相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】お姉ちゃん【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私は4歳年上の姉(21歳)が居ます。私は姉に隠れて留守中、部屋を物色しま

す。姉は何時も自分の部屋に下着を干します。その下着の観察、何時も派手

な物が多いです。そして下着の箪笥には40種類位の下着が丁寧にしまわれて

います。何時もその下着を拝借し、自慰行為をするのが日課でした。 一昨

日の事でした。私は何時もの様に自慰行為をした後、下半身を露にし、下着

を鼻に押し付けたままの状態でした。 そこへ外から帰って来た、姉に見つ

かってしまったのです。「きゃ!なに!その格好〜」その声で飛び起きまし

た。「佑介、オナニーしてたの?何!今隠したの?これ、私の下着じゃな

い」と取り上げられてしまいました。姉は叱らず「佑介、姉ちゃんの事好

き?」と聞いてきた。黙って頷くと「姉ちゃんがしてあげようか?」と聞

く、また、黙って頷く。姉は私のペニスを握り「へぇ〜佑介も大人になった

んだね、」と言いながら扱き始めた。何時もと違う柔らかい手で触れられる

ペニスは瞬く間に大きくなり、数秒で射精してしまいました。「もう、いっ

ちゃたの?」「佑介、これから時々、姉ちゃんがしてあげるから、下着持ち

出すのは辞めてね」と言い、ティシュで綺麗にしてくれ部屋を出て行った。


告白体験談関連タグ

||

【近親相姦】お姉ちゃん【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ