相互リンク先の更新情報!

【露出】ザッピングノベル1 「廃校体育館・TYPE−B・義男38歳」 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


私は義男38歳・・建設業に努めております。

私はある日、廃校になった学校に校舎の点検に行きました。

私はできれば、その古くなった校舎を壊さずに、他の何かに利用できないかと思い、

破損状況を調べに行ったのです・・。そこでもし、

壊さなくてもまだ少しの間利用できるよであれば、

壊すことに反対の意見を会社に提案しようと思っていました。これは私独断の意見です。

しかし、その廃校した学校に点検をしに行った時、

私は、意外な出来事に遭遇してしまいました・・。



”女子中学生が体育器具庫でオナニーを!”



私が丁度、校舎の点検を終え、体育館の点検に移った時、

中から妙な声が聞こえてきたので、そっと中に入ってみたら、

その妙な声は体育器具庫の中から聞こえてくることがわかり、

私はその体育器具庫の入り口の扉をそっと少し開けて中を覗いてみました。




すると、そこにはセーラー服を着た女の子がマットに仰向けに寝転がって、

胸と股間に手を当てているのを見つけました。

女の子はスカートだけを脱いだ状態でした・・。

私はすぐにそれがオナニーであることに気付きました。

制服から見て、きっとこの娘は中学生だろう・・年は13歳〜14歳くらい・・

思春期真っ直中の幼気な少女・・私はそう思いました。

妙な声の正体はこの娘の喘ぎ声だったようだ・・。

ロングヘアーでなかなか可愛い純情そうな女の子・・。

その時私は、注意するのも何だかかわいそうだと思い、

見て見ぬ振りをして、その日は帰りました。

別に点検は急ぐことはないので、また明日にでも来ようと思いました。

しかし、その少女は次の日もそこでオナニーをしていたのです。

しかも、その日だけではなく、また次の日もずっと・・。

私のこの点検作業は個人の行動で行っている上、

時間的にも仕事が終了したこの時間帯にしかここに来れず、

その時間帯は丁度学校の終わる時間帯と一致していて、

どうにも避けられない状況にあったのです・・。



”女子中学生のオナニーはエスカレートし、ついには全裸に!”



私はいつの間にか少女のオナニーに見とれて、最後まで覗くようになってしまいました・・。

少女はスカートだけを脱いだ状態から、自分で胸と股間を刺激しながら、

今度はセーラー服を脱ぎ始め、下着のブラウスを着た状態・・一応下着だけの姿になる・・。

下着は全て純白・・どうやら、この少女は本当に純情の娘のようだ・・。

靴下もルーズではなく普通のをはいているし・・。

そして、少女は中指をパンティーの上から割れ目にそってか、まさぐり続ける・・。

少し控え目なのか、少女は小さな喘ぎ声を出している。

 「あっ・・あっ・・」

少女はブラウスをまくり上げる・・

パンティーに包まれたボディラインがハッキリと見えるようになる・・。

そして、少女はパンティーに手を掛け、ゆっくりと下ろし始める・・。

私は息を飲んで、少女の股間に注目する・・。

パンティーは太股の所まで下ろされたが、

私からの目線の角度では女の部分は確認できない・・。

パンティーは全て下ろされ、少女の下半身にはもう何も身に付けられていない。

少女は両足をおもいきり開き、この時初めて私の所から少女の女の部分・・

すなわち、割れ目が確認できた・・。無毛で綺麗な割れ目だ・・。

少女は再び胸と、中指で割れ目を刺激し始めた・・。

少女のあそこはもうビチョビチョに濡れている・・。

どうやら、クリトリスだけを集中に刺激しているようだ・・。

そして、少女が快感に果てた所でそっと私は逃げる・・。

私は自分のすることも忘れて、少女のオナニーに見とれてしまい、

毎日のようにここへ来て、それを楽しむようになってしまいました。

さらに、少女のオナニーは日に日にエスカレートし、

ついには全裸になるようになっていました・・。

痩せすぎでも太めでもなくバツグンのプロポーション・・透き通るように白い肌・・

少女の未発達な乳房・・綺麗なピンク色の乳首・・。

私が覗いているのも知らず、今日も少女は全裸でオナニーをしている・・。

いつしか少女の喘ぎ声は、堂々と大声を上げるようになっていました・・。

 「ああっ! あん・・あっ! ああっ!」

少女のあまりにも綺麗な乳首と割れ目を見て、

さらに過激になっていくオナニーと悩ましい喘ぎ声を聞いて、

私の若き頃の性欲が蘇ったのだ・・私の男の棍棒もビンビンにそそり起っている・・。

このような感じを受けるのは久しぶりだ・・。



”女子中学生がステージの上で全裸に!”



私は、またいつも通りにその体育館に行きました・・。

すると、いつもの体育器具庫には少女の姿がなく、今日はいないのかと思ったのだが、

どうも違う所からあの少女の喘ぎ声が聞こえてくるような気がしたので、

別の所に行ってみたら、なんと、

あの少女が体育館のステージの上でオナニーをしているではありませんか!

この時私は、今時の思春期の女の子のあまりの過激さと大胆さに驚いてしまいました。

少女はいつも通りに胸と股間を刺激しながら服を脱いでいく・・。

じらしにじらし、ゆっくりと脱いでいく・・。

きっと少女はそれを自分で楽しんでいるのだなと、私は思いました・・。そして、

ブラジャーをはずしたと思ったら、観客のいるべき方向にそれを投げ出した・・。

あの娘はストリップでもしているつもりなのか?

靴下を脱ぎ、次第にパンティーも下ろされ、じらしにじらし、ついに少女は全裸に・・。

少し乳首と割れ目に刺激を与えたら、少女は思いきり両足を開き、

観客のいるべき方向に女の部分が丸見えになるようにポーズをとった・・。

私はこの時、体育館の後ろの方・・すなわち、

ステージからは観客のいる方向の位置にいたのだが、距離が遠くて、

少女のあそこの割れ目ははっきりと確認できなかった・・。そして、

少女はあそこの割れ目の両端に両手の指を当てて、

割れ目を左右に思いきり開いたのである・・。その時、

少女は何か口ずさんでいるようだったが、私には何を言っているかはわからなかった・・。

これまでの少女のオナニーにはなかった演出・・。それに再び私は興奮し、

だが、ここからの距離でははっきりと見えない・・

開いた割れ目の中が赤っぽく見えるだけだ・・。

私は思わず飛び出してしまおうかと思ったが、

それはいけない事だということを強く承知していたので、懸命に堪えた・・。

少女は再び乳房、乳首、割れ目を刺激する・・。

少女の喘ぎ声が体育館中に響き渡っている・・。

 「ああっ! あん・・あっ! あっ!」

それでも私は堪えた・・。そして、

少女のステージでのオナニーショーが終わり、私も帰ることにした・・。

 「お嬢さん・・今日の舞台は最高だったよ」

私はそう思いながら、また次の日、ここに来るのであった・・。



”女子中学生が今度は体育館のド真ん中で全裸に!”



次の日もやはり私はここに来ていました・・。

少女はなんと、今度は体育館の真ん中でやっていたのだ・・。

これまでに申し上げていなかったが、

私がこの体育館に到着するのはいつも少女よりも後で、

私が到着する頃はすでに少女はオナニーの真っ最中である・・。

今回の私はいつもよりも少し到着が遅れて、

少女はもう体育館の真ん中でパンティー1枚だけの姿になっていました・・。

もうかなりオナニーに夢中のようだ・・。

いつも通りにパンティーが下ろされ、少女は全裸に・・。この時、

私は昨日のステージでのオナニーショーの時と同じ場所から覗いていました。

それに、少女の向きも私の方に足を向けていたので、これは!と思い、

ステージの上よりは距離が近くなったので、

私の目の距離からでも少女のあそこの割れ目が確認できるかと思ったのだが、

それでもまだ距離があり、丁度見えるか見えないかの際どい位置でした。

何となく、ビチョビチョに濡れたあそこの割れ目の線が見えるような見えないような、

どうにも満足のいかない状態・・。



”女子中学生の全裸オナニーに中年男は我慢できずに・・”



私は少女のあそこの割れ目がどうしても見たくなり、落ち着かなくなりました。

それどころか、少女のあそこの割れ目に触れてみたくなり、

もう我慢にも限界が来ました・・。私の男の棍棒がドクドクうなっている・・。

ついに私は我を忘れて、体育館の扉を開けて、

全裸でオナニーをしている少女の所まで歩き出してしまったのです。

それでも少女はオナニーに無我夢中なのか、私の接近に気付かない・・。

少女の足元までたどり着いた所で、私は、

少女が自分で私に気付くまでじっと見つめていることにしました・・。

少女のビチョビチョに濡れたあそこの割れ目がはっきりと見える!

クリトリスを集中的に刺激しているようだ・・。

まだ少女は私に気付かずに大きな喘ぎ声を出している・・。

3分くらい過ぎた頃だろうか、その時初めて少女が私に気付いた・・。

 「日に日に過激になっていくんだね・・・」

私がそう言うと、少女はさすがにビックリしたのか、硬直状態になった。

ビックリした拍子に、少女のクリトリスを刺激していた手が股間から少しはずれ、

よく見ると、少女のあそこの割れ目の上の部分には

5〜6mmくらいの陰毛が芝生の新芽のように生え始めていました・・。

今まではこんなに近くで少女の割れ目を見たことがなかったので、

陰毛に気付かなかったのだろう・・というか見えなかったというのが正解か・・。

それくらいまだ陰毛の量が少ないということだ・・。それに、パンティーを下ろした後は、

ほとんどあそこの割れ目には少女の手が覆い被さるようになっていたので、

陰毛は手で隠れてしまっていたのだ・・。



”女子中学生の未発達な乳房と乳首に中年男がむしゃぶりつく!”



 「おや? もう毛が生え始めてるんだ・・・大人だねぇ・・・

  それじゃぁ、おじさんが君が大人になったお祝いにいいことをしてあげよう」

私はもう少女に触れたい一心でした。少女はまだ硬直状態・・。

何も反応がないので、私は勝手に少女に覆い被さるようにのしかかり、

両手で少女の未発達な乳房を揉みはじめました。何とも言えないやわらかい感触・・。

そして、片方の乳首を口で吸ったり、舌先でコロコロしたり、

もう片方の乳首は指で軽くつまんだりして、

私は自分がしたいがままに少女の体を愛撫しました。

少女の乳首は硬くそそり起っている・・。

少女はまだ硬直・・いや、無抵抗といった方がいいだろう・・。

私の愛撫に身を許しているようだ・・。そして、

私は片手を少女の股間へと、少女の体を撫でるように這わせていく・・。

私の手が少女のあそこの割れ目に到達・・。

私は指を割れ目に食い込ませるような形で、割れ目の端から端までをじっくり撫でて、

クリトリスの部分だけはねちっこく愛撫する・・。

そして次は、少女の両足を手に持って持ち上げ、少女の頭の方へ一旦倒し、

それからおもいきり両足を開かせる・・。

こうすることによって少女の腰が持ち上がり、足を開くと少女の女の部分・・

すなわち、少女のあそこの割れ目が私の顔のすぐ目の前にくるのだ・・。

この時初めて少女が声を出した・・。

 「イヤッ!」

きっとあそこの割れ目をしっかり見られるのが恥ずかしいのだろう・・。

だが、もう止めることはできない・・。

私はそっと少女のあそこの割れ目に口を近づけ、

肛門の方からクリトリスに向かって舌先で小刻みに舐め始めた・・。

私の舌先が少女のクリトリスに触れた瞬間、少女は一瞬体が震えて、再び声を出した・・

 「ああっ! ああっ!」

やはりクリトリスを舐められると気持ちがいいのだろう・・。

そこで私は、少女の名前と年を知りたかったので、さり気なく聞いてみた・・。

 「君、名前何て言うの?」

 「きょ・・京子・・」

 「京子ちゃんか・・今何歳?」

 「じゅ・・14歳・・」

 「14歳・・っていうと? 中学2年生?・・一番美味しい時だねぇ」

少女は素直に答えてくれた・・。思っていた通りの中学生・・。

この頃は、私もこういうHな事には興味一杯だった・・。

その頃の女の子が今、私の目の前で全裸になり、私の思うがままになりつつある・・。

私はさらに興奮し、ついに少女・・いや、京子の何もかも全てが欲しくなってしまった・・。



”女子中学生の未だ使い込まれていない女の部分を中年男が舐め回す!”



次に私は、京子のあそこの割れ目の両側に指を当て、割れ目を左右に大きく開き、

京子の女の部分のその中を思うがままに舐め回しました・・。

クリトリスを集中的に舐め回し、さらに両手で京子の乳房と乳首も揉み始めた・・。

京子の体が私の愛撫に感じているように見えました・・。

 「遠慮しなくていいんだよ・・いつもみたいに大きく喘ぎ声を出してごらん」

私がそう言うと、その通りに京子は答えてくれました・・。

 「ああん・・ああっ! あっ!」

京子はもう私の思うがままに操られ、喘ぎ声を出している・・。

私の興奮も止まらない・・。



”女子中学生の女の部分に

 ビンビンにそそり起った男の棍棒が奥の奥まで入り込む!”



京子のクリトリスを舐め回しているうちに、

私の男の棍棒もいよいよ痺れを切らしてきました・・。もう犯るしかない!

 「ああもう我慢できない!」

私は一旦京子から離れ、急いで私も京子と同じく全裸になりました。

私のビンビンにそそり起っている男の棍棒を、初めて京子に見せる・・。

京子も、その私のビンビンにそそり起った男の棍棒に見入っているようでした・・。

私は再び京子の両足を手に持って、

 「京子ちゃん・・入れてもいい?

  おじさんの棍棒が京子ちゃんの中に入りたがってる・・」

京子は返事がなかったが、私はもう我慢できなかったので

 「いい? 入れるよ・・」

と言い、京子のあそこの割れ目に私の男の棍棒を押し当てました・・。

こんなことをするつもりはなかったので、当然コンドームはありません。

しかし、私はもうどうにも欲を止めきれなかったので、

思い切って生で挿入してしまうことにしました・・。

京子はきっと処女だと思い、一気に挿入するのはまずいと思って、

優しくゆっくりと挿入してやりました・・。

少しずつ挿入・・少し入れたら少し抜く・・今度は先ほどよりは少し深く入れて・・

また少し抜く・・といった感じを繰り返して、京子をリードする・・

 「京子ちゃんなかなかいいよ・・そう、もっと体の力抜いて・・」

ゆっくりと時間を掛けて、ついに私の男の棍棒の先が京子の中の一番奥まで到達した・・。

どうやら、京子は痛がっていないようだ・・。

まだ1度も使い込まれたことのない処女の壺が、私の男の棍棒をきつく締め付ける・・。

しかも生挿入だから、直接男の棍棒に京子を感じて、たまらなく気持ちがいい・・。



”体育館のド真ん中で全裸の女子中学生と中年男が

 お互いの本能をむき出しにして周りに目もくれずSEXに無我夢中!”



次に私は、またゆっくりと今度は抜いたり入れたりのピストン運動を始める・・。

京子が段々とピストン運動に慣れてくるのを敏感に察知して、

私はそれに合わせてピストン運動を段々と激しくしていく・・。

 「ああっ! ああっ! いいっ! 気持ちいっ!!」

京子はもう快感の渦に達しているようだ・・。

私のピストン運動は最高にまで激しくなり、京子はそれに合わせて喘ぎ狂っている・・。

私も最高の快感に浸り、本能のまま京子とのSEXに無我夢中になっていました・・。

もう何が起きても京子を離さない! 誰が来ても止めない!



”女子中学生は絶頂に達したまま喘ぎ声が止まらず、イきまくる!”



 「あはっ! あっ! ああん・・あっ! あはっ・・」

京子はずっと喘ぎ狂ったまま・・。

体育館内はうるさいほどに京子の本当の喘ぎ声が響き渡っている・・。



”女子中学生は中年男の最高テクにより失神、気絶寸前!”



私もそろそろ限界に達してしまったので、

京子の女の部分から私の男の棍棒を抜こうと思った時、

京子の様子がおかしいことに気付いた・・。

京子は極度の快感のあまり意識が朦朧としている・・。体も少し震えている・・

喘ぎ声も快感というよりは少し苦しそうな声に代わってきている・・。

これはまずいと思い、私は急いで京子のあそこから男の棍棒を抜き、

久しぶりに出すスペルマを京子のお腹の上にまき散らした・・。

しかし、京子は息をしているものの意識がない・・。

私はどうしていいのか迷った挙げ句、

ここで救急車を呼んだら自分が犯罪者であることを明かしてしまうので、それを恐れ、

京子には悪いがそのままほおって私は帰ってしまったのです・・。

私は京子が無事であることを祈りました。

次の日、私はまた廃校した学校の体育館に行きました・・。

しかし、京子は来ていませんでした・・。

体育館内には京子の姿はなく、これといって事件の起きた形跡もないので、

きっと京子は無事に気が付いて、自分で帰ったのだなと思い、一安心しました・・。

その日に、校舎の点検は無事終わったのですが、やはり、

あまりに古い校舎なので傷みも激しく、このまま使用することは無理ということになり、

近いうちに壊されることが決定しました。

もう、あのような女子中学生との最高なSEXはできなくなってしまうのかと、

少し寂しく思いました。しかし、これで良かったと思うのが適切だろう・・。

あまりやりすぎて、誰かにでも見られて事件にでもなったら、それこそ後悔する・・。

本当にこれで良かったと思っています・・。



「廃校体育館・TYPE−B・義男38歳」完



出典:Aliceの図書館

リンク:の図書館


告白体験談関連タグ

|||||||||

【露出】ザッピングノベル1 「廃校体育館・TYPE−B・義男38歳」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月27日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ