の浴衣のすそに手をつっこんでるのがみえた。 

トイレからか帰ると60おばさんと叔父がいなくなってた。叔母が横になった60おじさんの腰をもんでいた。おじさんは手を叔母の両足の間に手をいれてたが、あわててはなした。叔母はおれに「お願い」と1時間くらい風呂にはいって来るようにいった。  

風呂にはいってると、べつの年配女の2人つれがはいってきた。一人は老婆で歩けない。「君てつだって」といわれた。いわれるまま老婆を横から肩車した。胸、脇腹、腰、ふとももを密着させて、湯船まで中腰でつれて歩いた。また勃起した。2人ともおれの下腹部を何度も見ていた。若い方が何度もありがとうねといった。  

老婆はみためより重かった。おれは湯船にへたりこんだ。おれをはさんで2人が湯船すわりこんだ。ぴったり体を寄せてきた。「君は一人?家族は?」などと聞かれた。それまでのことを正直に話した。「えー」「きゃはは」などとわらいながら聞いてた。

若い方が「じゃ君はさみしいね」といって、いきなりおれをもちあげ、自分の膝のうえにのせて、下腹部を自分の目の前にした。「くわえさせて」といって勃起したものをくわえた。おれは若い方の両足の付け根にてをのばした。十分ぬれてた。いじった。ときどき反応して腰をひねった。

「いれさせてほしい」といったら若い方は湯船のふちに手をついて、尻をつきだした。「どうぞ。でもわかる?したことある?」といわれた。おれは無言で挿入した。すぐはてた。湯船のふちに腰掛けたら、こんどは老婆があそこをにぎった。また立ったがすぐに精液がすこし出た。  

翌朝、叔父に「また来よう。父母に内緒だぞ」といわれ、おれはうなづいた。そのとき、叔母はうれしそうにおれのくちびるを奪った。


告白体験談関連タグ

|||||||

【小中学生】叔母夫婦と混浴【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月18日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ