相互リンク先の更新情報!

【友達】視姦から【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


マックで近くに女子高生達がいた

眩しい太もも 若い女の匂い 

何人か下着の見えそうな子もいた

興奮し視姦した

下着の見えそうな女の子たちの股間に鋭い視線を浴びせた

一人の子が明らかに反応してきた

時折こうした女の子にめぐり合える

男のいやらしい視線に何故か性的に感受してしまう子

その子を他の子達に出来るだけ気づかれないよう

目で股間を刺し続けた

まれにいる

それとなくそれから下着をさりげなく俺に見せてくれる子

その子もそうした子だった

スカートの隙間を故意につくり俺に見せ付けてくれた

俺の反応を楽しむように




そのまま隙間を作ってくれる

じっくり目で犯した

故意に下着を見せてることに気づいてないふりをするため

その子の顔を一切見ないで股間に視線を集中させ

偶然見えた下着に興奮する男を演じながら

出来るだけ勃起を見せるけるため女の子に見えないように

下着からは勃起を取り出し

スボンだけで覆い隠すようにさせた

時折女の子が膨らむ股間に目を当ててきた

思い切り膨らむ股間が見えているはずだ

誰にもわからないよう

その女の子からしか見えないような位置で

そっと手のひらをズボンの上から股間を握るようにさせ

ゆっくりこするしぐさをさせる

最初は驚いたようであるが

間違いなくちらちらとその子は俺の股間に視線をあててる

一生懸命女の子の下着を見ながら静かにこすった

しばらくすると女の子のほおが高潮しトロンとした目つきになった

机にうつぶせになった

女子高生の集団がマックを立ち去る雰囲気になってた

しかしその子は仲間に少し気分が悪いから先に帰ってというような

事をいって

一人だけになった

二人の間に危険な遊戯が続いた

女の子は時折俺の股間を見つめる

俺は女の子の股間を目で鋭く犯す

うつぶせになったり

目をつむり顔を天にむけたり

明らかに女の子はおかしくなっていた

思い切り甘ずっぱい女の生臭い体臭が漂ってきた

明らかに発情した女の匂い

それもかなり強く匂った

かわいい・・・と・・話しかけながら

その子の隣へ座った

かわいい・・

エロすぎる

かわいい・・・・

エロイね・・・

小さくつぶやくように話しかけながら

距離を詰めていった

太もも同士が触れた

女の子は体をビクンとさせ

うつむいた

かわいい・・・

かわいすぎる

エロすぎ

大丈夫 ここなら俺もひどいことはできない

心配しないで

大丈夫だから

といいながら

手を女の子の太ももに置きやさしくなでた

体を固まらせたが一言も何も言わず

触れられることに拒まなかった

この位置はこのフロアにいる誰からも見えない

防犯カメラも無い

誰にも見えないし

ひどいことをされたらすぐそこに人がいる

安心して

といいながら

スカートの中に手のひらをしのばせ

太ももを直接触れた

太ももに触ってると体を揺らすようにさせる

指先を器用にのばして柔らかい秘部を押すと

生ぬるく暖かくなってる股間は

ぬるぬるになってた

息が荒く

体をゆらせてる

じっとり下着から粘質の体液が染み出てきた

指先は下着を押すとぬるっと滑った

来てごらん

大丈夫 やばいことされそうだったら

大声上げれば人が来る

俺もそれは怖いし出来ない

だからやばいことしないから

怖がらないで

おいで

手首をつかみ

男子トイレへ連れ込んだ

ふらふらした足取りで

夢遊病者のようについてきた

ドアに鍵をかけ

便座のふたの上に座らせた

肩が少し震えてた

その肩をやさしく撫でてあげた

心配せずやばいことは絶対しないから

夢だと思って

目を閉じてごらん

髪や肩を撫でてあげた

こんなになってる

勃起をチャックから出した

手首を引いて

手のひらをひろげさせ

股間に当てた

一瞬手に力が入りびくんと大きく肩がゆれた

ここが勝負どころ

手首を強く引き

股間に押し付けた

女の子から力が抜けた

勃起に押し付けられてた女の子の指を

一本一本開いて

手のひらでくるませる

手のひらで包ませると

女の子の体がうねり始めた

服の上から乳房をもむと小さい声が出た

腕を伸ばしスカートの中へ手を入れて

いじった

下着全体がものすごくべとべとだった

陰部を下着の上からなぞるだけで

あえぐ

声が出るとまずい

誰かがトイレにくる恐れもある

早いところ・・・

女の子を抱えあげて

俺が便座に座り

勃起をだしたまま

俺の上にゆっくりと座らせた

すまたの状態から

器用に女の子の下着を横へ引いてずらせる

べとべとの粘膜が勃起の横にねっとりからむ

女の子の腰を引き上げるようにさせ

勃起の位置にあわせるようにして

座らせる

興奮状態にあった女の性器は

すんなり男のものがおさまった

そのまま後ろから女の子を抱いた

そのままの姿勢でずっといた

腰を振ると声が出てしまうためだった

体をゆっくりと苦しそうに揺らせ

大きく息を吸い そして震わせながら吐き出した

声は出したくても出ない

俺はじっとしていても

女の子は時折腰をくねらせる

自然に体が動いてしまってる

誰かがドアをノックした


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】視姦から【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ