相互リンク先の更新情報!

【友達】仲良し四姉妹【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


うちの親せきは仲が良く、夏休みと冬休みは田舎に集まって何日か過ごします。

その中でも年の近い従姉妹が私を含めて4人いて、小さい頃から行き来もあり

女の子同士年も近いので、会うのを楽しみにしていました。

私が一番年上で、高2(ゆみ)、中3(なおこ)、中1(ともみ)、中1(さき)一応仮名

です。

年頃の女の子ばかりなので、いろんな話で盛り上がります。

特に彼氏の話や男の子のこと、かなりきわどいエロトークも大盛り上がりです。

そして恒例のゲーム大会が始まりました。

みんなけっこうテンションがあがってきます。

まず最初は下着ショーです。

自分が一番気に入ってる下着を着て見せ合うというたわいのない物ですが

けっこう盛り上がります。

一応一番年下からです。

さきちゃんは

中1らしく、ピンクの上下。とてもかわいい。




次のともみちゃんが

デニム地の上下でこれもまた日焼けした肌によく似合います。

次のなおこはかなりセクシーで黒系で立派な胸もあり

女の子が見てもはっとさせます。

中1の2人から「すごい」「かっこいい」の連発。

最後は私です。

お気に入りのオレンジ上下でかなり胸を強調するタイプ(いわゆる寄せ上げ)

しかもパットばっちりで「うわ、ゆみ姉ちゃんもすごい」と言わせました。

そして次が身体測定(そのまんまのネーミング)

お互いの女としての成長を確認し合う(笑)深い意味があり(うそ)

2年前から始めました。あと、下着を買うのにも役に立つし。

始めたときは、さき&ともはまだ小学生で少し胸がふくらみ始めた頃

なので自分の体や他人の体に興味があり、いろんなことを私に聞いてきました。

これも順番にバスト(アンダーも)・ウエスト・ヒップを測っていきます。

なおこがまめなので毎回記録を残しています。

ちなみに身長と体重は自己申告。

さき、 身長156、体重45 Bトップ78・アンダー65、W55、H82

ともみ 身長154 体重50 Bトップ83 アンダー68、w61 H88

まだまだ少女のようですが、2年前から比べたら成長著しいです(笑)

さきちゃんは胸が小さいのを、ともみちゃんは少し太めなのを気にしてました。

でも、「さきちゃんおめでとうBカップやん」「中1でBならええほうよ」

「ほんとに?やったあ、Bあるの?うれしいぃ」

ともちゃんは「Cカップ!すごいね」「でもウエストが60超えちゃった」

「中1でCは大きいわ」「ほんときれいな形、もっと大きくなるよ」

次はなおこです。

黒いブラを外しあらわになったおっぱいに一同釘づけ!

「すご~い」

身長164 体重52 Bトップ88、アンダー68、W63、H87

「え~これってなにカップなん?」「Dかな?いやE?」「とにかくすご~い」

「もうはずかしいやん」

といいながら、まんざらでもなさそう。なおこはおばさんも巨乳、巨乳家系だ。

私が測ってたのだが、思わず触ってしまった。そして下からもちあげちゃった。

これがずっしり重い。

最後は私。なおこのあとでは、分が悪い。

すごく恥ずかしい。カラオケですごく上手な子のあとに歌う気分だ。

中1のあとにすれば良かったと後悔。

ええいもうやけくそだ!

オレンジのブラを外しなおこに測ってもらいます。

「ゆみ姉ちゃん、寄せ上げだね。」「かわいいおっぱい」

身長160 体重50 トップ84 アンダー70 W59 H85

「え~胸だけなら、ともちゃんの方が大きい」

「少し太めとはいえ、中1のこの負けるのはショック!」

「さきちゃんともほとんど変わらないよ」

このゲームの優勝はもちろんなおこ。

優勝者は王様ゲームのように命令出来ます。

「寄せ上げの罰、ゆみ姉ちゃんのおっぱいを1分間もみもみ」

「やわらか~い」「きもちい~、ふわふわだよ」

ともはさきの胸と代わる代わる比べながら

「やっぱ、まだお姉ちゃんの方が大きいかな!」

今度はなおこが、ともの胸と私のを比べて

「ともの勝ちやね」

もう、みんなHなテンションあがりまくり。

次の日

家族みんなで近くの温泉に行きました。

田舎のマイナーなとこなので、うちの家族以外人はいませんでした。

うちの母親やなおこたちのおばさんも一緒です。

おばさんと言ってもみんなうちの母が40歳であとはみんな30代後半です。

まだまだけっこう、気も体も若いんです。

「ぜんぜん体の線くずれてないやン」

「いや~お腹に肉が付いちゃって」

「胸もたれてきたわ」

「もう、なおちゃんやさきちゃんらがうらやましいわ」

「そら10代には負けるよ」

「肌の張りが違うわ」

とは言いながら、まだまだ小娘には負けてないぞって感じです。

その中でもひときわ目を引くのが、なおちゃんとおばさんです。

なおちゃんのおっぱいも大きいけど、おばさんも負けてないんです。

うちの母が、「あんたら親子ですごい胸やね~」

「ちょっと並んでみ~よ」

うちの母は私と同じくらいなので、たぶんBカップくらい。

「あんたは、昔から乳大きかったものんな」

「なおちゃんもその血ひいてるな~」

「ちょっと、おばちゃんに触らせて」

そういってうちの母はなおちゃん(中3)のおっぱいを揉みだしました。

なおこは抵抗せず揉ませてます。

「うわ~すごい、はりがあるわ~」

「若い子のむねって、こんなんやったっけ」

「うちの子とはえらい違いや」(余計なお世話!自分も小さいくせに)

「もうお母ちゃんより大きんちゃうの?」

するとおばさんは

「まだまだ、中学生には負けへんわ!」

「ふん、ママより私の方が大きいもん」

と、なおこが冗談で言い返したら

うちの母が「うん、なおちゃんの方が大きいわ」

するとおばさんも冗談で

脱衣所まで戻って、ブラを持ってきて

「なお!私の着けてみ~」

と笑いながら言いましたが、目はけっこう真剣!

すると、まだ隙間がかなりあって

「ほ~ら、まだ10年早い!」って大人げない(笑)

そのあと、私たち子供みんなのおしりや、胸をさわって品評会!

私は、おしりの形と胸の形がいいんだって。

で、自分たちの胸もさわらせて、「これが、いいスキンシップや!」

うん、確かに。

私も、母親のおっぱいを久々のさわらせてもらって、嬉しかったし。

(うちの親子は、私の方が勝ちかな)


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】仲良し四姉妹【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月23日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ