相互リンク先の更新情報!

【友達】夢体験…/好き…(4)【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


きゅ…。

「…お、お姉さん…。」

「…ジャージ越しでも…、熱いんだね…。」

大介クン、今日のズボンはジャージです。

きゅ…。きゅ。ギュ…。

「…。…。」

「…固い…。」

わ…。大介クンの…。

…大介クンの、だよ…。

「…ね。…大介クン…。」

「…なに?」

「もっと、カラダ…、見たいナ…。」

「…お姉さん、もう、フザケたりとか…。」

…きゅ…。

「見たいナ…。」




「・・・・・。」

「…大介クン、さっき、カラダ触ってイイって、言ったヨ…。」

「…う、うん。」

「…だから。」

「…え。」

スルル~…

ジャージの紐、ホドいちゃう。

「…もっと…」

「…わ。」

…スス…スルル…

「…いいでしょ…。」

「うわ…。」

…わ…。わ…。

スゴイ…。

「なんか…、恥ずかしいな…。」

お、大きいし…。

「…。…大きいネ。」

「…うわ。恥ずかしいって…。」

お姉さん、嬉しいな。

お姉さんに、こんなに反応してくれて…、嬉しいな。

お、お姉さんも、

感じちゃってるけど…。(恥)

「…ちゅ。」

「…う、お姉さ…」

「…ちゅ、…大介クン。

 …キス、好き?」

「ン…好き、だよ…。」

「…ちゅ。気持ちイイ…?」

「…イイ。」

ギシィ…。

「え…?お姉さん…。」

きゅ…。

「もっと、お姉さんのキスで、…気持ち良くナって…。」

「え。キスって、え?」

「…ちゅ…。」

「うわ。キスって…。」

「ン…。キス、…チュ。してるよ…。」

「わ。…ハァ。」

きゅ…。くちゅ…。

「ちゅ~…。…、…。」

「…。…。…。」

くちゅ…。くちゅ…。

根元まで、とろとろ…

お姉さんの手まで、とろとろ…

「…。こ~ゆ~キスも、…好き?」

「…ハァ、…キスじゃないだろ…」

私の舌も、熱さや固さを、感じてる…。

「…ンフ、キスだよ。…チゅ。大人のキス…。」

「…ン…。…。…。」

感じて…。

もっと…。

気持ちヨクしてあげたい…。

「ちゅ…。…っ。ハぅ。…ちゅ…。」

「ハァ…、ハァ…、…。…。」

お姉さん、頑張るから…。

「わ…。お姉さん、ヤバ…」

「んちゅ…っ、ちゅ…っ、ちゅぅ~…っ」

くちゅ…ッくちゅ…ッ、クチ…ッ、

「アっ、はァっ、はァっ、ヤバ…ッ」

「……ッ!!」

ドク…ッ!!

「ンぅ…っ」

ビュクルル…ッ、ビュクッ…、ピュル…、

「んチュ…、んぅ、んくっ、んく、ちゅぅ…」

…、…っ、…、…。

「…ちゅ、ちゅ…、ンふ、んぅ~…」

「…ハァ、ハァ、ハァ、…っ」

「…んチュ…、…パ、…ちゅ、ちゅ。」

「…はぁ、はぁ、はぁ」

「…ちゅぱ、…はぁ、はぁ、…。…ア、飲んじゃった…。」

「…うわ、バカ…。」

うふふ。

大介クンが、女のコにあげた、初めての…、せ、精液、

お姉さんのモノ…。(嬉)

お姉さん、とっても、幸せ…。





そして二人は、ベットに並んで、座っています。

手を繋いで…。

「…お姉さん、今日のって…、何?」

「…え?」

「もしかして、俺のコト、…好きとか…?」

「…え。」

「……。俺さ。」

「俺、お姉さんと、付き合ってもいいかも…。

 可愛いって、思うし…。

 …好きだったし…」

「…大介クン…」

え。わ、わ~。きゃ~。(嬉)

本当に?

お姉さんのコト、そんな風に、思ってくれてたの…?

お姉さんだって、お姉さんだって…!

だから、こんな風になっちゃって…。

…でも。

お姉さん、魅力的でもないし、素敵でもない…。

全然まだまだな女のコ…。

大介クンは、いつも頑張ってる、ガンバリヤさんなのだ。

今までも、これからも、これから先も、きっと。

なんか、妙な冗談を言ったりもするけど、

そんなトコロもちっとも気にならないほど、

真面目で、思いやりもあるのだ。

カルくもないのだ。

お姉さん、…不安だよ。

ずっと、ずっと、ソバに、いてくれる?

…う~ん。

やっぱり、今のお姉さんのままじゃ、…いつか、お別れがきちゃいそうだ。

そしたら、今みたいな関係も、終わりかな…?

そんなのイヤだよ。

もっと、成長できたら…!

そうなれたら、きっと…っ。

「お、お姉さん、やっぱり、年下はあんまり…」

それまでは、今のまま…。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





チュンチュン、チュン、チュン

目が覚めると、そこは、良く見慣れたお部屋でした。

…自分の部屋。大介クンはいない。



でも。



今日の夢は、

私が欲しいって、望んでいたモノでした。

そっか。

これって、これって、

サンタクロースからの、贈り物…?



それは、

<大介クンの、初めての・・・>



ちょっと、クリスマスには早かったけど、

…夢だったけど、

きっと、クリスマスプレゼント。



その夢の中で、こんな夢もみました。

  もしも願いが、また、叶うなら、

  指輪がいいな…。

  とか、思っていたら、

     〇 〇 

  わ~…。↑指輪だよ…。

  きっと、ずっと、願ってた、

  来世も会える指輪だよ!

  1個づつ持っているとね、来世でも巡り会えて結ばれて、

  いつまでも幸せでいられる、

  幸せの指輪だよ~…。

  大介クンっ、

  1個づつ、大切に、持っていようね…!

↑こんな夢です…(恥)





思い出す度に、胸キュンです…ッ。





おしまい。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】夢体験…/好き…(4)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ