相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】うちの姉【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


三年前、当時姉は17、俺は16だった。

姉は活発で、スポーツが大の得意。部活とかは特に参加しなかった割に、交友範囲は広かったみたい。いわゆる男女に人気があるタイプだ。

ある日、文化祭の準備で遅くなった姉が即風呂に入っていった。俺はその時二階にいて勉強してたから気付かず、何気なく風呂場に行った。

そしたら丁度風呂上がりの姉と鉢合わせて、ゴメンと謝ってダッシュでリビングに逃げ込んだ。

女の裸を見るのは初めてじゃなかったけど、姉とはいえ憧れに近い感情を持ってたから異様にドキドキした。

リビングに出てきたときに謝ったけど、姉は「いいよいいよー」と笑って許してくれた。

それが姉を、女だと認識するきっかけになった。その時の彼女とはなんとなく付き合えなくなって別れてしまい、日を重ねる度に姉を意識し始めた。

んで、テストが近いので遅くまで勉強していたあの日。飲み物が欲しくて下に降りると、姉がソファーで寝ていた。

しょうがないなと毛布をかけようとすると、姉が風呂上がりなことに気付いた。

服が肌にピッタリ張り付いて、体のラインが浮き出てる。ドキドキして止まらなかった。

気付いたら、俺は姉の体を触っていた。

ジーンズの上からでも分かる小ぶりで形のいいお尻。ブラはしてないのか、触ると突起があるのが分かった。

Bカップくらいでそんなに大きくはないけど、柔らかくて弾力があった。

段々エスカレートしてきた俺は、姉の胸の谷間に静かに顔を埋めてみた。

するといきなり頭を腕でロックされた!心臓が止まるってくらいびっくりした俺に「うり、何やってんだー?」という声が聞こえてきた。




口調は楽しそうだけど怒ってないわけがない。俺は離れようとしたが腕がはずれない。

パニックになったかヤケだったか覚えてないが、俺はそのまま姉に抱きついた。

どうせ許しては貰えないだろうって思いが強かったし、なんとなく自分は姉が好きなんだって気付いてたから。


告白体験談関連タグ

|

【近親相姦】うちの姉【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月25日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ