相互リンク先の更新情報!

【学校】田舎の学校での素晴らしき思い出 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


小学5年の途中で俺は都の小学校から他県の田舎の小学校に

転校することになった。

男は都会の小学校にはいないガキ大将みたいなのが何人もいて、

俺も初めての転校だったから暗くなってたらしく、そのせいで

ちょっかいというより軽くいじめを受けていた。



こんな学校は嫌だと転校して3日でだだをこねていたが、

その翌日に行われた身体測定・身体検査・体力検査で

俺は田舎の小学校の素晴らしさを味わった。

珍しい学校で、一学年が授業を全て省いてこの3つの行事を

朝から放課後までの一日かけて行う学校だった。



朝、遅れ気味に登校して教室に入った瞬間驚いた。

クラスの皆が着替えじゃなしに服を脱いでいた。

そして最も驚いたのが、女子が平気で上半身裸になっていて、




パンツも脱いで素っ裸になっていた。男子もフルチン姿になって、

脱いだ制服とかを机の上に置いて着席していた。



呆然と見ているとき、脱衣中の女子に声をかけられ、俺にも早く全部

脱ぐように言った。状況が全く飲み込めていなかったのでその脱衣中の女子に

話を聞いた。目の前で女子がパンツを脱いで素っ裸になり、服の整理を

しながら詳細を教えてくれた。

この学校では、午後の体力検査を除く2つが素っ裸で行われることになっていて、

男女一緒のクラスで行動するから登校したら朝会が始まる前に全員素っ裸に

なっておかなければならないとのことだった。



前の都会の小学校では3年まで女子と一緒に身体検査などを裸で行っていたが

女子の体はまだ子供だったので興奮も少ししかしていなかった。4年生になってから

女子の体の発達も始まるからと男女別々で行っていただけに、今の現状が、

目の前で素っ裸で俺に今日の内容を話していることがとても現実とは思えなかった。

おっぱいも膨らんでいたし、下も生えてはいないけど男子に見られているわけだし、

自然に(口が勝手に)女子に「恥ずかしくないの?」と聞いてしまった。



聞いた後に後悔してこれからまたいじめられるのかと思ったら、女子は素直に

「そりゃあ恥ずかしいけど先生に怒られるの嫌だからね」と言って、

さらにおっぱいについては夏の一時期から冬まで体育の授業と掃除の時間は

全校生徒上半身裸という決まりがあったので、来年はわからないけど

今はもう見慣れられてるから触られなければ全然平気という予想だにしない

発言が出たので俺はまた現実かどうかわからないでいた。



皆が次々と素っ裸になって着席する中、俺は興奮と混乱でめまいがしてとりあえず

自分の席に座った。何もせず周りをきょろきょろと見ていたら後ろの席の素っ裸に

なってる女子に、早く脱がないと後で皆に見られるよと言われ、とりあえず立ちあがって制服を脱いでいった。「着替える」なら前の学校でも日常茶飯事でやっていたから

いいけど、今は全部脱ぐという選択肢しかないだけに、男なのに脱ぐのに抵抗があった。

素っ裸で着席して平然としてる女子たちを見ていると立場が逆転されてる感じがしてたまらなかった。

服を脱ぎ、ブリーフ一枚の姿になるとまわりでのヒソヒソ話が聞こえて嫌でたまらなかった。

理由はわかってる、ブリーフの中のが勃起してるからだ。

ブリーフを脱いで勃起したモノを出したら女子はどう言う反応をするだろう、

でも他の男子はみんなもう素っ裸で俺と同じく女子の裸を見て勃起してるに違いない、

だったら別に見せつけても大丈夫だろう、いろいろな考えが頭の中をめぐって

ブリーフが脱げないでいた。



そこへチャイムが鳴って先生が教室に入ってきた。

先生は入ってくるなり俺以外の皆が素っ裸で着席してることについて

喜び、今日こうなることをまったく聞いていなかった俺を見て、

昨日言うの忘れてごめんなさいという軽い謝罪と軽い説明をした後、

俺が素っ裸になり次第今日の日程を発表すると言った。

そこで一人立ってる俺に視線の集中。脱ぎづらいに決まってる。

でも調子に乗ってるガキ大将男子に早く脱げという睨みと目があって、

自然と手が動き、ブリーフを脱いだ。

素っ裸の同い年が何十人も見ている中で素っ裸になるのは幼稚園のはだかおよぎ

以来だが、その時に比べれば今日は何もかも違った。



素っ裸になり、脱いだものを机に置くと先生が日程の説明を始めた。

午前に体育館で身体測定を行い、続いて木工室で身体検査を行う(保健室は

全員が入れる広さがないため)。そして素っ裸での昼食(給食・配膳係は

素っ裸の上に白キャップ、マスク、給食白衣を着用)。

昼食後昼休み、そして素っ裸の上にエプロンをつけて掃除の時間。

掃除が終わり、上半身は裸のまま男子は短パン、女子はブルマ着用で

校庭での体力検査と測定用具が片付けられた体育館内での体力検査をして

一日が終了というわけだった。

先生は平常で説明していたけど俺にはそれが理解不能だった。

この一日の行事を4年間こなしたクラスの皆にもそれが言える。



先生を除いて全員素っ裸での朝会はものすごく違和感があった。

先生の説明が終わると保健係が前に出て皆の名前を呼んで出欠の確認をする。

今日の担当は男女一人ずつで、2人で素っ裸のまま教室の前で出欠確認を

している姿を見てその男子が羨ましく思えた。

出欠確認が終わったら先生が身体測定と身体検査用の記録用紙を配り、

必要事項を書いて回収された。



そして1時間目のチャイムが鳴って行動開始。手ぶらで廊下に男女各一列に並ぶ。

慣れている感じで席を立って皆教室を出る。皆素っ裸なのに笑い声や男子が女子に

ちょっかいを出したのか、ふざけ半分で女子が男子を叩いていた。

俺も遅れて廊下に出て並ぶ。俺は名前の順で後ろの方なので後ろに並んだ。

斜めを見ると女子たちのおしりがいっぱいあって、素っ裸に上履きという姿で

前ならえをしているのを見て想像以上に興奮した。



体育館に行くまでの間、普通は前を向いて歩くけど、前が男子でしかも

見たくもないのにおしりが目に入ってしまうので、いけないとわかっていながらも

斜めの女子ばっかり見ていた。階段を皆で下りているときに少しぽっちゃりした

女子のおっぱいが揺れていて、体格からして興奮できないのに思わず興奮した。

そういうことに夢中で俺はあることを忘れていた。

体育館に向かうのにどれぐらいの長さかわからないけど、外の通路を通らなければ

体育館に行けない。しかもその通路は車道からも見える通路だった。











出典:*

リンク:*


告白体験談関連タグ

|||||||

【学校】田舎の学校での素晴らしき思い出 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ