相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】鬱病彼女を持つ男の奮闘 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


┃121名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/12(土)20:43:27ID:8qyEf3U5

┃相談です。

┃彼氏の誕生日がGWなんです。

┃でも相手は欝のどん底みたいな様子です。

┃それでも、

┃「誕生日なのでプレゼント渡したい。公園かお茶くらいの短時間で

┃いいので如何ですか?良かったらでいいので無理しなくていいですよ。」

┃みたいなメールを送ったら相手の感情を逆撫でしてしまうでしょうか?



┃欝だと、話したり、外出することが最大に苦痛なんですよね。。。

┃誕生日とか何かキッカケがないと私もなかなか連絡できないので。

┃普段は温かく見守ってます、というスタンスでいるので連絡等は控えてはいます。

┃相手からメールがくることも勿論ないですし。

 

 




 

┃122名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/12(土)20:47:02ID:cHL1atRo

┃121

┃文面の後に、「それとも宅急便とかで送ってもいい?」を足しては如何?

 

 

 

┃125名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/12(土)21:20:49ID:8qyEf3U5

┃122

┃有難うございます。

┃そうですね。今は会える状態でないかもですよね。

┃その方が良いかもって思います。

┃それとさっき情報をネットで掴んだのですが、

┃もうすぐ彼の好きなアーティストが来日するらしいんです。

┃なかなか機会もないので彼を誘って一緒に行きたいのですが、

┃欝だと人が大勢集まる所は嫌かなとか、今までの趣味にすら興味が沸かないって

┃聞きます。

┃誕生日プレゼントは宅急便に送ることにして、コンサートには誘うべきか

┃またもや悩んでいます。

┃誘わないで諦めるよりも誘って断られた方が良いというのは普通の恋愛であって、

┃欝病の相手にはどうしたら良いものかといった感じです。

 

 

 

┃127名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/13(日)01:36:57ID:iiJYc3z3

┃125

┃俺的には、宅急便は嫌。

┃後からでいいから、手渡しして欲しい。

┃いつも思うのだが、誕生日プレゼントって、誕生日に渡さないといけないものなのか?

┃誕生日までに準備されてたら、それで俺はいいんだが。

┃準備してあることだけ誕生日の当日にメールしておいて、後日渡せばいいような。

┃当日仕事の関係で会えない人なんて山ほど居る。



┃コンサートは、症状の現れ方が人それぞれだから、なんとも。

 

 

 

┃128名前:122[]投稿日:2008/04/13(日)01:41:21ID:tTgfxJYQ

┃125

┃プレゼントにしてもコンサートにしても、彼に聞いてみれば?

┃貴方なら、配慮のある聞き方出来そうだし。



┃私はコンサートは腰が重いけど・・・

 

 

 

┃132名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/13(日)11:24:56ID:4RPDPIz/

┃127,128

┃どうもありがとうございます。

┃彼の誕生日まではもう少し日にちがあるので考えてみます。

┃彼はかなり凹んでいる状態なので返事が来るかも分かりませんがコンサートも

┃尋ねてみることにします。

┃彼は「僕のせいで、僕なんか、」とか「色々して貰うと精神的に申し訳ない気分が

┃募る」といった感情が沸き起こる思考回路のようですね。

┃私自身は、さりげなく負担のないように今まで相手にしてきたつもりですが、

┃難しいなと思いました。

┃今回も重くならないように工夫したいところです。

 

 

 

133名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)13:52:27ID:b3cfb2BF

132

>彼は「僕のせいで、僕なんか、」とか「色々して貰うと精神的に申し訳ない気分が

>募る」といった感情が沸き起こる思考回路のようですね。

 

あなたも、そういう気持ちを起こさせている原因の一つだって気付いてるか?

コンサートにしろ、デートにしろ、電話にしろ

「自分がこうしたい」という要望を欝の人に伝えて

欝男がそれに対応できないとき、どういう気持ちになるか考えてるか?(´・ω・)

 

あなたがコンサートに行きたがってる

→普通の彼氏なら当然連れて行く

→俺も頑張って連れて行かなきゃ

→プレッシャーが心理的負担になってさらに欝へ

 

という彼の心理プロセスが見えないかな?

 

 

 

┃135名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/13(日)14:22:58ID:4RPDPIz/

┃133,134

┃どうもありがとうございます。

┃自分自身が相手の負担になり、

┃相手にも「どうしよう」って気にさせてるのも

┃相手からのメールで伝わっているし感じています。



┃相手が望んでいることは「そっとしておいて欲しい」ですね。

┃彼が好きだったアーティストですが、

┃彼の頭の片隅にもない可能性もあります。

┃そのアーティストは仕事仲間とよく聴きに行ったりしてたそうなので、

┃仕事や職場の事を思い出させてしまう可能性大です。



┃今回のコンサートの件も133で書いて頂いた「心のプロセス」が思い浮かんで

┃誘うべきか迷って悩んでいました。

┃誘いたい=でも逆に「行けない、断る」ことに物凄く罪悪感を感じて

┃症状悪化したら悪いな。



┃誘わないでおく=その方が良いのかも知れないけど、

┃彼にメールを出すには良いキッカケかも。

┃(半月に一度程度で送信してる、用もない返事の要らないメールは毎度同じ内容なので‥。)

┃でもやっぱりこれって相手の事考えてなくて自分の欲求ですよね…。

┃長文すみませんです。

 

 

 

137名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)15:38:27ID:b3cfb2BF

135

参考になればと思って書いてみる(´・ω・)

俺健常者で彼女欝

デートのほとんどは、彼女の家だよ。

 

もっとも最初は「会っても、今の私じゃ相手ができない」とか

「こんな女として終わってる状態見せたら嫌われるに決まってる」

とかいう考えが彼女にあって会うことも苦労した。

俺の苦労の甲斐もあって、今はもう彼女も大分慣れてきて

そういう初期の拒絶反応はなくなったよ。

 

で、家で二人で何してるかっていうと、

何もしてないんだ(´・ω・)

 

彼女は基本ベッドに潜ったまま。

俺は、着いたらまず彼女の炊事洗濯などの雑務をこなす。

 

家事が一通り終わったら、彼女のベッドの側で

持ってきた本を読んだり、

机借りて仕事片付けたりする。

 

ときどきベッドの中の彼女とおさべりしたり

ベッドから出す彼女の手を握ったりする。

ベッドで横になったま俺の手を握って笑う彼女、

すごく可愛いぞ。

見せてあげられないのが残念だ(´・ω・)

 

ホントに何もせず、ただ一緒にいるだけ。

だけど俺はそれでも十分満足なんだ。

俺の場合、彼女と一回手を握るだけで1週間は持つからね。

 

まあ、本当に彼女の調子悪いときは

家に着いて早々帰ることもあるけど。

 

セクロスは彼女の負担になると思ってほとんどしてない。

だけど最近

「きっと私を抱いてくれないのは、

私に魅力がないんだ」とか

「男の人ってしないとダメなんでしょ?

やっぱり私が負担になってるんだ」とか

考えちゃったことがあって、

それも彼女の顔色見ながらだな(´・ω・)

 

 

 

┃138名前:優しい名無しさん[]投稿日:2008/04/13(日)16:08:09ID:4RPDPIz/

┃136

┃ホントにホントにどうもありがとうございます。

┃136のカキコミはちょっとウルウルってなりました…。

┃なんて良い彼氏さんなんだろって。



┃私の相手は「僕よりも他の人の方が」みたいな事を言い始め、

┃私の場合は失恋といえば失恋なのかも知れません。

┃私自身、健常ではあるけど男性と居ると話しも弾まなくて疲れてしまう事の方が

┃多いのに、彼だけは疲れるどころか幸せな気分にしてくれる人でした。

┃そんな彼を忘れるのって、自分にはまだ無理ですね。

┃好きでもない人と会うよりも、本当に好きな人と居る方が幸せだし。



┃相手も完全に私を斬ろうとはしない。

┃斬ろうとしないでいてくれる限りは少しでも支えになってあげたいです。



┃私も出来れば相手の家に手伝いに行ったりしたいですが、

┃まだそれは許されてないです。

┃彼自身、自分のカッコ悪い(私はそうは思わないけど)姿を

┃見られたくないんだろうなって思います。



┃136さんの彼女さんも病院には行かれてるでしょうが、

┃136さんの手助けの力も加わって

┃1日も早く病状が良くなると良いですよね。

 

 

 

140名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)16:26:04ID:b3cfb2BF

138

>私の相手は「僕よりも他の人の方が」みたいな事を言い始め、

>私の場合は失恋といえば失恋なのかも知れません。

 

イチイチそんなこと気にしてたら欝の相手なんて務まらないぞ(´Д`)y─

 

基本的に欝の人は

こんなにしてくれるんだから

自分も相手に何かしてあげなくちゃ

→もっと頑張ろう

→理想の自分と今の自分の遠い距離を感じて欝に

→やっぱり私なんかダメだ。この人と付き合う資格なんてないんだ

→別れよう

という考えをよくする。

 

でも、ほとんどの場合、

本気で別れたいと思ってるわけじゃなくて

あくまでも相手のことを思って、

かなり無理して言ってるだけなんだ(´・ω・)

 

それに気付いてあげられないと、

相手も自分も可哀想だぞ。

 

それから、欝の人が別れ話切り出しても、

そこは健常者がショック受けて

行動不能になっていい場面じゃないんだ。

 

相手から別れ話を言われても、一先ずは

自分の気持ちとか、これからのことは置いといて、

まずは相手の心の負担を軽くしてやることを

考えたほうがいいと思うぞ。

別れ話ぐらい軽く流せる度量を持とうぜ

 

 

 

┃141名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)17:28:02ID:4RPDPIz/

┃140

┃どうもありがとうございます。

┃140さんはよく欝についても勉強されていますね。

┃欝は必ず治るんだし、

┃お互いの相手が回復していくといいですよね。



┃別れ話はされると辛いですがスルーですね。

┃相手の心の負担を少しづつでいいから

┃取り除いていくことができたらって思います。

┃本人の一番の願いでもあり、私の最大の課題ですかね。

 

 

 

┃142名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)17:35:48ID:Wah0a048

┃コンサートなどのイベントは負担になるよなー。

┃別れ話は、本当に放っておいて欲しい人もいると思う。

┃大概は誰かに相手してて欲しいんだろうけど。

┃半年に一回しかメールしてないの?

┃付き合ってるって言えない感じ。

┃私の場合、同性のうつ病の友達には一方的にメール打って

┃「お返事は気にしなくていいからね」「いつでもいいよ」等と書く。

┃相手もそう。

┃お互い不定期にメールしてるけど、

┃お互いを思いやっていると自負してるよ。

 

 

 

┃143名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)18:03:51ID:4RPDPIz/

┃142

┃135です。

┃半年ではなくて半月(2週間に一度程度ですかね)

┃ってつもりで書きました。

┃分かりづらくてゴメンなさい。

┃今のところ、メールが届く(アドレスが変わってない)のは有難いです。

┃コンサート、確かに健常であってもテンション高いのだと疲れますよね。



┃あとは庭園のある美術館で相手の好きだった展示会などに

┃誘ってみることも考えてましたが結局は一緒ですね。



┃それについては不向きだという意見も136さんから頂きましたし。

┃電話の呼び出し音すら恐怖みたいなので

┃メールが命綱状態でもあります。

 

 

 

┃144名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)18:48:43ID:Wah0a048

┃143

┃テンションとかじゃなくて、当日現場に行けるかどうか・

┃あなたに迷惑をかけるんじゃないかというのが本人にとっては

┃プレッシャーだし不安なの。

┃健常でも体が弱い人だとよくキャンセルする。

┃とにかく弱気だし後ろ向き。

┃そういう人は「当日風邪引くんじゃないか」「台風が来たら」

┃「雪が降ったら」と不安だらけなの。

┃ 

┃庭園のある美術館しかりだよ。

┃予定はいれないで、会いたい事だけ伝える。

┃土日で都合がいい時、当日でいいから連絡してっていうのは?

┃そばにいる、話を聞いてあげる、相手が話題がなければ自分が話をする。

┃相手が興味なさそうなら話題を変える。

┃黙って何気なくそばにいるのもいいかなと。

┃ 

┃場合によっちゃ人ごみも嫌かもしれないね。

┃相手の気持ち優先で。

 

 

 

┃145名前:優しい名無しさん[sage]投稿日:2008/04/13(日)19:04:00ID:4RPDPIz/

┃145

┃分かりやすい説明、ありがとうございました。

┃まさに彼の心境なんじゃないかなって思いました。

┃スケジュール化してしまうのは誰しも負担ですよね。

┃身体が悪ければ尚更…。



┃相手に逃げ道を与えつつ、ゆっくり焦らず、ですね。

┃本当にありがとうございました。

 

 

 

148名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:52:11ID:jeHQhisO

145

今でこそ彼女の家でデートしてる俺(136)だけど

実は俺の以前の状況、あなたとかなり近いんだ。

ちょうど別れ話を切り出されたけど、

完全には切られてない状態で

会ってくれなくて、メールだけが命綱の状態だった。

 

少しでも参考になればと思って、体験談書くよ。

もっとも、当時は彼女のことを日記に付ける習慣なかったから、

正確に覚えてるわけじゃない。



妄想で補ってるかなりあるから、

作り話程度に読んでほしい。

でも、妄想入れてでも細かく書いた方が、

参考にはなると思うんだ(´・ω・)

 

 

 

149名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:52:38ID:jeHQhisO

俺の彼女も、突然欝を発症して

連絡が取れなくなったんだ。

1月ぐらい電話も出ないし、

メールも返事が来たり来なかったり。

会いたいと言っても、もちろん会ってくれない。

 

そんな状況が続いてたら突然「別れたい」メールが来た。

もう大ショック。



でも、もう長いこと付き合ってるんだし、

せめて数十文字のメールで終わりではなくて、

会って別れ話をしてくれと言った。

 

けど面会は拒否された。

結局「電話でなら」というところでお互い妥協して、

電話することは許してもらえた。

 

電話で話をしたけど、

彼女は別れの理由をはっきり言わなかった。

「もう別れたほうがいい」

「他にいい人を見つけて」

とかそんなことばっかりだった。

結局、そのときは

彼女がそんなに別れたいなら、ということで、

涙ながらに別れることを了承した。

 

俺としては長電話する覚悟だったけど

終わってみれば2,3分。

彼女から一方的に電話を切られたことによって

電話は終わった。

あまりのあっけなさに呆然だった。

 

今じゃあ140で

>チイチそんなこと気にしてたら欝の相手なんて務まらないぞ(´Д`)y─

なんて、タバコふかしながら偉そうなこと言ってる俺だけど

最初の頃なんて、こんなことでショック受けて

大泣きするヘタレだったんですよ、俺( ゚д゚)

 

 

 

150名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:53:12ID:jeHQhisO

その日から俺は、

鬱病について猛烈な勢いで勉強した。

この頃の睡眠時間は毎日2時間ぐらいだったと思う。

 

仕事から帰ってきたらすぐに鬱病の勉強に取り掛かって、

そのまま朝方がまで鬱病の勉強をする毎日だった。

 

本やサイトだけじゃ分からないことだらけだったから

モリタポ買って2ちゃんメンヘル系板のの過去ログあさりまくって、

欝の人のレスを読みまくった。

 

別れたのに、なんでこんなに必死に鬱病の勉強してたかって言うと

彼女が電話で「死にたい」と言ったから。

 

今までそんなこと言う人じゃなかった。

助けてあげたいけど、

でも当時の俺は鬱病の知識ゼロだから

何をしていいのかも分からない。

 

たとえ別れたまま復縁しなかったとしても、

このまま俺が何もせず、

もし彼女が自殺なんかしたら

絶対後悔すると思った。

 

彼女を支える方法を探すために、

俺は必死になって勉強した。

 

勉強していくうちに、

彼女が別れ話を言い出したのは

俺が好きじゃなくなったからじゃなくて

鬱病特有の悲観的な考えからじゃないかって、

思うようになった。

 

もしかしたら、彼女は俺のことがまだ好きなのに

別れ話切り出したんじゃないかと思って

彼女に確認のメールしたけど

「ケンシロウ(俺)は早く次の恋人見つけて幸せになって」とか

「もう私のことなんか忘れて」

「これ以上続けても、楽しくなんかないでしょ?」とか

そんな感じのメールばっかりで要領を得ずだった。

 

俺のことがまだ好きかどうかは、

はぐらかしてメールに書かない(´・ω・)

 

 

 

151名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:53:37ID:jeHQhisO

仕方ないから

「俺はいつまでもユリア(彼女)を待ってる」とか、

「ユリアのことを待ち続けることだけは認めてほしい。

誰もお前の代わりにはならない。

お前じゃなきゃダメだ」

とかそんな感じの返信をした。

 

激アツですね、当時の俺( ゚д゚)

 

俺も、ID:4RPDPIz/さんと同じように、

しばらくはメールが命綱の状態だった。

 

「彼女は今、一人になりたい状況だから、

しばらくそっとしておいてあげよう」

とID:4RPDPIz/さんが135で考えてたようなことを

当時の俺も考えていたと思う。

 

だけど、鬱病の勉強を続けていくうちに

「彼女の望むままに、

しばらくそっとしておいてあげよう」

という方針は大きな間違いなんじゃないかと

思うようになった。

 

基本、鬱病の人の希望は最優先だから、

なるべく彼女の望むようにするというのはいいんだけど

方針決定の全てを欝っ子に丸投げするのは、

あまりよくないんじゃないかと。

 

だって、鬱病の人って

周囲の人を遠ざける方向でしか意思決定しないから。

 

でも孤独まっしぐらに突き進むことが、

欝の人の本当の望みってわけじゃない。

一方では他人を遠ざけながらも

他方では孤独に苦しんでる。

 

それでも、鬱病の人に決定任せると、

孤独まっしぐらに進んでしまう。

 

俺は、このまま欝っ子の彼女の言葉にただ盲従するだけで

俺たちの運命のハンドル彼女に握らせっぱなしにしたら

事態は鬱病患者が思い描く最悪の未来に

真っ直ぐ進んでいくんじゃないかと思った。

 

というわけで、俺は彼女の意思とは反対の方向に

行動してみることにしたんだ(´・ω・)

 

 

 

152名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:54:04ID:jeHQhisO

どうしたかっていうと、

アポなしで彼女の家に電撃訪問することにした。

彼女は当時(今も)一人暮らしで

親元から遠くに離れたところにいる。

そこに突撃した。

 

休日の昼頃、俺は連絡もせずに彼女の家に行って

彼女の玄関の呼び鈴を鳴らした。

 

反応がないので、俺は以前にもらった合鍵を使って

ドアを開けて室内に侵入した。

 

突然ドアが開いて不審人物が入ってきたから、

彼女は驚いてベッドから上体を起こした。

でも、俺の顔を見るなり突然泣き出した。

 

色々話したけど、よく憶えてない。

うろ覚えのところだけ、

妄想で補完しながら抜き出して書くとこんな感じ。

 

 

 

彼女「どうして来たの?

私たち、もう終わったんだよ」

 

俺「終わった関係でもいい。

終わってなくてもいい。

とにかく俺は、ユリアの助けになりたい」

 

 

 

俺「ユリアが俺をもう好きじゃなくなって、

体に触れてほしくないというなら、

家に来ても絶対に触らないよ。

約束する」

 

彼女「そんなんじゃない。そうじゃないの」

 

 

 

俺「ユリアが新しい彼氏を探しても、俺は止めない。

だから、ユリアが次の頼れる相手を見つけるまでは、

側にいさせてほしい」

 

彼女「私なんかと一緒にいても不幸なるだけだから

早く新しい彼女探して。お願いだから」

 

俺「俺にとって、一番不幸なのはユリアと離れることだ。

お前の代わりなんて誰も務まらない。

たとえお前がベッドから出られなくても、

しゃべれなくても、植物状態でも

ユリアの側にいられるだけで俺は幸せなんだ。」

 

彼女「今の私、人と会話もできないの。

とても付き合える状態じゃない」

 

俺「会話できないなら、会話なんかしなくていいよ。

俺は、お前が骨折して歩けないときに歩けなんて言わないし

会話できないときに会話しろなんて言わないよ。

ただ、側にいさせてくれればそれでいい。

何も話さなくていいから」

 

俺「俺は、勝手にお前の家に来て、

ベッドから出てるユリアの後頭部でも見てるから。

ユリアは、俺のことを部屋のオブジェとでも思ってくれれば、

それでいいよ。

お前は一人のときと同じように、

俺がいないものと思って、ベッドで寝ててくれ」

 

 

 

彼女「私に優しくしても、

なんにも、いいことなんかないんだよ。

会話もしないで無言で家にいるだけじゃ、

ケンシロウだって面白くないでしょ?」

 

俺「そんなことないって。

ユリアと同じ部屋にいて、

布団から出てるユリアの頭見てるだけで楽しいよ?

かわいいよ、ユリアの後頭部」

 

 

 

そんな感じでgdgdと話をしました(´・ω・)

彼女はずっと泣きじゃくりまくりで

結局、ボロ泣きする彼女を抱きしめて落ち着かせて

その日は帰りました。

 

 

 

154名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:54:56ID:jeHQhisO

次の休日、また彼女の家に行った。

彼女がまた



「元カノの私に優しくしてくれても、

ケンシロウの次の恋の邪魔になるだけだから…」



とか言ったから

俺は買ってきた花束を彼女の前に突き出して



「今でも大好きです。

もう一度付き合ってください」



と言った。

 

こうして当時のこと文章に書くと、

恥ずかしくて死にそうになるけど

当時は、とっても恥ずかしいことしてるって

自覚がありませんでした(´・ω・)

 

ちなみに花束は、

告るために買ったものじゃない。

 

彼女の家に一輪挿しの花瓶があって、

健康だったとき彼女はいつも花を挿してたんだけど

その前に行ったときに見たら、ささってた花が

シオシオに枯れて不気味だった。

だから、替えようと思って買ってきたものだ。

 

本当、ドラマの感動的なシーンに似合うような

豪華な花束じゃなくて、

一輪挿しの花瓶に入る程度の、

笑っちゃうぐらい貧相な花束だったよ。

 

俺が告っても、また彼女は「私なんか」病を発症してたけど

結局、どうにかまた付き合うことを了承してもらった。

 

OKしてくれたとき、

彼女泣きながらOKしてくれた。

俺ももらい泣きしちゃったよ。

 

 

 

155名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:55:33ID:jeHQhisO

こうして、俺が彼女の通い妻になる生活が

無事スタートしました(´・ω・)

 

後は137に書いたとおり。

彼女の家に行って家事をして、

おしゃべりもあんまりしないで、

俺は彼女の横で本を読んで帰ってくる。

 

最初の頃、彼女は俺に気を遣って

無理して起きたり、

無理して俺に話しかけてきたりしたけど

無理してることに気がつく都度、

俺は、彼女に大人しく寝てるように言ったり、

無理に会話しないように注意した。

代わりに、彼女の手を握ってあげたり、

寝てる彼女にキスしたり

抱きしめたりして

会話を続けなくてもいい状態を作るように勤めた。

 

最近は、彼女も無言の時間が長く続くことに

慣れたみたいだ。

 

あと、はっきり嫌とは言わないけど

掃除機の音がかなり嫌いになったみたいだから、

コロコロの掃除機買った。

 

しばらく一緒にいてみて分かったんだけど

彼女が一番心配してたのは、

会話が続かないことと

自分といても面白くないんじゃないかってことだ。

 

会話は確かに続けるのが難しくなってる。

ショック受けると一気に落ちちゃって

ふさぎ込んじゃって、

しばらくこちらの言うことも

聞こえなくなることもしばしば。

 

なるほど、電話を嫌がるわけだ、と思った。

会話ができないというのは、嘘じゃなかった。

 

それ以外にも、

心配の種は尽きない状態だな。

 

たとえば、化粧してないと嫌われるんじゃないかと心配になって

ベッドで寝てるだけのくせして化粧したりしたこともあった。

そういうときは

「家にいるときは、

やっぱり素顔のユリアが見たいな。

すっぴんのユリアって、結構かわいいと思うよ。

メイク顔は、治ってから沢山見せてくれよ」

とか言ってなだめすかしたりした。

 

 

 

156名前:137[sage]投稿日:2008/04/14(月)04:55:55ID:jeHQhisO

これまでに何度も別れ話切り出されたけど

経験値も積んだから、おかげでもう慣れたよ(;´Д`)

 

 

145

鬱病の人は、基本人を遠ざけるから

ときにはこっちから思い切って

踏み込まないとダメだと思う。

 

踏み込みどころと、

踏み込み時をしっかり見極めてね。

 

その参考になればと思って書いた。

頑張れよ。



出典:2ちゃん

リンク:メンヘル板


告白体験談関連タグ

|||||

【彼女・彼氏】鬱病彼女を持つ男の奮闘 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月20日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ