相互リンク先の更新情報!

【姉】アイスダンス 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


浅田真央、安藤美姫、高橋大輔…

いま、日本のフィギアスケートは、世界のトップレベルにある。

もちろん、これら、ほんの一握りの人たちの他に、まだ全く名を知られていない、多くの選手たちがいる。

僕たちも、そんな中のふたりだ。

そう、「僕たち」「ふたり」。

僕と姉ちゃんのふたり、アイスダンスのペア。

もちろん、はじめにあげたトップクラスの選手たちとは比べ物にならない、「裾野」の中にいるということは否めないけれど、

真剣さや練習の厳しさ等は、絶対にひけを取らない…と思っている。



純粋に速さや強さ、距離などを競う他のスポーツと違って、

アイスダンスを含むフィギアスケートの得点は、「美しさ」という、ある意味曖昧な要素が、大きなウェイトを占める。

そうなると、僕たち選手のルックスも、ある程度のレベルを求められる。

美男美女が優利なのは言うまでもない。

そしてその意味では、僕はまずまずのレベルだし、姉ちゃんのほうは、誰の目から見ても「可憐」と言える…

そう浅田真央さんや安藤美姫さんみたいな、ある意味「個性的」な可愛さ、美しさではなく、万人受けするアイドル的な可愛らしさと言える。




最近、たまに言われるのは、榮倉奈々さんに似ているとか。



アイスダンスというのは、もちろん純粋に高度なテクニックを競うスポーツであることは間違いない。

しかし、美しい舞踏でありショーという一面もあるのは事実である。

そして、そういった意味で、アイスダンスのペアが、ある種の好奇の目で見られることがあるのも、仕方のない部分もある。

実際、アイスダンスのペアが演じるのは、多くの場合「恋人」だし、実際にそのまま恋人になり、結婚に至るというケースも、少なくない。

映画俳優どうしが、共演をきっかけに結ばれるのと同じ事だと思う。

そもそも、僕たちがスケートを始めたのも、そんな事情が関係している。

父と母が、ペアではないものの、フィギアスケートの選手で、そんな関係で知り合って結婚した。

そして生まれた僕たち姉弟もスケートを始めた。

僕は姉ちゃんが大好きで、姉ちゃんも幼い頃からいつも僕を可愛がってくれた。

そんな僕たちは、いつも一緒に練習をしていたし、当然、息もピッタリだ。

まだまだ実力も、この世界での知名度もない僕たちが、手近な姉弟でペアを組む事になったのも、自然な流れだったと思う。



先に言った「ある種の好奇の目」、これが、僕のいまからの話につながっていくことになる。

アイスダンスのペアが、男と女であり、多くの場合「恋人」を演じる以上、その中心に「エロス」があるのは、至極当然のことと思う。

僕たちは、姉弟でありながら恋人を演じ、エロスを表現する。

これが、普通のペアより以上に、好奇の目で見られることにつながる。

そしてそれは、僕たちにとって必ずしも不快な事ではなく、そこに倒錯とも言える快感を感じていることもまた事実である。

姉ちゃんの本心は知らないが、少なくとも僕はそうだし、姉ちゃんだってたぶん、いや、絶対に…



アイスダンスでは、ペアが体を触れ合うのは当たり前だ。

男性が女性を抱き締めたり、頭上高く持ち上げたりするような技がたくさんある。

女性を放り投げたり、逆に、ジャンプして来るのを抱きとめたりもする。

この時、相手の体のけっこう微妙な場所に触れることもある。

もちろん、あえて変な所…乳房やお尻、股間など…を触るようになっているわけはない。

けれども時には、脇腹を抱えるつもりがタイミングがズレて、胸を掴んでしまうこともあるし、

太ももを支えた指先が、股間に…もっとあからさまに言えば、性器に触れてしまう事だってある。

特に、技が完成するまでの練習の間は、日常茶飯事と言ってもいいくらいだ。

もちろん練習中は、そんな事でいちいち殊更に謝ったり咎めたり、また、恥ずかしがったりすることもない。

けれども、お互いに相手の事を知り尽くした若い男女が、そんな状況になって平気でいられるワケがないのも、また事実だ。

やっぱり、触れてしまえばドキドキするし、そんな事があった後は、ぎこちなくもなる。







中途半端ですまんです。

まだココまでしか書けてないです。

続きは需要あるでしょうか???



出典:書きかけ

リンク:オリジマル


告白体験談関連タグ

|

【姉】アイスダンス 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月23日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ