相互リンク先の更新情報!

【出会い系】今盲腸で入院しててさみしいから見舞いに来て 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


もう何年か前のこと、当時やってた出会い系で釣った26歳だったかな?

看護師で、やりとり始めてからドライブに誘ったんだ。

でも忙しくて2週間くらい行けず。

そしたら急にメールが途絶えた。

放流されたか…と思って諦めてたところに、その女からメール。

「今盲腸で入院しててさみしいから見舞いに来て」と。

看護師が入院ってwwまあ看護師も人間だからなw



で、半信半疑で教えられた病院の病室に言って名前を探したら、あった。

6人部屋の病室に入る。

確かに、そこにはベッドで半寝姿の、もらった写メの女がいた。

初対面が病室という異常さを感じながらも「具合はどう?」などと普通に会話。

盲腸だが手術もなくほぼ回復しているのに退院はまだ先で退屈しているという。

そんなトークをしながらも、目の前にはTシャツに短パン姿、

しかも病人というあり得ない女がいる状況に、俺は興奮を隠せなかった(いや、男なら誰しも興奮して当然)。






と、その女も欲求不満だったのか、突然俺に囁いた。「手マンして」。

カーテンを閉め切ってあるとはいえ満員の6人部屋である。やや躊躇したが、しかしヤルしかあるまい。

俺は女の短パンとパンツを脱がし音を立てないように手万を始めた。

女も息を殺して感じている。

で、俺は思いきって自分のズボンをおろしてチンポを女の顔の前にさらけ出した。

さも当然のように俺のチンポをしゃぶり始める女。

ここで誰かにカーテンを開けられでもしたら女も俺もたたき出されることは必至。

それでも俺は手万を、女はフェラをし続ける。無言で、静かに。



少しの時間だったはずだが、今考えればその間は長い時間の気がした。

で、当然いきり立っている俺のチンポ。

俺は無言で、フェラを続ける女をベッドに押し倒し、脚を開いて女のマンコにぶち込んだ。

入院生活であまり陰部を洗えないのか、ややマンカスの付いた、それでいて綺麗な形のマンコ。

俺は一層物音を立てないように気を遣いながら、しかし激しくピストンを繰り返した。

女も堪らず口を自分の手でふさいで喘ぐのを我慢している。



フェラのお陰でそれほどもたずに俺は果てた。もちろん生入れ中田氏で。

そそくさと後処理をする俺たち。

そろそろ回診の時間だというので何事もなかったように俺は病室を後にした。



その後その女とはしばらくメールのやりとりが続いたが、放流されて会えることはなかった。



出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ

|

【出会い系】今盲腸で入院しててさみしいから見舞いに来て 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ