相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】姉ちゃん【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


ぼくは中2姉ちゃんは高1です。夏になって部活から帰ったらシャワーするけど出

たらスッポンポンで部屋にいきます。その日もシャワーから出たら、姉ちゃんが学

校から帰ってて、洗面台で顔を洗ってました。

姉ちゃんはいつもはぼくがスッポンポンでいたら「パンツくらいはきや!」といっ

てぼくも「いいやん別に」でおわってたけど、その日はじーっとぼくのぶらぶらし

てるチンチンをみてるので「何みてるん。すけべやなあ」というと、姉ちゃんはぼ

くのをさわってきました。

「なにすんねん」というと「いいやん。うちのさわっていいし」とぼくの手を胸に

あてました。姉ちゃんの胸は大きくて柔らかいので、思わずもんでしまいました。

姉ちゃんは「もんだら感じるー」といってたけど、かまわずに揉んでやりました。

姉ちゃんも「あんたのオチンチン、おっきいなぁ」とチンチンをもむので、ぼくは

思いきりタってしまいました。

「すごい。こんなかたいんや」といって、ぎゅうぎゅうもむので、ぼくはこらえら

れなくなって、洗面台にビュービューーと思いきり出しました。姉ちゃんは「うわ

!!」と見てたけど、また揉んできました。姉ちゃんは揉んで離さないので、ぼく




はもう2回、出しまくりました。

でもまだタってしょうがなくて姉ちゃんは「あんた元気やなあ」と笑って「なんか

うちも変な気分や〜」といって「シャワーしよ。もいっかいはいらへん?」とはだ

かになりました。いっしょにはいるのは久しぶりで、「姉ちゃん胸でかいなあ」と

いうと「Dあるで」といって「なあ、吸ってくれん?」というので、チクビを吸っ

てやったら感じて「こっちもー!」とぼくの口にかわりばんこにオッパイを押し付

けてきました。

「ここも吸って」というのであそこもなめてやったら、「あー立ってられへん」と

いってしゃがんで、こんどはぼくのをにぎってしゃぶってきました。気持ちよすぎ

て「姉ちゃんもうがまんできへん」というと「しちゃおか。姉弟でしたらあかんか

なあ」「いいやん」「うん。うちもしたい。やろ!」といって出て、はだかのまま

ふたりで部屋にあがって、ベッドにころがるとぼくのをあそこをに入れました。

姉ちゃんは中3のときに何回かしたことがあって久しぶりだったみたいです。きつ

いのでなかなか入らなかったけど、全部入れたら気持ちよくて、おたがい夢中でお

しりをふりました。ぼくと姉ちゃんのあそこの相性は抜群で、姉ちゃんも「気持ち

いいー!!」と大きな声を出してぼくの腰に足をまきつけました。抱きあってDキ

スを何回もしながら、ぼくと姉ちゃんは2時間くらいはげしいセックスをして、姉

ちゃんの中にもう4回か5回出しました。おわってからDキスを何回もしてたらお

母さんが帰ってきたので、あわてて服をきました。


告白体験談関連タグ

|||||

【近親相姦】姉ちゃん【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ