相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】隣のおばさんPART4【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


仕事から今帰ってきました。今日は土曜日隣のおばさんとのHの日です。

案の定8時10分にメールが「来て」おれはまた隣の勝手口から入っていった。今日はおばさんはパジャマ姿で

出てきた。俺は具合が悪いのか聞いた。おばさんは笑って俺に抱きついてキスをせがんで来た。おれはおばさんを抱きしめて

いつもどおりキスをした。おばさんの乳が妙に柔らかいブラジャーはしてない。俺はパジャマの中に手を入れて柔らかい乳を

揉み乳首を指で挟んでキスを続けた。おばさんの乳首が硬くなってきたので俺は指で乳首をつまんでやる。おばさんはうぅうぅ

と声を殺している。俺はキスをしながらもう片方の手をパジャマの下に入れた。今日も下着は着けてない。おれはおばさんのわ割れ目を指で広げ、雌芯をいたぶる。おばさんの雌芯が硬くなってきたので、パジャマの下を下げて足を広げさせ雌芯を口で

転がしていたぶった、おばさんは声を殺して泣いている、そんな姿がとてもそそる。おれはズボンを下げておばさんの顔に持っていく。おばさんは俺を両手で包み口に含む、俺は相変わらずおばさんの口の中に精子をぶち込む、おばさんは全てを飲んでくれた。そんなおばさんが俺はとてもいとしい。俺はおばさんのパジャマを全て脱がせ浴室に行き2回戦にいどんだ。おれはシャワーでおばさんのあそこを刺激する、おばさんは俺の腕にしがみ着き感じてる。俺はいきり立つのをおばさんの中に突き刺す。

おばさんは俺の物を深く深く呼び込んでくれた、嫌らしい音が響く俺はかまわずおばさんんの中に出し入れを繰り返す。おばさんは腰砕けになるのを俺の手で抱き寄せて深く差し込んではその感触を楽しむ次第に俺は我慢が限界に、おばさんの腰をひきつけ思い切り2回目の放出をする。生なのでとても気持ちがいい、おばさんは腰砕け状態に。おれはそのままシャワーでおばさんのあそこを洗い指で中をかき出す、なかからは俺の精子がしたたり落ちる。シャワーであそこを綺麗に洗ってあげた。

3回戦はおばさんの寝室に、俺はおばさんに潮吹きをさせてみた。おばさんをベッドによりかかせてあそこに指を折り曲げて挿入してざらざらを探してこすってみた、強く力を入れてこすってみたがGスポットに当たらないのか潮は吹かなかった、凄く疲れた。おばさんはかなり感じてくれたようだが。俺はおばさんの前に立ち萎えてるあそこを顔に近づける、おばさんは俺をまた口に含み大きく硬くしてくれた。俺は得意の汽車弁でおばさんの両足を持ちいれたまま寝室の中を動きまわりながら上下に動かし貫いて、3回目を放出する、俺が子宮に当たり凄く気持ちがいい、おばさんも硬く目を閉じて感じてるようだ。やがてクライマックスに俺も最後を振り絞りおばさんの子宮に精子をぶち込む。後はいつものとおりベッドでお互いを抱きしめながら至福の時をすごした。こんなセフレは最高だ、おばさんは俺に抱きついて軽い寝息を立てていた。


告白体験談関連タグ

||||||

【人妻・熟女】隣のおばさんPART4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ