相互リンク先の更新情報!

【初体験】「床だと疲れるからベッドの上に座りなよ」 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


私の初体験は高校三年です。彼は大学生で、私にとって初めての彼氏でした。

当時友達は女の子ばかりで、Hなことには奥手な方だったので初めてキスした時

なんて緊張で半泣きでした。

 彼の家に呼ばれたのは付き合って一ヶ月弱のことでした。彼は大学で近くに

一人暮らしをしてたんですが、私の家から電車で1時間半かかることもあり、

まだ遊びに行ったことなかったんです。

 彼の部屋に上がってからしばらくはふたりでテレビを見ていました。

土曜日の夜でめちゃいけを見てたのを覚えています。でもその時には緊張がピークで

内容なんて頭に入っていませんでした。彼が何か話してもうわの空。

自然と会話も少なくなっていきました





 そのうち彼が「疲れたから横になる」といってベッドに寝てしまいました。私は

どうしていいかわからず、そのままベッドにもたれてテレビを見てました。そのまま

15分は経ったかな?彼が「床だと疲れるからベッドの上に座りなよ」と言ってきたんです。




心の中で「ついにきた・・・」と思いつつ、ベッドに腰をかけました。

 彼は体を起してキスをしてきました。キスは何度かしてたのでむしろ落ち着いてきました。

でもいつものキスとは違っていました。激しく私の口の中を貪ります。私の唾液と

彼の唾液が交わって唇の端から溢れ出しました。彼が服の上から私の胸に手を置き、

下から押し上げるようにゆっくりともみ始めました。自分の心臓がどきどきしてるのが

ばれるんじゃないかって何故かその時思いました。

 私はその日シャツを着ていて、彼はボタンとボタンの間から器用にひとさし指を伸ばし、

私の乳首をなで始めました。私はついびくっと体を揺らしてしまいました。自分じゃない

誰かが私の乳首を触っている…、そう思うとあそこがじゅんっとなるのがわかります。





彼はいつのまにか唇を耳に移動させていました。舌を耳の中にいれたり、耳たぶを

あま噛みしています。「…っんぁ…ふぅ……」思わず言葉にならない声が漏れました。

彼はそれに気をよくしたのか、一気にシャツのボタンを外し、そのままブラの

ホックを外しました。

 空気が素肌に触れたので乳首がより尖りました。彼はブラを

上に押し上げると、乳首に吸い付きそのまま私をベッドに押し倒しました。

目線を下げると彼が私の乳首を舌を尖らせて舐めているのが見えます。その時は

わからなかったんですけど、私乳首がすごく弱いんです。特に自分の乳首が

誰かに弄られてるのを見ると興奮するんです。それでその光景をみてすごく

興奮しちゃいました。 





彼は私が興奮してるのがわかったみたいで、シャツとブラをとり、わたしの

あそこに手を伸ばしました。ジーパンのファスナーを下ろすとゆっくりとパンツの

上から割れ目をなぞってきました。パンツがびしょびしょだったのでひやっと

しました。彼は親指の腹のところでクリを刺激し始めました。パンツの上から

なので刺激がちょうどいいんです。

 顔を真っ赤にしてると彼が「声を出していいんだよ」と言ってくれました。

恥ずかしくってがんばってあえぎ声我慢してたんです。私が照れ笑いして

頷くと、ついでに…といったかんじでジーパンとパンツを両方一気に

ぬがされちゃいました。彼も全部脱いで裸になりました。初めて男の人の

裸が目の前にあって、すごく恥ずかしかったです。





彼は再び私の乳首を口に含んで吸い上げます。すごくそれが気持ちよくて

どんどん濡れてくるのがわかります。すると彼は右手を私のあそこに

延ばし、指をゆっくりと挿入しはじめました。初めての感覚に思わず声が

出ます。彼はそのまま一点を刺激し続けます。今、思うにGスポットだったのかな?

とにかく気持ちがよかったです。

 私が真っ赤になって喘いでいるのを見て、彼は自分のものを私のあそこに

近づけました。彼は自分のおちんちんに手を添えると、そのまま私のクリを

軽く擦りだしました。

 「あぁっ」きもちよすぎて思わず彼に抱きついてしまいました。

彼は姿勢をちょっとずらし、ついに私の入口に触れました。

ゆっくりゆっくり彼のものが私の中に入っていくのがわかります。でも

すぐに激痛が走りました。





イタっ」彼はそのままの姿勢で私をみて心配そうに

「やめる?」と聞いてくれました。ほんとはすっごく痛かったんだけど、

心配してくれる彼が嬉しくて「大丈夫」と答えました。

 彼は心配そうな顔だったけど、また挿入をし始めだしました。激痛に

顔をちょっと歪めると、彼は右手でクリを刺激し始めました。愛液が

溢れ出し、彼のものがすんなりと入っていきます。一番奥まで彼のものが

辿り着いた時には、私は再び声をだして喘いでいました。 

 彼はそのままピストン運動を早め、そのままイってしまいました。

体位もずっと同じだったし、結局私は最後までイクことはできなかったけど

彼は最後まで優しくしてくれて、ほとんど血もでませんでした



その後、一緒にお菓子を食べながらまったり過ごしました。

その時2人で舐めていたアメは、もちろんヴェリタースオリジナル。

なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。





出典:ヴェリタース オリジナル

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【初体験】「床だと疲れるからベッドの上に座りなよ」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月29日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ