相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】嫁さんとの話その2 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


嫁さんとの話







5年生で嫁さんと初ディープキスを経験してから早1年もう直ぐ卒業の6年生の話



すっかりその気持ちよさにはまってしまった僕と嫁は

人目を盗んではあっちこっちでチューチュー頻繁にやってました。

最初は心配になるほどだった嫁も

段々と慣れてきて結構大胆に舌を動かすようになってきました。



嫁に少し変化が出てきたのが頃の頃です。

日ごろは今までどおり控えめで恥ずかしがり屋なのですが

なんというかスイッチが入るようになったというか

僕と2人っきりの時は少し大胆になってきました。






と言っても積極的に襲ってくるというわけじゃなくて

凄く襲ってオーラみたいなHな雰囲気を出すようになってきたのです。

例えばそれまでの嫁は

僕がクラスメイト・・ソレこそ女子は勿論男子とすら仲良く話していると

ヤキモチを焼いてしょっちゅうヘソを曲げていました。

当時女の子はしょうがないにしてもなぜ男子にまでヤキモチを焼くのか

不思議でしたが、後々嫁が言うには友達自体が少ない嫁にとって

僕は彼氏以上にとても貴重な友達でもあったからだそうです。



そんなヤキモチの焼き方がかわってきたというか



嫁が僕に構って欲しくなると目が明らかに何時もと違う感じなって

大抵は8割は僕から誘う事の方が多いのですが

時々凄く押さえが利かない感じになって

クラスで皆と喋ってる時もなんか何時もより口数が減ったりして

如何したのかな?と思って注意深く見ると

なんというか凄く甘ったるい目になってて、顔や表情は何時もの笑い顔なのに

目だけが全然違ってるのです。

嫁の気持ちが透けて見える僕としては

僕だけにしか伝わってないだろうなと思いつつも

なんだかみんなの前で「Hなことしよう!」と堂々と発言されたような

(おいおい大丈夫かよ)という焦りすら感じました。



勿論、最初はわからなかったのですが

段々と構って欲しいのが解るようになり

それが、嫁に女を本格的に感じた瞬間かもしれません

カップル同盟繋がりで

それなりに女子の中心部に入り込んだといっても、何時もは地味目の大人しい嫁が

影でいっぱしに大人の女みたいなオーラを感じさせる一面は

ソレが誘いうけみたいなものでも、やっぱり迫力が有ると思いました。



自分が積極的な子よりこういう襲ってオーラ出すような子が好きなのは

多分嫁のこういう性格が僕に影響したのか

元々僕がそういう子が好きなのかちょっと解りませんけど

とにかくそういう嫁の変化は僕もいっそう大胆にしていきました。



性教育も始まり、エッチに興味を持つ事大の小学6年生

目の前には嫁との3回目の夏休みが控えていました。



夏休み近くになってくると僕達は2人っきりでの遊びを色々と計画してたりしていました。

勿論お互いの家での勉強は例年通り

海水浴、バーベキュー、今年は嫁のお父さんの誘いで両家、家族ぐるみで温泉旅行

それに加えてカップル同盟で特に仲のいいメンバーとカラオケやグループでの遊園地

嫁も僕も凄く楽しみにしていました。



そして何よりお互いはっきり口にしませんでしたが

この夏休み中に多分Hなキスの先に進む予感がありました。

それまでだって僕はキスの最中に盛り上りすぎて

嫁の胸やお尻を無意識にさわり捲くる事が有りました。

なによりその行為を嫁は嫌がるどころか

僕が嫁の体をひと撫でするごとに体から見る見る力が抜けていくのです。

最初は緊張してるのに、抱き合い舌を絡めあっているうちに

嫁の体は僕の腕の中でふにゃふにゃになっていきます。

嫁流に言わせると「ふわふわでトローンになるの」との事

要するに意識が体だけ残して空にフワフワ飛んでいくらしいです。



というわけで、やる気の塊の僕に抵抗する気全くなしの嫁

場所とタイミングが合えばもう何時そうなっても可笑しくないところまで来ていて

そして夏休み、2人っきりになれる時間と盛り上るだけのイベントは山ほどありました。





夏休み始まって直ぐ僕達は皆で映画を見に行きました。

ドラゴンボールとドラえもんの抱き合わせ上映です。

僕達が6年生の頃は丁度ジャンプ黄金期で、るろ剣が読みきりで掲載された時期

ジョジョや幽々白書が盛り上ってたりDBがフリーザ編だったり、ボンボン坂が載ってたり

目次ページが超豪華な時期だったと思います。



この映画を見に行こうとなった経緯は良く覚えていないのですが

学校でチケットが配られてたようなきがします。

それで丁度いいから皆で見に行こうよと誰かが言い出し

特に反対意見もなかったためいくことになりました。



映画は凄く面白かったのですが、困ったのは嫁でした。



嫁は最初こそ頑張ってみていたらしいのですが

暗い場所で長編映画・・・

嫁は一番楽しみにしていたドラモンが始まる頃には

僕の方に頭を預けてスースー寝てしまっていました。

「おい、ドラえもん始まるよ・・・」

と何度か小声で揺すりつつ起こそうとしたのですが、周りの手前大声を出す事もできず

「ん・・やだぁ・・」と

どうやら家で2人っきりの夢でも見てるのか、甘い声で寝言を言うので

これ以上何を言い出すか解らないと思い起こすのは諦めました。



ドラえもんもドラゴンボールも面白かったのに

嫁はピッコロがゴハンのピンチにカッコよく登場してやられる所は見ていたけど

べジータがカッコよく登場してやられた所から完全に見逃し

ゴクウの活躍の頃には完全に夢の中でした。

ドラえもんが始まったので起こそうと努力したものの

のびた君がいつも通りどらえも〜んと泣きついて行くくだりで「ん・・やだぁ・・」と言われ

僕もどらえも〜んと心の中で叫んだわけです。



このエピソードは同窓会などで顔を合わせたとき当時のカップル同盟の間で

語り草になっていて(因みに未だにカップルなのは僕等くらいで、他は皆別々に結婚してたり離婚してたり色々)



とくに全部が終了して皆がぞろぞろ席を立ち始めたところで

やっとその騒々しさで目を覚ました嫁が

「もう映画おわったぞ」という僕に

「ん・・ソウ君・・トイレ・・・」と言いつつ抱っこーみたいなジェスチャーをしたくだりは

未だに僕と嫁を赤面させるわけです。



このことをからかわれた嫁は本当に何も覚えていないらしく

「あんたトイレの世話までソウタ君にさせてたわけ?w」という女友達に

「そんな!ちがうよ!もう本当に覚えてないんだもんなにそれ!」と憤慨していました。





結局大人になってもう一度見直そうとDVDを借りてきて二人で見たのですが

嫁はもう寝そうになるのを堪えつつ見よう見ようと努力して

結局最後まで見たのにうつつだったせいではっきり覚えていませんでした。

嫁は基本的にテレビ画面が苦手らしく長時間見てると眠くなるようです。

起こしてねと頼まれるのですが段々面倒になってくるので最後は

寝かせたままにしています。

そんな感じなので2人でDVDを見る場合、嫁が如何しても見たい奴は

殆ど2〜3回くらいみなおし必須だったりします。

まあ、一生懸命ねないように頑張ってる嫁も可愛いのでいいのですが

こういうのが我慢できない男性は多いのは理解できます。



逆に遊園地ではとにかく絶叫マシーンに乗りたがるので困りました。

と言うのも僕は苦手だからです。

大きい体して情け無いのですが、若干高所恐怖症の気があるのと

体が大きいせいかなんかあのコースターの座席が今一しっくり来ないというか

しっかりガッチリはまってない気がします。

だから動いてる時とかにすぽっと落ちそうで怖いの何の

速さそのものよりそっちの方が怖いと言うのが本音です。



とにかくフラフラになりながら女の子達につき合わされました。

日ごろホラー映画とか怖い怖いとかいってようみもしないのに

なんでジェットコースターが怖くないのか理解にくるしむ





あの神社にも相変わらず2人で行きました。

昔みたいに石を集めたりどんぐり拾ったりはしなかったけど

近所の駄菓子屋で買ったブラックモンブランと嫁はカップのカキ氷

とっても暑い日で2人で神社の屋根の日陰に腰掛けて食べました。

セミが五月蝿くないていて、木の葉の間からキラキラの日差しがそそいでいました。

因みにブラックモンブランと言うのはバニラアイスの外側をチョコレートと砕いたアーモンドを

コーティングさせているアイスで、あたりが出るともう一本もらえると言う奴です。

当時これは全国区だと思ってたら大阪ではブラックモンブランと言ってもだれも知りませんでした。

「なにそれ栗のケーキ?」みたいなこと言われました。

結構衝撃でした。



嫁は棒アイスが苦手です。

食べるの遅いので手がベタベタになるし

酷い時は落ちてしまうからだそうで、小さい頃それで悲しい思いをしてから

カップアイスオンリーだそうです。



僕がブラックモンブランを食べていると嫁がじーっとコッチを見ています。

「どうした?」

「うん・・それ美味しい?」

「ブラックモンブラン食べた事無いのか?」

「食べてみる?」

「・・・・うん・・」なぜか頬を赤らめる嫁

僕が差し出したブラックモンブランに控えめにかぶりつく嫁

「美味いか?」

「うん」

「・・・・・・・・」

「どうした?」

「間接キスだね・・」

「は?なんか今さらだろw」

散々キスしてきた仲なのに今更この程度の事で

赤くなってる嫁が面白くて笑ってしまいました。



「うーソウ君・・酷いよ・・・」

笑う僕をみて頬っぺたを膨らませる嫁

ソレを見た僕はエロスイッチが入る

「な京子」

「はい?」

僕はそういうと徐に残り少ないブラックモンブランをかじり

嫁にディープキスしつつ口移ししてみる

嫁はビックリして殆ど溶けて残り少なくなったカキ氷を落とす。

「あっ・・ん」

「・・・・・・・」

「・・・・・・・」



嫁と僕の口の中でアイスが少しずつ溶けていく

ひんやりと甘いアイスの味とお互いの舌のヌメッとした暖かさがたまらなかった。

嫁の手はいつの間にか僕の背中にまわってTシャツを掴んでいて

僕の手は崩れそうになる嫁を支えつつ少しずつ嫁を押し倒すように倒れこむ

2人の舌の音とセミの音が交互に聞こえてきた。



「はぁ・・・・ビックリした・・」

口を離すと嫁が僕の顔の下でほうけた様に呟く

さっきより頬を赤く染めて少し息が乱れている

「お前がヘンな事言うからだよw」

「アイスの味がしたねw」

「美味しかった?」

「うん・・」



「ソウ君」

「ん?」

「私ソウ君とずっと一緒に居たい」

「なんだ急に」

「なんだろう・・こういうのシアワセスギテコワイとかいうのかな?」

「なにそれw」

「なんか前にみた大人のドラマで(嫁は昔月9ドラマを大人のドラマと言っていた)」

「女の人が言ってた・・幸せすぎて怖いって・・・」



「うーん・・」

「私ソウ君好きすぎて最近変になっちゃったかも・・」

「?」

「だって前もドキドキしてたけどそのドキドキと全然違うんだもん・・」

「前と何が違うの?」

「わかんないけど・・なんか胸がキュンキュンする・・」

「ふーん・・」

「ソウ君はそういうの無いの?」

「いや、良く解らないけど前とは違うよ俺も・・」

「どういう風に違うの?」

何時もより積極的に話題をふってくる嫁に少し戸惑う僕

何時もは僕の方から行動にだして、あまり喋らない嫁を喋らせるという形なのに

このときの嫁はビックリするくらいに積極的に突っ込んだ話をしていた。



「上手く言えないかもしんないけど」

「前は少し妹って気持ちもあったかな・・お前大人しいからほっとけなくて」

「まあ、今もほっとけないけどなw」

「うん・・」

「でも、今はそれだけじゃないかな・・ほっとけないのは同じだけど・・・」

「同じだけど?」

クリクリの目が何かを期待するように此方を真っ直ぐに見上げている

「今は・・俺がお前をほっときたくないって思ってる」



「って解り難いな!やっぱ上手くいえないわごめん」

「ううん!凄く嬉しいよ!」

嫁は何か伝わるものがあったのかそのあとは凄く嬉しそうだった。

後で聞いた話し、この頃の嫁はどうも僕が優しいから

(この辺は人によって見解の相違があるかもしれないが)

自分の事を仕方なく相手しているかもしれない・・という恐怖があったらしい

自分より沢山可愛くて頭がいい子が居るのになんで?と

僕と深い仲になっていく一方でいつか自分よりいい子が出てきた時

自分の魅力では太刀打ちできないかもという不安感が時々沸いてきたそうだ



僕としては、欲求は大体嫁で解消されていたし

他の子に目が行く事なんてなかった。

嫁といる時が一番楽しかったから他の子は本当にモブに近かったと思う

実際本格的に付き合いだしてから僕達は殆ど僕達だけで時間を積み上げてきていた。

純粋に使ってきた時間の比重で言えばこの頃の僕は

今の僕よりも格段に嫁との時間を大事にしていた。

大人になってからは如何しても仕事の付き合いもあるし

それなりに女性に声をかけられる事も増えたからコレは仕方ないかもしれないけど



でも、嫁はこの一言で凄く安心したと言ってた。

自分だけの一方的な関係ちじゃないんだって思ったらしい



「なんかエッチな事ばっかりして不安にさせたか?ごめんな・・」

「ううん・・ソウ君は悪くないよ」

二人並んで座りなす

「アイス落ちちゃったね・・」

「又買ってやるよ」

「うん・・又ココに2人でこようね」

「ここならいつでも連れてきてやるよ」



不意に嫁が頭をトンと僕の肩に寄せてきた。

「ソウ君背大きいね・・もううちのお父さんより大きいよね・・」

「まあなw最近馬鹿みたいに伸びてるんだぜ」

「ねえ・・・抱っこ・・・」

なんかやたら甘えモードな嫁が可愛いので

いつも嫁の部屋でしてやるように膝の上に乗せて抱いてあげる

するとギューッと強い力で抱きついてくる

「ずっと一緒に居たいよ」

「わかってるよw」

頭を撫でてやるとネコのように目を細める

「なんか今日甘えモード?」

「うん・・・そうかもしれない・・凄く甘えたい・・」

「最近よくそういう目で俺のこと見てるよね」

「えっ・・・?」

「意識してやってると思ってた」

「うーん・・・解らないけど・・今みたいな気持ちは最近・・良くなる・・」

「皆が居てもなんか・・・直ぐにでもソウ君に抱きつきたい気持ちになる時がある・・」

「京子にしては大胆だなw」



「だってソウ君他の子と話してるときも楽しそうなんだもん・・」

「別に他のやつ等と話してても楽しいのはしょうがないだろw」

「わかってるんだけどね・・ごめんね・・・ソウ君は私のなの!って言いたくなるの・・」

「別に謝らなくてもいいけどさw」

「うん」

「大丈夫だよ俺なんか誰もとりゃしないだろw」

「・・どうかな・・」



「俺ってそんなに影でもててるの?」

「しらない!」

「イタッ!つねる事ないだろ・・・」

「ふん!」

そういうと力いっぱい抱きついてくる少し苦しいくらいに

「京子ちょっと・・くるしい・・」

「しらない!」

「・・・・・・」



その後も暫く引っ付き虫みたいに離れてくれなかった。





海にも行った、勿論今年もお父さん同伴で

嫁は最初水着を買おうと母親とデパートへ行ったらしいが

カラフルに並ぶ子供用水着売り場で試着してみたものの

コレを俺に見せるのかと思ったら

土壇場で恥ずかしくなって結局スクール水着にしたらしい

お母さんが海へ行く当日玄関にやってきた僕に笑いながら教えてくれた。

「もー!お母さん言っちゃだめ言っていったのに!!」

「はいはいごめんなさいねw」

「別に見せたくないわけじゃないんだよ・・恥ずかしくて・・」

車の中で必死に謝る嫁

「別にいいよw」

僕が笑いながら言うと

「うーその言い方はなんか女の子としてヤダ・・」

魅力がないと端的にいわれた気がしたのか小6でも流石女の感性だった。

「結構おっぱいもおっきくなってるんだよ・・・」

高速のパーキングでお父さんが車から先に降りた隙に嫁がそっと呟いた。



僕はその一言が頭のなかでグルグルしてて

嫁の話に適当に相槌うちつつも

海につくまで頭の中で第一回嫁のおっぱい会議がおこなわれた。

実に白熱した議論が交わされた革命的会議だったが

客観的にかなり馬鹿馬鹿しいので割愛する



海に着いたらいつもの見慣れた嫁のスクール水着姿だった。

確かに去年より出るところが出てきた気がする

服の上からは結構触ってるけど実際の所、がっつリ揉んだ事はなかった。

2人で浜辺でボール投げしたりしてる時に(こんど揉んでみよう)と誓ったのだった。



因みに僕はどちらかと言うとオシリスキーだ

オッパイスキーさんには申し訳ないが嫁はそんなに立派な乳ではない

なくは無いが特筆するほど大きくはナイ、形はいいと思うけどね

結構細身の華奢な体つきだが脱ぐと結構お尻のボリュームがアル

本人は内心気にしてるみたいだが僕は大好きだとはっきり言っているので微妙な所らしい

まあ、2人でウォーキングとかもしてるので大きくてもキュとしててなかなかきれいなお尻だ

ただだらしなくデカイだけではない

嫁の尻なら何時間でも撫で回したい実に良い尻だ、髪はショートの少し長い感じ?

活動的な髪型のはずが嫁の場合はどう見ても大人しそうにしか見えない



あと指が綺麗、僕が嫁を好きだからかもしれないが

良く見ると可愛いというタイプだと思いたい

日ごろ下を向いていて人見知りで人と目を合わせて話せないから

印象が良くないだけで、笑うと凄く可愛いと思うのだが

まあ、そういう魅力は僕だけが知っていれば良いと思うので直させてない





嫁は料理が上手い

お母さんが言うには「この子はこんなだからお料理でも出来ないと貰ってくれる人いないかも」と小学校高学年から色々と教えてきたらしい

女の子の親ってそんなうちから心配するモンだろうか?



嫁は夏休み中も2人で出かける時は朝早くからおきて弁当を作ってきてくれた。

毎回凄く手が込んでて流石の僕も申し訳なくなるくらいにすごい

今も僕の弁当は嫁が作ってくれる、毎日の事だから手軽に作ってくれればと言うけど

「ソウ君がお外でプロとして仕事してるなら家事は私の仕事だからプロとしてちゃんとします!妥協はしません!」

と言われたので頭が下がった。

こういわれてプロとして稼いでこない男は居ないはずだ

一時期は職場の人が昼飯時に「今日の三宅の弁当はどんなのだ?」と見に来るくらいだった。

中には嫁さんが毎日早起きして作ってくれる事を信じない人もいて

「ドッかに愛人がいるんだろ」とか「お前が自分でつくってんじゃないか?」とか

言う人も居た。どうも奥さんが長年ソコまでしてくれることが信じられないらしい



個人的には毎日空弁当箱渡す時に「今日も美味しかったよ、ありがとう」と一言言うだけで

いいと思うのだがどうなのだろうか・・嫁はソレで凄く喜んでくれる

たった一言で毎日美味しい飯が食えるなら安いものだ



勿論休日は出来る限り一緒に家事します。

僕も料理は嫌いじゃないのでね





そのお弁当でちょっとした事件が起きた。

その日はちょっとしたハイキングというか近所にある山登りコースを

2人で歩こうという事になった。

丁度その日はウォーキング大会みたいなことをしてて

お年寄りから家族まで沢山集まっていた。

ふもとからスタートして頂上でお昼を食べてスタンプを貰って下山するというものだ

自治体が企画したイベントで嫁のお父さんが役員だったのだ



嫁は気合いを入れてお弁当を作ってきた。

「今日のは特別なんだよ」とスタート前は嬉しそうにしていた嫁だったが

その日は記録的な猛暑だった。

そう・・頑張って頂上についたとき、その自信作の弁当は

見事に悪くなっていたのだった。

一部は食べられる感じだが、幾つかは気温の変化に弱かったらしく

明らかにヤバイ臭いがしていた。



嫁は泣いた・・せっかく作ったのに食べれなくなったとシクシク泣いた。

頂上には大会が用意した参加者に配る弁当もあった。

こっちは専用の山道から頂上へ車で運んだ物だから大丈夫だった。

参加者の多くは大体このお弁当を食べる予定だった。

皆が支給のお弁当を食べる中嫁はずっとシクシク泣いてた。

思えば最初はお父さんが「頂上まで持っていっておこうか?」

と言ったのを嫁が「自分でもっていく!」と言い張ったのも原因かもしれなかった。



「ごめんなソウタ君・・おなかすいただろうから、気にせずコッチを食べなさい」

お父さんは、そういうと僕に弁当をくれた。

「ほら・・京子も泣いてないでご飯食べよう?」

そう言っても嫁はショックなのか食欲が無いのか手をつけない



僕はそんな嫁を見ていたらどうにもたまらなくなった。

嫁が作ってくれる弁当を僕が食べて

ソレをニコニコ笑ってる嫁、今日もそうなるはずだったのに・・・

このまま今日はこういう風に終わってしまうのが悔しかった。



僕は決心した(腹壊すくらいなんでもねぇ!)

僕は嫁の持ってきた弁当箱を開けると

比較的臭いがないものを優先して食べ始めた。

「ソウタ君・・・」

お父さんが心配して止めようとする

「大丈夫です、コレはマダ食べれますから!」

「京子美味いぞコレww、でもお前はお腹弱いからそっち食えよw」

臭いは若干していたけど、口に入れてみるとそんなに味は悪くなっていなかった。

親には良く意地汚いとか食いすぎだと言われてたが、食が太い人間でよかったと思った。



「ソウ君・・お腹壊しちゃうよ・・」

「京子の作った弁当なんかでお腹はこわさねーよ、俺はそんなに弱くねーよw」

「ううう・・・」

嫁は泣きながら抱きついてきた。

「良かったな京子・・」

お父さんなぜか涙目だった。



翌日確りお腹壊したけど、京子には今でも秘密にしてる



出典:嫁ラブ

リンク:ノロケ過ぎ注意


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【彼女・彼氏】嫁さんとの話その2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ