相互リンク先の更新情報!

【友達】私のこといっぱい犯してください・・・・その2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


友香のあそこはもうびちゃびちゃだった

太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した

俺はびんびんにそそり立ったあそこを友香にくわえさせたままシックスナインに

移行した

そして手マンをしながらクリトリスを舐めた

友香はじらされていた為か1分たたない内にびくびくとしながらイってしまった

それんみて俺は

「何勝手にイってんだ!誰がイっていいって言ったんだ?」

友香はまだイった余韻を残しながら

「ごめんなさいご主人様、ガマンできませんでした」とかすれながら言った

俺は

「次勝手にイったら終わりにするからな」

と言うと

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

と嘆願した




とりあえず許した俺はここで持ってきていたロープを取り出した

目隠しされ手を縛られたままの友香は俺に離れられ何が起きるのかびくびくしな

がらちっちゃくなっていた

俺はいきなり友香を抱えた

そして椅子に座らせると足を開かせて持ち上げ肘おきの上に乗せ足と肘おきを

ロープで縛り始めた

友香はいきなりのことに抵抗したが俺が内ももをビシッと叩くと

「あっイヤ…」

と言って力を抜いた

俺はそのあとも何も言わずに友香の足を開脚状態のまま閉じないように縛りつけた

縛っている間中友香は

「ごめんなさいご主人様…許して下さい…」

等と吐息を漏らしながら謝っていた

彼女の中でのイメージがあったのだろう

縛り終えた俺は用意していたローターと20センチはあるバイブを取り出した

ローターを友香のクリに当てる

「あああー」

と叫ぶような喘ぎ声をあげたかと思うと30秒もしないうちに

「イクぅ イっちゃうぅ ご主人様ぁー」

と叫んだ

俺はローターを友香から離し

「また勝手にイくのか?」

と言うと

はぁはあと声を漏らしながら半分泣きそうな声で友香が言った

「ごめんなさいご主人様 我慢します…」

今度はバイブを友香のあそこにあてた

友香はびくっとした

少し入り口でぬるぬると動かす

友香はそれだけですでに大きな声を漏らしていた

調教部屋

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=9

18歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・

「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【友達】私のこといっぱい犯してください・・・・その2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月28日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ