相互リンク先の更新情報!

【手コキ】姉【告白体験談】

カテゴリー:手コキ告白体験談
tag:


よくあるネタだと思われても仕方ないが、俺が実際にあった体験談を書きたいと思います。

俺は一度だけ6歳離れた姉と関係をもってしまった。あれは俺が17の時、当時原付きに乗っていた俺はこけて怪我をしてしまった。

右腕にひびがはいり、左指を擦りむきの肉が見える程の怪我を負った。

当然入院するはめになってしまい母子家庭でCAをしてる母は家に帰ってくる事が少なく、面倒をみれない為姉が仕事を三日間だけ休み面倒をみてくれる事になった。

姉は美人の為か自分に自信があり、性格も少々難がある為本当に面倒みてくれるのかと思ったが、姉は食事を食べさせてくれたり、着替えを手伝ったりと献身的に看病してくれた。

そんな日が二日続き、三日目もいつもの様に来てくれたのだが、いつもと服装が違っていた。

胸元の見える黒のブラウスに、フリルの付いた丈の短いスカート姿なのだが姉は背が高く脚が長い為、余計丈が短く見えるえろい格好だった。

「ちょ、姉ちゃんどうしたの?肌見せすぎじゃない?」

「そう?まぁあんたの目の保養になるかなぁと思ってね」とモデルの様にポーズをとり、俺にみせつてくる。

「な、何言ってんだよ、姉ちゃんで欲情何かする訳ないだろ」(正直勃起していた)

「ふーん、そう。じゃあ何でそこ盛りあがってんの?」と姉の目線の先を見ると俺のパジャマのズボンで誰が見てもたっているのがわかる程だ。

「抜いてあげよっか?今ならしてあげるよ。」と不適な笑みをみせる

「じょ、冗談でしょ?」

「冗談な訳ないでしょ。あんたのその両手じゃ自分でできないでしょ?だから気効かせてやってあげるって言ってるの!するの、しないの?早く決めて。」

「し、して・・」




「しょうがないなぁ、スケベ何だから」とカーテンを閉めベッドに上がり、俺の脚の間にはいり、ズボンに手を掛ける。

姉はトランクスと一緒に膝までズボンをおろし勃起したあそこが露になる。

「へぇー顔に似合わず、あんたの結構大人なんだね。 」

「そんな事言わないでよ。恥ずかしいんだから」

「ふふっごめん、ごめん。それよりまだ触ってもないのにびくびくさせちゃって、もしかしてあんた童貞?」

「うん、姉ちゃんは経験済みだよね?」

「まぁね。でもあんまりしてないかな」と姉は右手で握り、ゆっくり扱いていく。

「どう気持ちいい? 」

「う、うん。すごい気持ちいい」

ねぇ・・・もうでそうなんじゃない?ちょっと出ちゃってるよ? と右手で扱きながら俺の目を見てくる。う、うん。もういきそう

いいわよ。一回だしちゃいなさいというと右手の動きが早くなり、姉は身体を倒し先端に唇を付ける。

俺はそんな姉の行動に驚いたが、構わず口にだしてしまった。姉は黙って口で受け止めてくれた。

ハァ、いっぱいでたね。ちょっと量が多くてびっくりしちゃた。とティッシュをとり口を拭う

ごめんね、姉ちゃんの気持ち良すぎて。

別に気にしてないよ。またしたくなったらいって。してあげるから。


告白体験談関連タグ

|||||||

【手コキ】姉【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月19日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

このページの先頭へ