相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】同僚の人妻援交の相手は妻 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」

隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。

こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいのでいつも適当に付き合ってやっている。

その趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。

 

佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。

独身貴族で特に趣味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。

最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。

今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。

ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。

どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。



「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」

「お前も好きだねぇ。どれ、見せてみろよ」

他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。




「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」

画像を何枚か見ていてギクリとなった。

顔はハッキリ見えないが、この胸の感じ、見たことのある服装、妻の詩織に似てないか?

「連絡取り合ってたころから言ってたんだけどよ、欲求不満で堪らなかったらしいぜ。

 部屋に入ったらすぐに抱きついてきて、すんげ〜乱れるの!

 こっちも興奮しちまって3発も中出ししちまったよ!」

最後の1枚の画像にハッキリ写っていたのは妻のフェラチオ画像だった…



思わず殴りかかりそうになったが、その気持ちをグッとこらえた。

自分の嫁さんがその援交人妻だと言える訳がない。

「この女な、金渡そうと思った時に何て言ったと思う?良かったらまた会って貰えませんか?だってよ」

「お得意さんがほしかっただけじゃねえの(怒)」

「違うな。すごく気持ちよかった、お金はいいからまた会ってだと。セフレが出来ちまったよ」

「…っ!」

「お前、最近嫁さんとあまりしてないって言ってたろ?これ見て嫁さんと仲良くしろよ!」

「くっ!」

こいつまさか、相手が俺の嫁だと知ってて言ってるわけじゃないだろうな…

怒りを抑えつつ、佐々木が渡すハメ撮りビデオを震える手で受け取った。



「ねえ、あなた。今夜はお友達とお買い物に行くからこれ食べてて」

「あぁ… わかった…」

うそつけ!佐々木と会う約束してるんだろ!

夕食を作る妻の後姿を見ながら思った。



(この形のいい大きな胸を佐々木に好きに揉ませてやったのか?)

(俺が教えてやったフェラチオで何度も佐々木を起たせてやったのか?)

(そして… その子宮で3発も佐々木の精液を受け止めたのか?)

(会社帰りの俺をやさしく迎える良妻を演じながら、この女は浮気をしてやがったんだ…)



たしかに近頃はセックスもマンネリになってたよ。

だからって出会い系で、見ず知らずの男に中出しされてセフレ契約は無いだろ。

10歳年下で26歳の詩織と結婚して5年になる。

高校を卒業したころ俺と付き合いだし、処女をもらった。

清楚な雰囲気にみあって男と付き合ったことが無かった。

以来浮気することも無く、俺とのセックスでようやく声を出すようになっていた。

最近では女として成熟して、細身なのに胸や腰の張り出しが大きくなってすばらしい体型になっていた。

俺が開発したこの身体を他の男に使うなんて…

キッチンに向かう妻の後姿を見ながら暗い気持ちでいっぱいだった。



程なくして、めかしこんだ妻はいそいそと出かけていった。

止めるべきかと思ったが確たる証拠もないし、何より佐々木からもらったビデオの方が気になる。

このビデオに写っている人妻がもし本当に詩織なら、今更止めても同じ事。

既に浮気はしてしまっているのだ。



我が家に独りになったところで、さっそく例のビデオを見てみる。

いかにもラブホテルという雰囲気の室内が映し出される。

ベットに向けて据え置かれているカメラの事は、妻はまだ知らないはずだ。

暫くして佐々木が人妻を連れて入ってきた。

ここからは見えないが、部屋に入るなりキスしているみたいだ。

よほど待ち切れないらしい、なかなかベットの所まで来ない。

イライラして見ているいると、2人はようやく見える場所までやってきた。



やはりその人妻は詩織だった。

なんともう下着姿になっている。

化粧もバッチリで、最近では全く付けなくなっていた黒いスケスケの下着を身に着けていた。

その姿のまま佐々木の逸物を引っ張り出し、立たせたままフェラチオしている。

すっかり発情し切った顔で愛しそうに丁寧に舐めていた。

佐々木はその光景を俺に見えやすいように角度を変えた。



なんだそりゃ!

興奮して大きくなってきた佐々木のものは俺のものよりもはるかに大きかった!

そんなでかいもので詩織を突きまくったのか?

今まで何度もビデオを見てきたが、奴の撮影が下手だったのか大きさはよく分からなかった。

だが何度もハメ撮りしているうちに慣れてきたんだろう。

このビデオでは、佐々木のチ○コのでかさがハッキリと分かった。



あまりの巨大さに驚愕している俺をよそに、詩織はうっとりした表情で舐め上げていた。

「ああ… なんて大きいの…」

「奥さん、今日はこいつでたっぷり可愛がってあげますからね」

「ああ… ちょっと怖いけど… お願いします…」

佐々木の逸物に欲情し、しゃぶりながら自分のもいじっている。

「奥さんは本当にチ○コが好きですね」

「うふ、あなたのが大きいからよ」



興奮に潤んだ目で佐々木を見上げながら、テカテカと濡れ光る勃起へ舌を伸ばし裏筋を舐め上げる。

詩織があんなにおいしそうにチ○コをしゃぶるなんて…

普段は俺がフェラチオを求めても嫌がってしてもらえないのに。

いま目の前にいる妻は、不倫相手の足元に膝まずき、自ら奉仕をしている。

それほど佐々木とのセックスに期待しているということなのか?

休まず奉仕を続ける妻の舌使いを見ると、そう思わずにはいられなかった。



「奥さん、あそこをいじるんだったら僕が可愛がってあげますよ」

佐々木は勃起を引き抜くと、妻をベットに押し倒した。

仰向けになっている妻の隣に寄り添うと、手を股間にあてがって指先でなぞり上げる。

既に妻のあそこは潤いきっていて、佐々木の愛撫を待ち焦がれていた。

あふれ出る愛液でパンティーに淫らな染みが出来ている。

佐々木はパンティーの中に手を入れて、直接おま○こをなぶり始めた。



「ああん、いいっ、いいわ〜」

パンティーの中で指が動くたびに妻の背中がビクンッと反り返る。

すでに指は膣内に侵入しているようで、グチュグチュと愛液のはじける音が聞こえてきた。

「おま○こだけじゃ物足りないんじゃないですか?」

その言葉に妻は、何も言わずに佐々木の手を取り自分の胸に押し付け、佐々木の手のひらごと乳房を揉みはじめた。

「おま○こをいじられて、オッパイが疼いてきたんですか?」

「そうなの… 強く揉んで… もっと…」



佐々木はパンティーとおそろいの黒のブラジャーを剥ぎ取ると、張りのある大きな乳房が飛び出した。

「やだ… 恥ずかしい…」

「そんな事言ってる割には随分感じてるじゃないですか。すごくきつく締め付けてきますよ」

佐々木はいやらしい言葉を言いながら、膣内に挿入している指をゆっくり抜き差しする。

「いやぁ… 駄目、そんな風にされたら私…」

妻は全身を小刻みに震わせて喘ぎ悶えた。

「この大きなもので犯されたくなったんですか?」

「ああん、分かってるんなら早くちょうだい… あそこが疼いちゃって仕方が無いの…」

「分かってます。すぐに入れてあげますから待っててください」



佐々木は備え付けのコンドームに手を出そうとしたが詩織はそれを止めた。

「中に出さないって約束してくれるならそれはいいです。それに私は生のオチン○ンが欲しいんです」

俺とする時はゴムを着けろってうるさいのに…

そんな事をしてもし妊娠したらどうするんだ?

くそっ、今から佐々木の代わりに犯してやりたい!

でも映像に向かって叫んだって仕方がない。

それにこの後だってあるのだからと、ギンギンに勃起してしまっているものを何とか我慢した。

「もし妊娠してしまったら僕の子を産んでください。そして満足させてくれない旦那に育てさせるんだ」

挿入体勢に入っていた佐々木は一気に妻の中に突っ込んだ。



「うあああっ!」

妻がわめくような声を出した。

佐々木のものが大きすぎるためなのだろうか、眉間に皺をいせて耐えるような顔をしている。

「詩織さん、見えますか? 詩織さんのおま○こがチ○コを全部呑み込んでますよ」

佐々木は妻の両脚を広げ、挿入部分を見せつけながら言う。

愛液に濡れた肉ビラが野太いチ○コを根元まで咥え込んでいるのが丸見えだ。

ひくつく粘膜が、勃起をヌチュヌチュと舐めしゃぶっている。



「ああ… オチン○ンが奥まで届いてる… ああ、まだ動かさないで」

膣が肉棒の大きさに慣れるまで辛いのか、妻は息も絶え絶えに訴えた。

だが佐々木は容赦せず、妻の腰を抱えると激しいピストンを開始する。

「いっ、いやっ!壊れちゃう!」

「壊れるわけないでしょ!ほらっ、こうされるのがいいんでしょ?」

肉棒が抜き差しされるたびにぬるぬるの肉壁が露になる。

ぱんぱんと肉と肉を打ち付けあう音が響き、太腿に愛液のしずくが飛び散っている。

佐々木はチ○コが抜け落ちる寸前まで引き抜き、また一気に奥まで突き入れる。

その度に亀頭が子宮を突き上げて、妻の背中が小刻みに震える。

円を描くように腰を動かしてグチュグチュと腰を動かすと、妻は唇をかみ締めながら声を漏らす。

「ああ… す、すごい…」

抽送が激しさを増すごとに身体の奥底から淫らな熱が湧き上がってくる。

両脚で佐々木の身体をがっしりと挟み込んで、さらに奥深く肉棒を受け入れようとしていた。

さっきまで苦しがっていたのがうそのように、自分から腰をくねらせて快感に酔いしれている。



「佐々木さんのオチン○ン、硬くて大きい…」

「旦那のチ○コはどうなんですか?これぐらい硬くて大きいんですか?」

「ああ… あの人のは小さくて、こんなに硬くないです… 比べ物にならないわ…」

人妻の夫のふがいなさを強調し、自分のものの良さを言わせる事に佐々木は喜びを得ていた。

妻は逞しい佐々木の勃起で泣かされながら、俺のチ○コが劣っていることを訴える。

ああ、そうだよ… 

俺のチ○コは佐々木のには比べ物になんてならないさ…



散々佐々木に突きまくられてるところで一度映像が途切れた。

多分テープが終わってしまったんだろう。

再開されたときには随分時間が経った後のようだった。



「ふふ、またイキましたね、詩織さん」

「ま、また… 私、イ…イカされて…」

妻が荒い呼吸を繰り返しながら答えている。

白い肌を火照らせ、全身玉のような汗まみれになり、股間を洪水のように愛液で濡らしながら。

絶頂の余韻に震えるあそこには、夫の俺のではない、佐々木の肉棒が埋め込まれている。

2人は既にかなりの回数をこなし、妻は何度もイカされているようだ。

その証拠に詩織のお尻の下のシーツはグシャグシャになってしまってて、黒いしみが驚くほど広がっている。

きっと途中から撮影を始めたのだろう。



「お、お願いです。佐々木さん、もう許して…」

「許すって… ボクは別に詩織さんの事、虐めてるつもりはありませんよ」

妻の今の絶頂に佐々木は射精しなかったらしい。

ピクピクとうごめく膣肉の感触を楽しみつつ、余裕たっぷりに答えている。



「でも、嘘ついたじゃないですか。中には出さないって言ったのに…」

すっかり手足に力が入らない妻は、蕩けた顔を泣きそうに歪めて佐々木を見上げる。

「ちゃんと中に出してもいいですかって聞いたじゃないですか」

膣内の肉棒をゆっくり抜き差ししているらしく、時折妻がフッとかアッとか言っている。

「ダメだとは言わなかったですよね。ただ、気持ちいいよ〜って叫んでばかりで」

「だって… だって〜」

「1発目が出されたときイッちゃいましたよね。中出しされたってのに」

「そ、それはそうだけど…」

「旦那さんに謝らないといけないんじゃないですか?浮気して中出しされた事」

「ごめんなさい… 私、あなた以外の人に中で出されてしまいました…」

何回もイカされた妻の身体は、しゃべるだけで甘い快感を呼び起こし、その声が震えてしまっている。



「今日はずっと詩織さんの中に出しますからね」

佐々木は詩織の浮気を弱みに使って、再びピストンを開始した。

「そ、そんな… ずっとなんて… ああっ!ま、また動いてっ!」

膣奥にズンッと肉棒のうねりを感じて、僅かに収まっていた性感が跳ね上がる。

「んん〜っ!お願いっ!ちょ、ちょっと休ませてっ!」

度重なる絶頂でトロトロに蕩けた膣内を、いまだ硬さを保ったままの剛直が行き来する。



「な、何回もイッたから私の中が敏感になってるの… だから休ませてっ!」

「おま○こが敏感になってるから止めてといわれて止める男はいませんよ」

佐々木は当然の言葉を言いながら、その敏感になった妻の膣内を亀頭で執拗にこすり上げる。

肉と肉が絡み合い、ジュブッ、ジュブッという卑猥な音を鳴らしながら愛液が飛び散っている。

佐々木はさらに詩織の身体を下から突き上げ、射精直前の肉棒で膣内上部をこすり上げた。

「ああっ!そこすごい敏感なの!ダメッ、またイッちゃぅ〜!」

髪を振り乱してよがる妻の体が、ググッと弓なりに反っていく。



「僕のチ○コじゃなきゃダメなんですよね。このくらいのチ○コじゃなきゃ奥さんは満足出来ないんでしょ」

「そ、そうなの… 佐々木さんの大きなオチン○ンでないと、詩織… 満足できないの!」

「詩織さんの子宮に精液を流し込んでもいいですか?」

「ほっ、欲しいです。佐々木さんの精液を私の中に注ぎこんでっ!」

「今日は安全日じゃないんでしょ。僕の濃いの受け止めたら妊娠しちゃいますよ。」

「子供できてもかまわないっ、私の中に出してちょうだいっ!」

妻が佐々木に涙を浮かべながら懇願している。

だらしなく両脚を広げた体勢で佐々木の肉棒に貫かれながら、俺の妻が中出しをねだっている。

「ううっ、出ますっ!詩織さんもいって下さいっ!」

「来てっ!私の中にいっぱい出してっ!」

佐々木が抽送のスピードを上げて叫ぶと妻は中出しを懇願した。



佐々木はぐうっと低くうめきながら、最後の一撃をずぶっと膣奥に抉り込む。

妻の頭がガクンと後に倒れ、なすすべもなく開いた口からは絶叫に近い悲鳴が響いた。

言葉にならない悲鳴を繰り返し、詩織は逃げようのない絶頂をに身体をよじっている。

妻が背中を弓なりに反らせた瞬間、佐々木の肉棒が膣内でビクンと痙攣した。

「いくっ、いっちゃうっ!」

次の瞬間、妻の中に熱い白濁液が迸った。

佐々木のチ○コが痙攣するのに合わせて尻肉がビクッビクッとすぼまる。

俺の妻に独身で精液を溜め込んでいる佐々木の大量の射精が打ち込まれてる。



気持ち良さそうな佐々木と詩織の顔を見ると、嫉妬心がこみ上げてきて堪らなかった。

「やっぱ、イッてるときの詩織さんのおま○こは最高ですよ」

佐々木は妻のキュッキュッと脈打つ膣肉の締め付けを味わいながら、またも体内に放っていた。

「あぁ… また中に出されてる… 熱いのが入ってきちゃう…」

快感で涙と涎をたらしながら、詩織はろれつの回らない声でつぶやいている。

もちろん膣口からは、それ以上にだらしなく絶頂のヨガリ汁がダラダラと流れていた。



普段の生活で相手がいなく、精力の有り余っている佐々木はこれくらい射精しただけでは満足できないようだ。

2度の射精でも全く衰えない性欲を、妻は身体の中で感じたようだ。

「そんな… まだそんなに大きい… 佐々木さん、おかしいですよ」

「旦那さんとは違いますからね。それに詩織さんの身体がボクを興奮させるんです」

一度膣内から引き抜かれた長大な肉棒が、精液と愛液に濡れて淫らに光る。

大きく反り返る竿の先の巨大な亀頭が、まるで獲物を狙う大蛇のように詩織を睨みつけている。



「こわい… 何回したら満足してくれるの?このオチン○ン…」

「さあ、何回でしょうね?取り合えずまた入れちゃいますよ」

そう答えると愛液と精液でテカッた肉棒を、完全に蕩け切ってしまってる割れ目にあてがう。

「やだっ… もう入れないで! 私おかしくなっちゃう!」

挿入されたら最後、身体は否応なしに反応してしまうのだろう。

だが、その拒む姿こそがどうしようもなく男を興奮させてしまう事を詩織は知らない。



「たまらないなあ、詩織さん。後何回したら僕の女になりますって言ってくれるんですかね」

「そんな事言いません。絶対言わないですから、あっ、ああっ!」

その願いも虚しく佐々木の逞しい剛直が、妻の熟れきった肉壷にねじ込まれた。

くくっと切なそうに声を震わせる詩織。

だが身体の方は、亀頭が膣口を広げた瞬間、キュッキュッと震えて嬉しそうに吸い込み始める。

巨大な肉棒をたっぷりと包み込み、収縮しながら愛液を垂れ流す淫らな体。

自分の身体が自分のものでなくなる恐怖におびえつつ、妻は心のどこかでその快楽を受け入れようとしているようにも見えた。



佐々木はぐったりとしている妻の腰を掴むと再び猛然と貫き始める。

なんてやつだ、2回も射精したばかりだというのに…

俺は佐々木の、まるで暴風が吹き荒れているかのような荒々しいセックスに圧倒された。

とてもあんな真似は出来ない…

佐々木に対して妻を寝取られている嫉妬とともに、男としての敗北を感じずに入られなかった。

「これ以上イカせないでぇっ!私、もう戻れなくなっちゃうっ!許して…」

「もうとっくに戻れませんよ。旦那さんを裏切って僕とおま○こしてるあなたはねっ!」

佐々木は妻の身体だけでなく心までも犯すように、俺とは比べ物にならない激しさで膣内をかき回す。

その肉ピストンを半狂乱になりながら悶え受け止める詩織。

妻の身体が何度もビクビクッと跳ね上がる。

映像からは膣内がキュッと膣壁を引き絞り、脈打つ肉棒を根元から絡みとっているのが見える。



「あっ、あっ、お、おま○こがまた変になってきてるっ!だめ〜!」

「くっ… 奥さん、おま○こ名器過ぎますよ…」

ぬめる膣壁に裏筋を執拗にこすられて、佐々木がさすがに弱音を吐く。

「名器とか言わないで。そんなの分からない… あそこが勝手にそうなってるの!」

まだ幾分か幼さを残す美貌をグシャグシャに歪ませて、詩織が泣きながら喘ぐ。

上になったり下になったり、色々な体位で妻の身体を犯す佐々木。

好き放題に身体を楽しまれている間、妻は何度も絶頂を味わされていた。



「何回出してもおさまらない。奥さんの身体、今まで出一番素敵です」

そんな佐々木の賞賛の声に返答することも出来ず、妻はただただ喘いでいるばかり。

そんな奴も、もう限界が近いようだ。

少し前からつらそうなアエギを上げながらピストンを続けている。

射精寸前の下半身をピクピク震わせながら、なおも妻を追い込もうと大きなグラインドを続けていた。

極限まで敏感になった膣肉で、肉棒の震えを感じ取り、妻の腰がガクンガクンとくねり始める。



「あ、ああああ… またイキそう… ダメなのに… い、いくっ!」

「くおおっ、出るっっ!」

男を求めて貪欲にうねる膣肉に、佐々木は衝動を抑えきれず精液をぶちまける。

バックの体勢で後から激しく貫かれて、息も絶え絶えな詩織は佐々木の射精を敏感すぎる膣内で受け止めた。

「いや〜ん… オチン○ンがおま○この中でビクビク暴れてるぅ〜」



射精の瞬間、妻の尻に腰を密着させて最奥に打ち放たれる同僚の精液。

俺以外の男の射精を子宮に受け止める妻の身体は、ビュッビュッと放たれる毎に痙攣を繰り返している。

ビデオの中のでっぷりと肥えた佐々木に、後から受精されている妻の裸身は美しかった。

まさに美女と野獣。

醜い野獣に犯される美しい妻を、目を皿のようにさせて見つめている俺は何なんだ?

ビデオの中の2人の絶頂と同時に、手も触れていないのにズボンの中の俺のチ○コが爆発した。



間歇発作もおさまり、ふうっとため息を漏らした佐々木が、硬いままであろう肉棒で膣内をこね回す。

「はあ〜ん、グルグルまわしちゃダメよ〜。敏感になりすぎてるの…」

3回連続の膣内射精で腰が立たなくなっている妻が、恨めしそうに同僚を見つめている。

そしてぬぽっと引き抜かれた膣口からは、勢いよくゼリー状の濃い精液が飛び出した。



「はあ、はあ…」

妻はまだ放心状態で、緩んだ膣口から白濁汁が垂れてベットを汚しているのも気付いていない。

膣内にまだ残っていた精液がゴプッと生々しい音を立てて妻の体内から溢れるのが見えた。

そんな詩織を放置して、シャワーから戻ってきた佐々木は妻に約束をさせている。

「もう戻れない… こんなの知っちゃったらもう戻れないよ…」

「なら、またボクと会いませんか?今度も奥さんの事を狂わせて上げますよ」

「今度もこんなにしてくれる…」



妻がぼやけた視線でカメラの方を見つめている。

その顔は、俺には一度も見せたことのない淫らでスケベな人妻の顔だった。

「良かったらまた会ってくれませんか?お金はいいですから…」

「お金はいいって…、セックスフレンドとしてって事でいいですか?」

「はい… すごく気持ちよかった。もっと佐々木さんにエッチな事して欲しいの。

 あの人とでは満足できなくなって、こうやっていろんな人と出会ってたけど、どれも大したことはなかったの。

 でも、今日初めて、本当の喜びを感じることができたわ」

そう言って微笑む詩織の笑顔でビデオは終わった。





出典:寝取られ近親相姦ラブ

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【寝取られ】同僚の人妻援交の相手は妻 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ