相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】暇だしな。 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


俺、大学生。



毎日無気力に過ぎていってるよ。



今日も、特にやることはないし、性欲だけはあるから、

最近お世話になってる人妻ん家にやりに行くことにした。



人妻のマンションは歩いて5分程度のところにある。

11時頃に「今から行くから。」ってメールした。

返事待ってる間にシャワーを浴びて、出てきたら、

「いいよ。」って返ってきてた。



頭セットして、鞄の中のゴムの数を確認する。

旦那さんにバレたらまずいんで当然ゴムは俺持ちだ。

近所の薬局で買った12個入り3パックの安物を買い




常時鞄に一箱入れている。

残りは5個だった。



11時半頃、人妻のマンションに着き、部屋番号を押して

インターフォンを押す。

「はい。」と声がしたので、いつものように右手を

顔のあたりまで持ってくる。

「あ、はい。」という声のあと、自動ドアのロックが

解除される。



エレベーターに乗って目的階に行き、部屋の前に着いたら

インターフォンを鳴らさずに、部屋に入った。

インターフォンを鳴らすと目立つので、ある時から、俺が、

下に来た時点で、ドアロックを解除するようになった。



自分の部屋のように入ると、人妻は奥のリビングの方で、

テレビを見ているようだった。

いつものように脱いだ靴を靴箱にしまう。







出典:なし

リンク:111555@ybb.ne.jp


告白体験談関連タグ

||

【浮気・不倫】暇だしな。 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月21日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ