相互リンク先の更新情報!

【妹】コタツンツン 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


寒い日は家に帰ってすぐコタツに入りたいよね。

コタツを求めてリビングに来たら、先に妹がテーブルに突っ伏して寝てたんだよ。

まあ別に妹がいるからって関係はないさ。妹の向かいに陣取って思い切り足を伸ばす。



ツン



ん?どこか当たったか?それくらいの気持ちだったんだが

「ひゃ!?」

そんな声を出して妹は飛び起きた。

妹「に、にいちゃ…何しとん!?」

俺「いや、今帰ってきてこたつ入っただけだが…」

妹「ちょ、ちょっとこたつから足出して!」

俺「なんでぇ」

妹「いいから!」

こうしてモゾモゾさせた後、慌てて逃げるように自分の部屋へ行ってしまった。




ふと、靴下のつま先部分を見ると、濡れている…というより、粘液のようなものが付着している。

えーっと…つまり、そういうことか。パンツ履いてたら、ここまで粘液は付着しないはず…ということはあのモゾモゾした仕草は…

…というか、妹が大股開きでもしてないと、俺は“あそこ”には触れられないだろう。

大股開きでパンツを脱いで…まったく何をやってるんだ、あいつは…



結局一週間ほど、妹は口をきいてくれなかったよ



出典:やれ

リンク:やれ


告白体験談関連タグ



【妹】コタツンツン 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ