相互リンク先の更新情報!

【友達】夢体験…/好き…(2)【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


「・・・・・。」

「・・・・・。」

お姉さんじゃ、ダメなのかな…。

でも、お姉さんは…。

お姉さんは…。

「年上が好きって、言ってたよね。お姉さん」

「えっ。…うん。」

「俺、年下だしさ。あんまり、お姉さんのタイプじゃ、ないだろ?」

「えっ。・・・・・。」

大介クンのこと、ずっと、好きだったのに、

なんて、

そんなの、ありえないよ。

「…まぁ。したくないってコトは…ないけど。」

「えっと。…じゃあ、お姉さんと、ちょっとだけ、してみようっ?」

「…うわ。軽いな…。」




「え~。そうかな?そんなコトないよっ。」

まだ、エッチなシーンが、流れています。

会話の間も、大介クンと、目が合ったままなのもあって、

お姉さん、ずっと、ドキドキしてるんだけど…。

お姉さんは、年上だし、平気そうに、振舞っちゃいます。

「大介クンの部屋…、行こう~。」





そして、大介クンのお部屋です…。

ベットに二人、並んで、座っています。

「じゃあ、まずは、手、繋ごうっ。」

「え…?手、繋ぎたいの?」

「…。うん。繋ぎたい~。」

「じゃあ、…はい。」

ぎゅ…。

「大介クンの手、あったかいね~。」

「……。」

なんだか、恋人みたい。嬉しいな。

大介クンの手だ。嬉しいな。

ぎゅ…。

「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

わ~。もう、ドキドキで、苦しいな。

でも、こんなチャンス、終わらせちゃうなんて、…出来ない。

「えっと。キスは、シタことっ…ある?」

「…ないよ。」

「じゃあ、…キスは、どうする?」

「・・・・・。」

じーーー。

 見詰め合う二人。

「…どうする?」

少しづつ、近づく…目線。

「・・・・・。」

「・・・・・。」

答えてくれないと、お姉さんは…。

「・・・・・。」

大介クンのこと、ずっと、好きだったから…。

「…ちゅ。」

大介クンのコト、

…欲しくなっちゃうよ…。







ちょっとだけ、続きます。


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】夢体験…/好き…(2)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ