相互リンク先の更新情報!

【学校】部活の身体検査 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


当時、30歳前後で水泳部の顧問の男の先生がいました。

彼は、見た目がとても格好良かったので、女子生徒には大変人気がありましたが

男子生徒からは、エロ教師として、かなり嫌われていました。



そんな先生が受け持つ水泳部は、8割方女子で占められ

ほとんど先生のファンクラブのような感じになっていて

数少ない男子部員だった私は、いつもとても肩身の狭い思いをしていました。



そんなある時、後輩の女子部員の子から、信じ難い情報を入手しました。

昨日、練習前に先生に部室に呼ばれたので行ったところ、水着を脱がされ

体重とスリーサイズを測られたと言うのです。



全くの初耳でした。



いくらエロ教師といえど、まさかそんな事はしてないだろうと思いましたが




呼ばれるのはクラス順で、今日は私と同じクラスの女の子達の番だという話を聞き

半信半疑ながら、真相を確かめるべく、プールサイドでの準備体操が終わると

トイレに行くふりをして、女子部室の隣の物置に忍び込み

屋根と壁の間にあいていた隙間から、中の様子をうかがうことにしました。

(以前からその隙間の存在を知っていましたが、良心から

 女子の着替えを覗き見るような事は、全くしたことはありませんでした)



しばらくすると、部室の扉が開く音が聞こえたので

息を忍ばせ、そっと中を覗き込みました。

入ってきたのは先生でした。

<マジでか!………>

女子部室に男の先生が入ってきたという事実。

後輩の女の子の話が、真実味を帯びてきたので

急に緊張で足がガクガク震えてきました。



間もなくして、また、扉が開く音が聞こえました。

同じクラスの水泳部員の女の子4人が入室してきました。



「何ですか?〜、先生〜」

とびっきりの笑顔の女の子達。

先生と話ができるということだけで、とても嬉しそうな様子。

「業者の人が、中学生の体型のデータが欲しいみたいなんだ。

 悪いけど協力してもらえる?いい?だいじょうぶ?」

「はい、全然いいですよ」

はにかむ女の子達。

先生にお願いされたということが、また嬉しかったらしい。

「悪いね、じゃあまずバストとウェストから測らせてね」



するとまず先生は、美人揃いの4人の中で、リーダー格の女の子に近づいた。

活発系で普段からとても明るい彼女。

笑ったときに見せる八重歯が、とてもキュート。



先生が、女の子の両肩の水着のヒモをつかんだ。

「ん?」という表情をした彼女。



次の瞬間。

一気に水着がおへその上まで下ろされた。

ぷるる〜んとオッパイが露出。

急に彼女の表情がこわばる。

他の女の子達も「えっ!」という表情。



「リラックス、リラックス」

先生が笑いながら、ポンと女の子の肩を優しく叩いた。

「ハハハ………」

つられて笑った女の子。

しかしその笑顔は、明らかにひきつっていた。



いきなり水着を脱がされ、先生にオッパイを見られた彼女。

それでも、特に不愉快な表情をすることは無く

恥ずかしそうに、時に先生と目が合うと、照れ笑いを浮かべながら

両手を上げ、じっとたたずんでいた。



この様子を見ていた他の3人の女の子。

明らかに動揺している。

急に緊張した表情になり、落ち着きなくソワソワするようになった。



先生が測り終え、隣の女の子に手を伸ばす。

1度に10人程度しか入れない狭い部室。

彼女達に逃げ場は無かった。



先生に水着の肩ヒモを握られた女の子。

彼女は、清楚でお嬢様の雰囲気をかもしだす、男子の憧れの的。

体に触れられた瞬間、怯えたのか、ビクッと体を振るわせた彼女。



しかし、そんなことはおかまいなく、先生は水着を力づくで腰まで脱がした。

またもや勢いよく、ぷるる〜んとオッパイが露出。

イメージ通りの白い美乳にピンク色の乳首。

とても恥ずかしそうな彼女。

それでも先生と目が合うと照れ笑いをし、その場の雰囲気を和ませた。



3人目の女の子は、とても成績優秀で真面目な子。

後に県内随一の進学校に進んだ。

普段は黒縁メガネをかけていたが、部活中のメガネを取った素顔はかなりの美人。

ひそかに、部内の男子の間では1番人気だった。

そんな彼女も、水着を脱がされオッパイポロリ。

硬いイメージとはかけ離れた色っぽいオッパイに、思わずヨダレを飲み込んだ。



最後は目がクリッとしたカワイイ女の子。

私がひそかに思いを抱いていた子だった。

そんな彼女の水着を、先生は強引に脱がした。

想像以上の綺麗なオッパイ。

オナニーする時に思い描いていたものよりも、さらに美しい巨乳。

普段は恋敵の憎い先生。

しかし、この時ばかりは

<ナイスだ先生!>と心底思った。



4人のバスト、ウェストを測り終えた先生が、また1人目の女の子の方を見た。

すでに女の子達は、水着を着直していた。

「あ〜、着ちゃったんだ。ゴメン、ヒップも測らなきゃいけないから」

そう言うと、先生は、また1人目の女の子の水着を脱がしにかかった。

すると、恥じらいながらも、身をゆだねた彼女。

じょじょに水着が脱がされていき、再びオッパイポロリ。

その瞬間、小さく照れ笑いした彼女。

しかし、水着はさらにどんどん脱がされていく。

ついには、おへそも通過。

少し焦りだし、下を見た女の子。

想像以上に下まで脱がされ、どこまで脱がされるのか気になったのだろう。



次の瞬間。

先生は、何の迷いも無く、水着を太ももまで下げた。

彼女の薄めの陰毛が露出。

オマンコの縦筋がはっきり確認できる。

<オォ!………スゲェ!スゲェ!スゲェ!>

あまりの恥ずかしさに、無理に内股にしようとした結果、大きくよろけた彼女。

すかさず先生が支える。

「リラックス、リラックス」

女の子の両手首を持ち、微笑みながら彼女を見つめた先生。

すると彼女は、照れ笑いしながら、2度大きくうなずいた。



2人目の清楚な女の子。

またかなり緊張してガチガチの様子。

「リラックス、リラックス」

先生が両肩を触りながら、優しく話しかける。

すると、照れながら微笑んだ彼女。

次の瞬間。

先生にオマンコ露出を許した。

ビッシリ生え揃った陰毛。

イメージとは違った大人びた下半身に、かなり興奮した。



3人目のガリ勉の女の子。

オマンコを先生に見られた瞬間、とても恥ずかしそうに目をつむった彼女。

全くの無毛。

ツルツルオマンコ。

それを確認した先生が、驚いたようにそこを見つめた後、ニヤリと笑った。



4人目の私の好きな女の子。

先生にされるがままに水着を太ももまで脱がされる。

恥ずかしそうに顔をそむけた彼女。

陰毛の隙間にわずかに確認できるオマンコの縦筋。

<オォ〜………こうなってんだ………>

それからずっと、このオマンコをおかずにしたことは、言うまでもない。







出典:*

リンク:*


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【学校】部活の身体検査 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ