相互リンク先の更新情報!

【露出】ザッピングノベル2 「真夜中の海岸・TYPE−A・茜14歳」 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


わたしの名前は茜・・・14歳の中学2年生です・・・。

これからお話することは、少し前の夏休み中での出来事・・・

わたしが家族と一泊二日で海へ旅行に行った時のことです・・・。

初日は昼からずっと海で泳いでいて、夕方に旅館に着いた時には

わたしはすごく疲れてしまって、夕食の時間までわたしだけ少し昼寝をしました・・・。

そして夕食が終わり、わたしと家族は旅館内を見て回ったり、

テレビを見たりして時間をつぶし、10時くらいには明日に備えてみんな寝ました。

その日は異常な程に気温が高く、湿気もあったせいかムシムシしてて、

暑苦しくてとても眠れる状態ではありませんでした・・・。

旅館にはクーラーはなく、扇風機だけしかありませんでした。

わたし以外の家族は、そんな暑苦しさもわけなく、疲れのあまり

わたしよりも先にみんな眠ってしまいました・・・。

わたしは昼寝をしているので、みんなとは違って疲れが取れていたのです。

だから、この蒸し暑さに耐えられなくて眠れなくなってしまったのです。






”女子中学生はあまりの蒸し暑さに夜中1人で海岸に涼みに行く!”



わたしは眠れないまま、夜中の1時くらいまでずっとふとんの上に寝転がっている

だけでした・・・。その時、わたしは外に出て少し涼みに行こうと思いました・・・。

わたし達家族が泊まっている旅館は、高級なホテルとは違って、田舎風の昔からあるような

古い建物で、管理人も私服を着ている平凡な旅館でした・・・。夜も特に門限はなく、

戸締まりの管理も自分でできる所だったので、夜中であろうと外出は可能でした。

わたしは、誰かを起こすのも悪いと思って、黙って1人だけで外へ涼みに行くことにしました。

旅館の浴衣姿のままぞうりをはいて、わたしは海岸の方へと向かいました・・・。

周りは真っ暗で、どの建物を見ても灯りはなく、みんな寝静まっているようでした。

わたしは旅館から5分くらい歩き、海岸に着きました・・・。

堤防を越えて、砂浜を進んで波打ち際付近まできた所で腰を下ろし、

わたしは海に向かって遠くを眺めました・・・。

昼間はたくさんの人達がここに来てにぎわう所・・・わたしは今その砂浜にいます。

波の音がやさしくザーっと聞こえてきて、何となく平和な感じがしました・・・。

けど、それでも全くと言っていいほど涼みになりませんでした。



”真夜中の海を女子中学生が全裸で泳ぐ!”



次第にわたしは波の音に誘われて、急に泳ぎたくなってしまいました・・・。

この蒸し暑さを解消するには泳ぐしかないと思ったのです。

でも、当然ながら水着は持ってきていません・・・。そこで、悩みに悩んだ挙げ句、

思い切って水着なし・・・すなわち、全裸で泳ぐことにしたのです。

 「こんな真夜中の海岸になんか誰も来ないだろう・・・」

わたしはそう思って、でも一応気にして、海岸の角の方から海に入ることにしました。

砂浜の手前にある木陰でそっと、わたしは浴衣を脱ぎ、下着姿になりました・・・。

あまりに暑かったので、浴衣の下はもう下着のブラウスとパンティーだけしか着て

いなかったのです。いつもは着けているブラジャーも、この時はうっとうしくて

着けていませんでした。ブラウスも脱ぎ、周りに人がいないかを十分に注意し、

最後の1枚となるパンティーをゆっくりと下ろし、わたしは全裸になりました。

ぞうりもそこへ置いて、わたしは海まで走って行き、全身が海水に浸かりました。

ひんやりとした海水がすごく気持ち良く、さっきまでの蒸し暑さが一気に吹き飛ばされました。



”真夜中の海岸の砂浜を女子中学生が全裸で歩き渡る!”



少し泳いで、わたしはそろそろ戻ろうと思い、岸に上がってきました・・・。

しかし、よく考えてみるとタオルもないので、このまますぐに服を着ることができません。

浴衣や下着でふくわけにはいかないので、わたしは体が乾くまでそのままでいることに

しました・・・。そしてその直後、わたしは変なことを思い付いてしまったのです・・・。

このまま全裸で海岸の中心部まで行ってみようと思ったのです。

どうせ体が乾くまで何もすることはないし、このまま立ってるだけじゃつまらない・・・。

寝転がると砂が体に付いてしまうし、歩いて風を切れば早く乾くだろうと思い、

それをついでに、わたしは誰かに見られているかもしれないというスリルを味わおうと

思ったのです。普段はおとなしいと言われているわたしだけど、実は心の中では他の人

よりもずっと過激なことを考えているんです・・・。

 「1度、全裸で砂浜を歩いてみたかったんだ・・・」

そして、わたしはゆっくりと海岸の中心部へと歩いて行きました・・・。

相変わらず周りは真っ暗で、誰もいる気配がありません・・・。

ただ波の音が聞こえるだけです・・・。そう思いながら歩いているうちに、

わたしは海岸の中心部らしい場所までたどり着きました・・・。

けっこう時間がかかったような気がしたので、きっと元にいた場所からは

距離があると思います・・・。だって、

元にいた場所はここからでは目で確認できませんでしたから・・・。



”真夜中の海岸中心部の砂浜で女子中学生が全裸でオナニーを!”



わたしの体はもうすっかり乾いて、空を見上げるとお月様がわたしを見つめるように

光々と輝いていました・・・。わたしは砂浜で仰向けに寝て、お月様とご対面するような

形で少しの間そのままでいました・・・。お月様の光がわたしの体を照らし、わたしの

目からもしっかりと体が見えるほど明るい光でした・・・。サラサラとした砂が、

乾いたわたしの体をくすぐるような感じがして、なんだかいい気持ちになってきました。

ここで、わたしはさらに変なことを考えてしまったのです・・・

時々やっているオナニーのことを・・・。わたしは無意識にそれを始めてしまいました。

 「お月様・・・今からわたしの全てを捧げます・・・

  わたしの恥ずかしいところを思う存分見つめてください・・・」

右手を股間の方へ、左手を片方の胸の方にゆっくりと動かし、

わたしは無意識にオナニーを始める・・・。右手の中指をわたしのあそこの割れ目に沿って

まさぐり始め、左手では片方の乳房を軽く揉みながら時々乳首を親指と人差し指で軽く

摘む・・・。わたしのあそこの割れ目の周りにはもう、少し陰毛が生え始めていました。

いつもなら、自分の部屋のベッドの上で全裸になってオナニーをするんですが、

それは真夜中にやっていることで、この時は丁度その時間帯でした・・・。

全裸でのオナニーは、みんなが寝静まってからでないと、

突然誰かが部屋に入って来た場合に発見される危険があるからです。

わたしが無意識にそれを思い付いてしまったのは、きっとそれが習慣となって

体が覚えていたからに違いありません・・・。でも、毎日やっていたわけではないのに・・・。



”女子中学生はこれまでのオナニーでは経験したことのないスリルと快感を味わう!”



わたしは段々と気持ち良くなってきて、思いっきり両足を開きました・・・。

そして、両手でわたしのあそこの割れ目を思いっきり左右に開き、お月様に

わたしの女の部分の奥の奥まではっきりと見えるようにして、こうつぶやきました・・・

 「わたしを好きにしてください・・・」

大事な所に毛も生えてきて、大人として成長できたお祝いに、わたしは自分自身に

快感という御褒美を与えて楽しみました・・・。しかも、わたしのあそこは今Hな液体で

ビチョビチョに濡れているのです・・・。さらに、男に1度もなぶられたことのない処女・・・

こんなご馳走にはめったにお目にかかれませんよ・・・お月様・・・。

わたしは再び左手で乳房と乳首を交互に揉み、右手ではクリトリスを集中的に刺激しました。

誰かに見られているかもしれないというスリルが、これまでのオナニーでは

経験したことのない今まで以上の快感がわたしの体の全体に走りました・・・。

ここでさらに、今までのオナニーではできなかった喘ぎ声を出すことも思い付き、

少しためらったけど、わたしは初めて体験するスリルと快感で自分をコントロール

できなくなってしまい、気が付くともう喘ぎ声を出していました・・・。

声を出してはいけない・・・と思いつつも、わたしは本能のままもうどうなってもいいと思い、

そのまま喘ぎ声を出しながらオナニーを続行してしまいました・・・。



”オナニーに没頭している女子中学生の目の前に全裸の中年男が現れる!”



わたしは、それからどのくらいオナニーに没頭していたのかは覚えていませんが、

少ししてふと気が付くと、わたしの足元の方に人影が見えたのです・・・。

わたしはあわてて手を止め、頭を起こしてよく見ると、そこには見知らぬおじさんが

全裸で立っていたのです。わたしはこの瞬間、ついに見られてしまったという失望感に

襲われました・・・。そして、全裸のおじさんが優しく話しかけてきました・・・

 「暑いねぇ・・・おじさんもこれから君と同じことをしようと思ってここに来たんだよ・・・

  どう? 一緒に楽しもうよ・・・興味あるんでしょ? いろいろ教えてあげるよ・・・」

わたしはその時、逃げようと思いましたが、わたしの着衣のある所は遙か遠くの場所・・・

今のわたしは、自分の体以外は何もない正真正銘の丸裸・・・。大声を出して誰かを呼ぶにも

自分が裸ではできるわけありません・・・。それに、走って逃げても男の足ではすぐに

追い付かれてしまい、どうせ捕まってしまうだろうと思ったのです・・・。

ですが・・・おじさんの「教えてあげるよ」という言葉に、少し興味もありました・・・。

どのみち、わたしは恥ずかしいところを見られてしまっているので、

ここで興味がないなんて言っても、そのままおじさんが引き下がるとは思えません。

そういろいろと考えているうちに、

おじさんが勝手にわたしの体の上にのしかかってきてしまいました・・・。

 「イヤッ!」

わたしは思わず、抵抗を見せるような小さな声を出してしまいました・・・。

おじさんはわたしの両腕を砂浜に押さえ込みながら、

自分の顔をわたしの顔に近づけて、優しく問いかけてきました・・・。

 「キミ・・・名前はなんていうの?」

わたしは答えるつもりはありませんでしたが、おじさんの息が荒く興奮しているのが

わかってので、ここで反抗したら何をされるかわからないので、答えることにしました。

 「茜といいます」

さらにおじさんは問いかけてきました・・・

 「茜ちゃんか・・・年はいくつ?」

もう名前を言ってしまったので、その他のことは何も気にする必要はなくなってしまい・・・

 「14歳の中学2年生です」

わたしはおじさんが問いかけることに全て正直に答えました・・・。

おじさんは全裸ということまではわかっていますが、月の光の影になっていて、

わたしの方向からははっきりと見えませんでした。

気になる男の棍棒も、真っ暗でわかりませんでした・・・。

 「茜ちゃん・・・今からタップリと楽しもうね・・・

  茜ちゃんの知りたいこと、全部教えてあげるから・・・」

おじさんがこう言うと、わたしは増々好奇心が高まり、おじさんの要求を飲んでしまいました。

 「わたし・・・初めて・・・」

おじさんはそっと首を縦に振り、わたしが処女であることを認識したようです。

次におじさんは、わたしに優しくキスをしてくれました・・・長いキスでした・・・。

実は、わたしはキスも初めてでした・・・。

そして、ついに本番が始まりました・・・。

おじさんは両手で、わたしのまだ未発達の小さな乳房を揉み、指先で乳首を転がし始めました。

初めて男の人の手で揉まれる感触が、あまりにも気持ち良くて、わたしはグッタリしました。

しかも、わたしの乳首は既に硬くそそり起っていたので、それをおじさんに知られるのが

少し恥ずかしくも感じていたので、その気持ちがさらに快感を増したのだと思います・・・。

あんのじょう・・・

 「茜ちゃんの乳首・・・硬くなってるよ・・・どうして?」

わざとらしく聞くおじさん・・・。次に、おじさんはわたしの乳房を口で吸い始めました・・・。

同時に舌先で乳首を転がすのです・・・。これもさらに気持ち良く、

自分ではできないことなので、そのままされるがままになってしまいました・・・。

おじさんの片手が次第にわたしのあそこの割れ目の方へと、体をなでながら向かい、

そこへたどり着こうとした時、わたしは再び、

既にあそこをビチョビチョに濡らしていることを知られるのが恥ずかしかったので、

思わず声を出してしまいました。

 「あっ・・・イヤッ・・・」

するとおじさんは

 「何も恥ずかしがることはないんだよ・・・

  今の茜ちゃんは、女としての本当の姿なんだから・・・」

わたしは、そう言われると段々恥ずかしさが薄れてきました・・・。

ついに、わたしのいちばん恥ずかしい所におじさんの手が行き渡りました・・・。

おじさんは、わたしのあそこの割れ目を指先で優しくまさぐり始めました・・・。

「教えてあげる」と言うだけあって、

さすがに女の子のいちばん感じる所を知っているみたいで、

クリトリスにより刺激を与えてきました。わたしはあまりにも気持ち良くて、

さらにおじさんの人形になってしまいました・・。



”女子中学生は中年男にビチョビチョに濡れた割れ目を激しく舐め回される!”



次におじさんは、わたしの両足を手に取って持ち上げ、わたしの頭の方まで倒し、

手に取っているわたしの両足を思いっきり開きました・・・。腰が持ち上がって、

わたしの恥ずかしい所がおじさんの顔の目の前になり、再び恥ずかしくなって、

今度は体で少し拒否してしまいました・・・。

 「大丈夫、茜ちゃん・・・

  今からおじさんが茜ちゃんの女の部分を男の舌でタップリ愛してあげるからね・・・」

おじさんはそう言うと、わたしのあそこの割れ目を思いっきり舐め始めました・・・。

わたしはその瞬間、これまでにない快感が体を走り、気が付くと喘ぎ声を出していました。

 「おや? もう毛が生え始めてるんだ・・・もう大人だねぇ」

あそこに毛が生え始めていることまでおじさんに知られてしまい、もう何もかもわたしの

秘密は暴かれてしまいました・・・。これでわたしは、もう何も恥ずかしがることなく

本能をむき出しにしても構わない状態になってしまいました・・・。

おじさんは両手でわたしの乳房と乳首を揉みながら、舌では激しくクリトリスを舐め回し、

わたしは本能のまま叫びました・・・。

 「いいっ・・・いいっ・・・おじさんっ・・・気持ち・・・いいっ・・・」



”女子中学生が中年男の棍棒にむしゃぶり付く!”



そのまま喘ぎ狂って少しした時、おじさんが今度はわたしの手を取って、おじさんの

男の棍棒の所まで導きました・・・。

 「触ってごらん? これが男の本当の姿だよ・・・」

この時初めて、おじさんのビンビンにそそり起った男の棍棒がはっきりと見えました・・・。

わたしはそれを握らされ、それがすごく熱く感じました・・・それに、”ドクッ、ドクッ”と、

振動しているのがわかりました・・・。わたしは初めて男の棍棒に触れたので、

そのあまりの凄さにビックリしてしまいました・・・。

 「おじさんの男の棍棒が茜ちゃんにキスしてほしいって言ってるよ・・・」

わたしは、おじさんがそれを舐めろと言っているのが理解できました・・・。

少しためらいましたが、さっきおじさんはわたしのあそこの割れ目を舐めて気持ち良くして

くれたので、それは拒否できませんでした・・・。わたしはおじさんの要求どおり、

男の棍棒を舌で舐め始めました・・・。

 「お・・・いいよぉ・・・茜ちゃん・・・その調子・・・」

わたしは、男のいちばん感じる所を知らないので、適当に棍棒の根本や先を往復する感じに

舐めました・・・。そして今度は・・・

 「茜ちゃん・・・今度はその棍棒を口に入れてキャンデーみたいにしゃぶってみて・・・」

わたしはおじさんの言うがままにしました・・・。知らないうちに、わたしもなぜか

男の棍棒を夢中でしゃぶっていました・・・。

 「茜ちゃんはこの男の棍棒をずっと求めていたんだね・・・」

そのとおり、わたしは自分の心の意志ではなく、体がそれを求めていることに気付きました。



”女子中学生は中年男の硬くなったモノを女の部分に挿入されてしまう!”



また少しした後、おじさんは再びわたしを砂浜に仰向けに寝かせ、今度はおじさんの

男の棍棒をわたしのあそこの割れ目に押し当ててきました・・・。

わたしは、いくら何でもそこまではと思って、起きあがって拒否したのですが、

おじさんはわたしの体を押さえ込んで言いました・・・。

 「茜ちゃんを知りたい・・・もっともっと、今度は男の棍棒で茜ちゃんの女の部分の中を・・・

  茜ちゃんも知りたいでしょ? 男の棍棒がどういうものかを、手や口ではなく女の部分で・・・」

そう言われたら、わたしは納得してしまい、

何もかもおじさんの言うとおりにしてしまいました・・・。

おじさんは優しく、男の棍棒をわたしのあそこの割れ目にゆっくりと入れてきました・・・。

少し入った所で、わたしはあそこに痛みを感じました・・・。

 「いたっ・・・」

 「大丈夫・・・痛いのは初めだけだから・・・少し我慢してね・・・」

おじさんの男の棍棒は次第にわたしのあそこの奥の奥まで入り込みました。

それほどひどい痛みではなかったのですが、突っ張るような違和感を感じたまま、

おじさんは軽くピストン運動を始めました・・・。少しすると、痛みが段々と無くなり、

違和感もなくなって、次第に快感に変わってきました・・・。



”オナニーよりもずっと気持ちいい!”



そして、おじさんのピストン運動は段々と激しくなり、わたしの快感も徐々に頂点に

近づいてきました・・・。さらに、

おじさんのピストン運動は極限にまで激しくなり、すでにわたしはオナニー以上の快感を

覚え、再びさっきのような喘ぎ声を出していました・・・。

 「ああん・・・ああっ・・・ああっ・・・」



”真夜中の海岸中心部の砂浜で、月の光に照らされながら

 全裸の女子中学生と中年男がお互いの本能をむき出しにして

 周りに目もくれずSEXに夢中!”



わたしはもう、本能のままおじさんの激しい愛撫を求め続けました・・・。

このままどうなってもいい・・・誰が来たって、何が起きてもやめてほしくない・・・

そう思いながらわたしは官能の渦に浸ってしまったのです。

 「ああっ・・・あん・・・ああっ・・・あはっ・・・あはっ・・・」

どれくらいの間、わたしがその官能に浸っていたのかはわかりませんが、

気が付くともうおじさんの姿はなく、わたしのお腹の上にドロっとした液体が付いている

だけでした・・・。わたしは朦朧としていたので、いったい何だったのか不思議に思い、

夢だったのかとも思いましたが、わたしの体はすごく疲れていて、

起き上がるのが辛かったので、あの出来事は実際にあった事だと確信しました。

それにしても、あの快感が忘れられません・・・。あの時のおじさんはいったい何者だったのか、

なぜわたしと同じ全裸でこの海岸にいたのか・・・全く理解できません・・・。

あまり深く考えても仕方がないので、わたしは自分の処女をお月様に捧げたことにして、

あの時の快感を思い出しながら、その後は毎日のように、

夜中に自分の部屋で全裸になって、暗がりでオナニーをしています。

あの出来事は、これまでのわたしの人生最大の思い出となってしまいました・・・。



「真夜中の海岸・TYPE−A・茜14歳」完





出典:Aliceの図書館

リンク:の図書館


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【露出】ザッピングノベル2 「真夜中の海岸・TYPE−A・茜14歳」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月28日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ