相互リンク先の更新情報!

【小中学生】私の初H ①【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


私の初H。それは、私が中学1年生の頃のことでした。

私名前は、仮にちな、とします。

彼の名前は…隼人、としてください。



冬。小6のときに付き合い始めた私と彼。

勿論、このときはSEXなど未体験だった。

小学校低学年の頃からとてもHな子だった私は、

当然、Hの知識が豊富だった。

それだけ、未体験のSEXをしてみたい…

そう思っていたのだ。

そんな私に、冬のある日、彼がこう切り出した。

「ちょっと……来てくれる?」

これしか言われなかったので、

どこに連れて行かれるのか、とても疑問に思っていた。

そこで連れて行かれた場所は、なんと、彼の家だった。




「今日は父さんと母さんと兄ちゃんで出掛けてるから、

 夜の9時頃まで、帰ってこないんだ。だから、しばらくここに居ても大丈夫。」

時計を見ると、まだ、午後の1時だった。

丁度その日は、お母さんは出掛けていて、

いつも家にいるおじいちゃんもおばあちゃんも出掛けていた。

なので、私も夕方まで遊んでいても、平気な日だった。

「で…何するの……?」

「こうすれば…分かるだろ……?」

急に彼は、私のDカップの胸を揉み始めた。

「ちなは…本当に胸がデカいんだな……」

「…ぁん…っ」

急に揉まれた悔しさから、喘ぎ声を出来るだけ我慢した。

でも、あまりにも気持ちよすぎて、出さないわけにはいかなかった。

「んんん~っ!」

彼は、私のシャツを捲り、ブラを外し、直に胸を触ってきた。

しかも、今度は乳首を集中的に攻撃してきた。

「あぁ~っ!」

「…Hな奴…っ」

次は、彼が私の上に被さって来て、

キスを求めてきた。

この時、私も彼も未体験だった。

でも、彼は、あまりにも上手すぎて、初めてとは思えなかった。

「んふぅ…っ!」

初めてのディープキス。

彼の唾液が、じゅるじゅると音を立てて、私の口に流れ込んできた。

私も負けじと、彼に唾液を流し込む。

くちゅっ…くちゅっ……

じゅるっ……

とてもいやらしい音が、部屋に響き渡った。

気が付くと、私のアソコは、どろどろに溶けるかのように濡れていた。

「あ…っ、こんなに濡れてるよ……っ」

私のおまんこから愛液をすくい、彼は、私に見せてきた。

「舐めちゃおうかなあ…っ」

くちゅっ…くちゅ…くちゅ…っ

「あぁぁんっ!らめ…ぇっ!」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【小中学生】私の初H ①【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ