相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】忘年会(再) 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


※消えた4/26投稿分です。内容は重複しております。

562:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)19:53:54.55ID:rFNz8cjVO

イマイチかもしれないけど投下

入社三年目の話

時期は忘年会シーズン、二次会も終わり数人で三次会に行くとたまたま他部署のメンバー発見

ちょっと合流してみると、けっこうな出来上がり具合(多分こっちもだけど)

そこで40過ぎのBBA(バイトかパート)がかなり酔っててしきりに「持ち帰られたい」と言っていた

その時はフーン(*´∇`)って感じだったんだけど、トイレですれ違った時に見えた胸の谷間でフル勃起、その場で30分後に待ち合わせを約束した

トイレから帰ると同僚が別のところに行きたがったので別部署のメンバーを別れた





563:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)19:54:46.06ID:rFNz8cjVO

待ち合わせを気になるので早めに離脱、それでも50分はかかった

帰ったかな?と思いながら待ち合わせ場所に行くと…いた…離れて見るとやはりオバサン、しかし彼女と別れて女日照りだった俺には問題無かった

声をかけると「良かった」と言って笑った、もう少しで帰る予定だったとの事




別に笑顔も可愛くは無かったが、女を感じたチンコは反応した

すぐさまホテルへ…

行きがけに話を聞くと、年齢は秘密、高校の息子あり、旦那とは何年もないらしい

正直からかわれてると思ったけど、来なかったら辞めるつもりだったと言われた

25の俺には重かった…





564:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)19:55:39.88ID:rFNz8cjVO

ホテルに入って脱がせると、ベージュの下着だったのには笑った(これで持ち帰られたいかよ)

ブラを外すとおっぱいは重力で垂れたが、その存在感は確かにある、聞けばEとの事

乳首は茶色がかってはいたが綺麗だった、毛は少なめ、体型は年相応といったところ

風呂に入って後ろからおっぱいを触った、乳首をつまむとかなり喘いだ

聞けば旦那はおっぱいはあまり興味が無かったらしく殆ど触ってくれなかったと

旦那…勿体ないぜ…

ひとしきり揉むと風呂から上がった

この時点でマンコはかなりヌルヌルだった

ベッドでチンコ見せると舐めてくれた





565:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)19:56:33.73ID:rFNz8cjVO

フェラは流石人妻、年季が違った

裏スジに舌を這わせたり、竿を横から咥えるのは当然、亀頭だけ咥えて吸いながら舌先でチロチロされたり、喉奥まで入れる芸当までやってくれた

そして「やっぱり硬いわ」と言ってバキュームフェラされたところで放出してしまった

さすがに飲んではくれず、吐き出したけど、すぐに咥えてくれたんですぐに復活

それから69、かなり使い込まれた色だったけどビラビラはあまり肥大してなく、臭いもない

ただクリは強めじゃないとあまり気持ち良くないみたいなんで奥まで舐めようとぐーっと拡げると、けっこう拡がった





566:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)20:00:37.63ID:rFNz8cjVO

ていうかマジで上手い

はっきり言って勝てない…仕方なく指先でクリをグリグリしたらけっこう効いたらしくフェラのスピードが上がってヤバくなった





567:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)20:01:14.07ID:rFNz8cjVO

そろそろ挿入って時に「ゴムつけて…」って言われた、そのつもりだったけど言われたんで生挿入した

「えっ?えっ?」って言ってたけどガンガン突いたら「あー!あー!」って凄い喘ぎ声

締まり自体はややユルだったけど、腰使われてスゲー気持ちよかった

あれはマジスゲー

あっという間に逝きたくなった、相手も気付いて「もうちょっと、もうちょっと」って言うんで、逆にそれに興奮して腹に発射

さすがに中は怖かった

んで、もう一回して終了

帰りにメアド交換して別れた

でもその後すぐクリスマス近くにイッコ下の娘に告白されたんで終了





568:えっちな18禁さん:2012/04/24(火)20:05:48.98ID:rFNz8cjVO

今考えると相当独りよがりだったけど、よく受け入れてくれたわ









出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||

【泥酔状態】忘年会(再) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月21日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ