相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】タバコ 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


「けほけほっ・・・もうー!このお店煙草臭いわよ!禁煙席ないの?じゃあもう帰りましょうよ。」

「え!?だってもうこの店しか空いてないよ?ほら、煙草吸っている席から離してもらうからさ。」

「いやよ。あたしが煙草の匂い大嫌いなの知っているでしょっ?ね、帰りましょ。お昼ならコンビニで買って車で食べればいいじゃない。」

「そうだな、そろそろ道も混み始めるし、そうしようか。」

「ふふっ、ごめんなさいね。あたしの我侭で。」

「良いよ、帰りは長いんだ。明日は仕事だし、この子も学校あるしな。早目に帰るに越したことはない。しかし、君の煙草嫌いも筋金入りだね。」

「だって、煙草って臭いし、煙たいから嫌なのよ。あなたが煙草吸わない人で本当に良かったわ。」

「おいおい、僕と結婚したのはそれだけの理由かい?」

「あら、もちろんそれだけじゃないわよ。たくさん良い所があるからあなたのことを大好きになったのよ。」

「はいはい、ママ、パパ、娘の前でいちゃいちゃしないの。」

「良いじゃない〜ねーあなた。」





私は結婚して12年になる37歳の専業主婦です。

優しい夫と10歳の可愛い娘に囲まれて幸せな生活を営んでいました。






そう、あの日までは・・・



ある日、私たちの住んでいるマンションの部屋の隣に新しく引っ越して来た人がいた。

年齢は若く、見た目は軽薄そうな印象を受けた。

私たちがこのマンションに引っ越して来た時にはお隣にはきちんと挨拶に行ったものだが、隣の若い人は挨拶に来ないどころか、廊下ですれ違っても挨拶すらしなかった。そして何より最悪なのが、すれ違う時に漂って来る強烈な煙草の匂いだった。



「最近の若い奴にありがちな他人と関わらないような奴なんだよ。気にするな、こっちもお隣さんと関わらなければいいんだしさ。」

「でも、あたしのこと舐め回すような目つきで見てくるし、何よりもすっごく煙草臭いのよ?サイアクよ・・・」

「はははっ、煙草臭いのは通り過ぎる時だけだし、見てくるのも気のせいじゃないか?」

「いいえ、目つきが嫌らしいのよ。」

「まだまだ君もイケルってことだよ。もしかしたら挨拶したいけどできなくて恥ずかしがっているだけかもしれないし。」

「もー、あたしは真剣に悩んでいるんだからね!」

「わかったわかった。」





そして、ある日洗濯物を干そうとベランダに出た時だった。サッシを開けた途端に強烈な煙草の匂いが部屋の中まで入って来た。



「もう、我慢できないわ!文句言ってやるんだから!」



そうして、私は隣に文句を言いに行った。

呼び鈴を鳴らすと気怠そうに男が出て来た。



「あなた、うちにまで煙草の煙が来るじゃない!洗濯物が干せないわよ!それに毎晩夜遅くまで騒がしいのよ!」

「あ?何言ってんの?おばさん。あんたんちで煙草吸ってるわけじゃないし。かまわねーじゃん」

「何を言ってるの?常識ってものがあるでしょう。」



「おーい、なにやってんの?早く戻ってこいよ。」

「わーったよ、すぐ終わらすからよ。」

「ちょっと、聞いてるの?」

「うるせーなあ、そうだ、前から思ってたんだけどさ、あんたイイ体してるし、顔もカワイイよな。なあ、そんな怒ってないでさ、ちょっと俺らと遊んでかない?」

「な、なにを言ってるのよ!ふざけないで。とにかく、煙草を吸うなとは言いません。常識の範囲内にしてって言っているの。」

「へーへーわかりましたよ。」



そして私は自宅に帰って行った。





私がお隣に文句を言ってから騒がしいこともなくなり、隣から煙草の匂いも漂って来なくなりました。それどころかすれ違うたびに挨拶をするようになったのです。



「いいことじゃないか。彼らもまだ若いんだ反省したんだろうよ。」

「そうだといいんだけど・・・」

「まあ、次になんかあったら管理人に言えばいいさ。」

「そうねぇ」





こうして日々の生活に平穏が戻ってきたころでした。



ピンポーン



平穏を破る呼び鈴が鳴ったのです。



「はい、どちら様?」

「あ、すみません、隣の者ですが。」

「何のご用ですか?」

「あの、僕たちあれから話し合いまして、あの時の行動は不味かったかなとおもいまして、そのお詫びの品をお持ちしたんです。」

「あら、ありがとう。今手が離せないからドアの前にでも置いておいてくださるかしら。」

「いえ、それでは僕らの気持ちが収まらないので、是非直接お渡ししたいです。すぐ済みますので。」

「そう?わかったわ。ちょっと待ってね。」



そうして、ドアを開けてしまいました。



「お邪魔しまーす。」

「ちょっ、ちょっと!なに?うちの中まで入ってこないでよ!」

「いやあ、綺麗な部屋だなあ。同じ間取りとは思えねーや。」

「あんたたち、反省したんじゃないの?!」

「反省したよ。あんときさっさとすれば良かったなってさ。あんたを間近で見たら興奮がおさまらないんだよ。」

「お金?お金なら無いわよ!」

「あほか、金じゃねーよ。あんただよあんた。」

「え?あたしになんかしたら大声を出すわよ!」

「あんたも知ってるだろう。このマンションには防音室があることくらい。そこでやんだよ。」

「ひっ!こ、殺さないで!」

「殺しやしねーよ。おら、こい!」

「いやあ!」

「でっけえ胸だなあ、これで旦那も喜ばせているのか?」

「いやっさわらないでっ」

「カワイイ顔してるのに体は嫌らしいよなあ。旦那は羨ましいよ。」



そして私は裸にされて防音室のピアノの足に両手を縛られてしまいました。



「ごめんなさい、ごめんなさい。もうあなたたちに文句なんて言わないから!」

「勘違いすんなよ。文句言われなくてもあんたと犯りたいと思ってたしさ。ここまできたら楽しもうぜ。」

「いやああ。許してえ!」

「そうだあんた、煙草が嫌いだったよな。こんな旨いもんを嫌いだなんてかわいそうだよな。ほら、吸ってみろよ。」

「誰がそんなもの吸うもんですか!」

「あんた、まだわかってねーなあ。あんたには決定権はねーの。俺のいう事が絶対なんだよ。ほら、咥えさせてやるから。」

「いやああ。げほげほっ無理よ!」

「ほらほらちゃんと咥えておかないとあんたの胸に煙草が落ちて火傷するぜ。」



こうして、私は人生で初めて煙草を吸ってしまったのでした。



「げほげほっけほっ」

「さてと、そろそろこっちが楽しむ番だ。」

彼は私の胸をもみしだき、時には乳首を吸っていました。片手は私の女性器に這わせていました。当時は認めたくはありませんでしたが正直なところ最近は夫ともあまり肌を合わせていなかったせいか、彼の巧みな指遣いに感じ始めていました。

感じ始めるころにはもう煙草を一本吸い終わる頃でした。



「お、まんこすごいトロトロじゃねーか。さては旦那としてないな。どうなんだ?」

「あなたには関係ないでしょ!さっさとすればいいじゃない!」

「図星の癖に。まあいいや、お許しがでたところで挿れるとしますか。」

「くっ」

私は中に入ってくる瞬間、涙が溢れかえってきました。

「泣くほど感じるってか?」

「んっ、そんなことあるわけ、んっ、ないじゃない!悔しいのよ!あんっ」

「そうかいそうかい。でも、あんたの中気持いいな、直ぐにでそうだぜ。ほっほっほっ」

「あん、んっ、んっ、はんっやっんっ、は、早くイッテ、よぉ」

「わかったわかった、イクから受け止めろよ。」

「ま、待って!外に、外に出してぇ!」

「やーだよ。もったいない。うっイクぞ!」

「いやああ!」

ドクッドクドクドクッ!



私は人生で二人目に体を許してしまっただけでなく、胎内で男性の迸りを受け止めてしまったのです。



彼は、終わるとまた私に煙草を吸わせました。

そして、四つん這いで一回、私が上になって一回、最後に正常位で一回しました。

最後の正常位でははしたなくも大きな声で喘いでしまい、何故か自然に私から彼に唇を合わせてしまいました。当然、毎回終わると煙草を吸わされました。



「おい、もう俺は疲れたから後はお前等好きにしていいぞ。あと、一回終わったら煙草を吸わせてやれよ。」

「え、お、終わりじゃないの?」

「当然、あいつ等のチンコ見てみろよ。ありゃ俺が止めたら俺が殺されるわ。」

「やった!も、もう我慢できなかったんだ!」

「いやぁああ!」



こうして、私は5人程の男達にかわるがわる犯されてしまいました。もう当たり前のように中に出されてしまいました。



終わるころには煙草をむせずに吸っている私がいました。



「じゃ、俺ら帰るけど今回の全部写真とビデオに撮っているから、ばらしたらどうなるかわかるよね。」



私にはもう答える気力は残されていませんでした。



「そうそう、俺らがいつでも出来るように、パンツは履かないでおけよ。俺らが声かけたらすぐに股開け。逆らったらどうなるかわかるよね。」

「ひっ!」







こうして私は普通の専業主婦としての生活に終止符が打たれたのでした。



あれから私の生活は一変してしまいました。

毎日のように隣から彼がやって来て私は彼の部屋に連れて行かれました。

彼の部屋はいつも煙草の煙が充満していました。



「あんた、よっぽど欲求不満だったんだな。すごい感度いいぜ。」

「嘘、か、感じてなん、か・・・んっ、やんっないわ、よっ」

「誤魔化さなくてもいいぜ。最後には大きな声で喘ぐし、まんこも俺が触る前からぐちょぐちょだしな。」

「そ、んなことないわよ!」



しかし、彼の言う事は事実でした。うちの呼鈴が鳴ると、子宮の奥がズキンと疼くのです。

そして、彼の部屋に行くと夕方近くまで犯され続けるのです。当然、一回終わる度に2本から3本も煙草を吸わされました。

今では彼といる間だけで10本以上は吸わされます。





こんなに吸わされてましたが、決して自分から煙草を欲しいとは思えませんでした。

それがいままでとは違う状況が起きたのです。



ある日、家族で買物に出掛けた時でした。

ふと、喫煙所の前を通り過ぎた時、喫煙所の扉が開き中の煙草の匂いが外に出て来たのです。

すると、私はあろうことかその匂いにうっとりとしてしまい、子宮がズキズキと感じ始め、私のアソコが熱を帯びて来たのです。あっという間にアソコからイヤラしい液が溢れ出し、夫と娘の前だというのに、膝の近くまで液が垂れてきました。



(そんな、何で?家族の前なのに・・・)

「どうしたんだい?」

そんな、狼狽している姿を見て夫は私の顔を覗き込みました。

「な、何でもないの。ちょ、ちょっとトイレに行ってくるわね。先に行ってて。あとから追い掛けるから。」





そうして私はトイレに行き、濡れてしまったアソコを拭き取っていましたが、ますます液は溢れ出るばかりで、いつの間にか私の持っていたトイレットペーパーはぐちょぐちょに濡れてしまい、もどかしくなった私は、直接指で触り始めてしまいました。

しかし、触れば触るほど切なさは増すばかりで体の火照りは収まりませんでした。



「あたし、どうなっちゃったの?」



「そうだ、煙草・・・」



私はふらふらと何かに取り憑かれるように煙草とライターを買ってしまいました。

煙草を初めて買う時、アソコの疼きは最高潮でした。



奪うように煙草を受け取り、慌てて喫煙所に入り煙草を吸い始めると、信じられない事に連続で軽くイッテしまったのでした。

私は顔を真っ赤にしてイク度に軽く震えてしまったので、喫煙所にいた他の人は私の事を不審に思ったかもしれません。





こうして、私は自分から煙草を買うようになってしまったのです。



私は家族がいない時、自宅のトイレで煙草を吸いながらオナニーをするのが日課になってしまいました。当然、彼との逢瀬は続いていたのでその時にも煙草は吸いまくっていたので、多い時には3箱くらい吸う日もありました。





「なあ、最近うちの中変な匂いしないか?」

「そう?あたしにはわからないけど。」

「ママはいつも家にいるからわからないんじゃないかな?うーん何と言うか、煙草臭いんだよなあ。」

「んもう、じゃあまたお隣さんね!また文句言ってやるから安心して。」

「そうかい?じゃあお願いするよ。」





匂い消しは十分していたつもりでしたがとうとう誤魔化しきれなくなってきました。

すっかり私は煙草が手放せなくなっていたので、吸う場所を考えなくてはなりませんでした。





「そうか、それで俺んちに来た訳だ。しかし、今隣に旦那がいるんだろ?大丈夫か?」

「マンションの会合があるって出たから多分大丈夫。ふーー、もう煙草我慢するなんて耐えられないわ。ちょっと、触らないであたしは煙草だけ吸いに来たんだから。」

「そんな事言って、ここはもうトロトロじゃねーか。」

「あん、もうあんたなんか大嫌いよ。チュッはぁん。イヤラしい貴志の煙草臭い息で感じちゃうの。」

「桜子の息も最近はすごく煙草臭いぜ。俺は煙草吸う女が大好きだから、すごく興奮するよ。」

「ふふふ、貴志は何人の女性を煙草漬けにしたのかしら。」

「そうだなあ。俺は小五で吸い始めて・・・俺と付き合った女はみんな吸い始めたからなあ。」

「ねえ、もう我慢出来ないの、ほら貴志に言われた通りあれからずっとノーパンなのよ?ほらさっきからあたしのおまんこ開きっぱなしなの。入れてぇ。」

「すっかり淫乱になったな。桜子のまんこも煙草臭いぜ。ほら、お待ちかねのチンコ入れてやるよ。」

「あぁん、貴志のチンコ素敵よぉ。奥まで激しく突いてぇ!」

「ほら、ほら、どうだ感じるか!くっ、壊れるくらい突いてやるよ!」

「ぁん、すごぉいセックス好きぃチンコ好きぃ!」

「煙草も好きか?!」

「煙草はあたしを狂わせるから大嫌いよぉ。」

「嘘つけ!ほら、好きか?煙草は好きか?」

「大好きぃ、煙草も大好きぃもう煙草なしなんて考えられないぃぃ!イックゥ!イクイクイク!早く貴志もだしてぇ!」



ドクッドクドクドクッ!

ビクッビクビクッ!



「はあ、はあ気持ちよかったわ・・・シュボッふう・・・はぁ終わった後の煙草は最高だわ。」



「ああ、最高だ。なあ、ここまで煙草に嵌っているともう誤魔化しきれないんじゃないか?」

「もう、ばれてもいいわよ。こんな美味しいもの、手放すなんて出来ない。大丈夫、貴志との事は言わないから。」



「そうだ、あいつらは最近どうだ?」

「あいつら?ああ、貴志のお友達の事ね。時々買物に行ってると声かけられるから近くのトイレとかでセックスしてるわよ。でもやっぱり貴志が一番気持ちいいわ。」



「はははっ、桜子が満足するまでやるように言っておくわ。」





私はもう戻れない所まで来てしまったようです。

最初は私の痴態を晒されたくないという気持ちから嫌々彼らの誘いに乗っていましたが、甘美なセックスと煙草から離れられなくなってしまい、煙草の匂いを感じるとところ構わず発情していました。

さらに私は、夫の真面目過ぎる性格にストレスを感じるようになり、ストレス解消するために煙草の本数は増え、私の方から貴志たちにセックスを誘うようになりました。そして貴志たちのような不良に心惹かれていくようになりました。





「明らかにおかしい。最近部屋が煙草臭いし、君からも煙草の匂いがする。」

「そうかしら?」

「まさかとは思うが煙草なんて吸ってないよな?」

「そんな事ある訳ないじゃない。」

「本当か?実は悪いと思ったんだが、君のバッグからこんなものが出て来たんだ。」



そう言って夫はテーブルの上に私の煙草とライターを出しました。



「!、ごめんなさい、実は最近マンションの会合で知り合った主婦の人と仲良くなったんだけど、その人がすごい煙草吸うのよ。

それで昼間にその人がうちに遊びに来るようになったんだけど、うちでも吸うから煙草臭くなったんだと思う。

それで、その煙草はうちに忘れていったから私が預かってたの。

誤解させちゃったわね。」

「そうか、しかし人の家で吸うなんて失礼なやつだな。

友達付き合い考えた方がいいんじゃないか?」

「最初は私も嫌だったけど、もう慣れちゃったわ。

最近では煙草の匂い気にならなくなったもの。」

「そ、そうか。

しかしなるべくならうちでは会わないで欲しいな。」

「そうだ、煙草返して来るわね。」

「お、おい、まだ話しは・・・」

「ふーー、ついにばれちゃったかぁ。

もう誤魔化せないわね。次何か言われたらカミングアウトしようかしら。」





私は貴志の部屋に夫へのストレス解消をしに行きました。

貴志はいませんでしたが、部屋には何人かの男と、ここで知り合った主婦友達二人が来ていました。

そして、お酒や煙草を吸いながら夫の愚痴を話しました。

そして、いつのまにか誰からともなく私の体を触ってきてみんな服を脱ぎ始めました。

別の女性は既に男の子に股がって激しく腰を動かしていました。

その友達の中には見た事ない人もいましたが、私は特に気にせず裸を晒しました。

私は貴志たちに犯されてから彼らの友達、友達の友達、と数えきれない男とセックスをするようになっていました。



そして、ずっと貴志は帰ってきませんでしたが、彼ら彼女らと夜遅くまで乱れました。

また、今までの私ではありえませんでしたが、女性とも体を舐め合いました。





しばらくすると、やはりと言うか、夫に煙草を吸っている事がばれてしまいました。



離婚をされると思いましたが、逆に別れないでくれと泣かれてしまいました。



夫の事が情けなくなりましたが、何はともあれこれで夫公認で煙草を吸えるようになったのです。





その日を境にタガの外れた私は夫や娘の前でも絶え間なく煙草を吸うようになり、

夜は煙草友達の家に遊びに行くと言って出て行くようになりました。





そして、日に日に私は貴志好みの姿になって行きました。

服は派手になり、髪は金髪に染め、耳にはピアスを開けるようになりました。

夫には主婦の煙草友達からアリバイ連絡をしてもらい、一応信じてもらってます。





私が貴志に襲われてからほぼ一年が過ぎました。



最初は嫌でしかなかったセックスも、煙草を美味しいと感じるようになってから煙草とセックスが切り離せなくなってしまいました。



もはや私は煙草とセックス無しでは生きていけません。

この頃ではセックスしない日があると落ち着かないくらいです。

そして最近では、貴志が私の事を仲間に言っているためか、一人で町中を歩いていると、よく知らない人から声を掛けられるようになりました。

いかにも悪そうな不良っぽい男の子に声を掛けられるとすぐに感じ始めてしまい、誘われるまま近くの公園などのトイレでセックスをしています。

また、時には逆に私の方から不良っぽい男の子を誘うこともありました。



こういう事をしているものですから、避妊なんてしません。全て私の子宮で精子を受けとめています。

そのため、この一年で3回も妊娠、中絶を繰り返してしまいました。

最初に妊娠した時はさすがにショックでしたが、快楽漬けの体ではセックスをしないという選択肢は考えられませんでした。また、子宮に感じる精子も大好きですので、避妊もあり得ませんでした。

3回目の妊娠の時には、さすがにこれ以上妊娠しては大変だと思い、子宮にリングを入れ、念のためにピルも飲むようになりました。





そして私は毎日のように子宮と胃に精子をたっぷり溜めて夫や娘と接していました。

そのままでいると家族の前でおまんこから精子が垂れてきてしまうでナプキンを使っていましたが、とても追いつきませんでした。

そこで精子を垂らしてしまわないように家族の前だけではバイブをおまんこに挿入して栓をし、その上からショーツを履くようになりました。



このような生活をしているものですから、家事が疎かになっていきました。

その度に夫からは浮気を疑われましたが、貴志の関係の主婦友達にアリバイを作ってもらっていました。



これは後から聞いた事ですが、その友達の一人がなんと私の夫を誘惑して何度か関係を持ってしまったとのことです。

そのためかはわかりませんが、ある時期から全く私に浮気を追及をしてこなくなりました。後ろめたかったのでしょうか?

私はこうした煙草と快楽の日々に甘え、楽しんでいました。





近頃では貴志たちに対しても余裕が出てきたのでしょう、年上であるという気持からか彼らの要求よりも私の要求を主張するようになりました。

この頃には私はレイプされた可哀想な被害者で、仕方なく性奴隷をやらされているという立場ではなく、すっかり彼らのセックスフレンドという意識になっていました。





こうした快楽に溺れるある日の事です。



娘が林間学校に行っていて夫婦二人きりの夜でした。

私は夕食後の煙草を楽しんで、特に夫との会話もなく過ごしていました。

なぜか一週間ほど誰からも誘われず、私の方から誘っても乗ってこない事が続いていました。

しばらくセックスが出来ない日々が続いて、私は欲求不満で悶々として煙草を吸いながらおまんこをビショビショに濡らしていました。



ちょうど5本目の煙草を吸い終わろうかというときです。

不意に玄関のチャイムが鳴りました。

夫が玄関までいき、ドアを開けようとしたときです。なんと貴志たちが仲間を引き連れて部屋の中まで入ってきたのです。



「な、なんだ君達は!」

「夫婦水入らずのところすみませんね。ちょっと奥さんに用がありまして。」



そう言って貴志は私の肩を抱きよせました。

「桜子から手を離せ!うちの家内に何の用があると言うんだ。

!?お前、隣の奴だな?!」



「そう言えば、ご主人にはちゃんとご挨拶してませんでしたね。

俺はご存知の通り、隣に住む篠田貴志と言います。

これから長いおつき合いになると思いますのでよろしく。」



「なにを言ってるんだ!け、警察を呼ぶぞ!」

「これから面白いものを見せるから、ちょっと口を出さないで見ておいてよ、おっさん。」



貴志が仲間の方に目をやると、仲間が夫の方に近付いていきました。

「やめて!夫には手を出さないで!」

「桜子は黙ってろ!」

「ひっ!」

最近はおとなしくしていた貴志が最初の時のような威嚇するような口調で私の事を怒鳴りました。

構わず私は叫び続けましたが、私の叫びも虚しく、夫は男達に取り押さえられ、殴られ始めました。



その間、私は貴志に抱き寄せられ、乱暴にキスをされ、体をまさぐられました。



「や、やめて!夫の前で!」

「桜子は何時から俺に逆らえるようになったんだ?あんた、自分の立場忘れたんじゃないか?

俺らがあんたの体を求めれば、何時でもどこでも股開けっていっただろ?」



「そうだ旦那がうるさいから、良いものをやろう。」

「な、なにを、あんっ」

貴志が私のスカートを捲ると履いているショーツを剥ぎ取り、バイブを抜き取りました。

「このバイブすごいベチャベチャに濡れてるじゃねーか。こいつをあいつの口に入れて黙らせろ。」

貴志は私の中に入っていたバイブを仲間に言って夫の口にねじ込みました。

「久々の愛する妻のエロ汁だ、旦那さんも嬉しいだろう。」

そうしている間も、夫はなにやら叫び続けていましたが、いつの間にか叫ばなくなり、ぐったりしていました。



「んっ、や、やめてぇ、死んじゃう。んんっ」

「殺しはしねぇよ。そんな事言いながらも、桜子のマンコはもうぐちょぐちょじゃねーか。ひどいなあ、自分の旦那がボコボコにされてるのに。」



そうです、私はこんな状況にも関わらず感じていました。

セックス漬けになっていた日常から私はすぐに感じてしまう体を呪いました。

しかし、気持ちとは裏腹に私は貴志のおちんちんを求め始めていました。

夫はほとんど動かなくなりましたが、時々ピクッと動くので気絶しているだけだという事がわかりました。

気絶している間に夫は裸にされピアノに縛りつけられてしまいました。



貴志は相変わらず時折キスをしながら私の体を触り続けていました。

しかし、貴志は私の体を愛憮するばかりでなかなか挿入しようとしません。

夫に暴力を奮っていた男たちもいつのまにか貴志と一緒になって私のことを触っていました。

複数の男たちに触られているうちに私は何度か軽い絶頂を迎えてしまったのです。

そして次第に私の方から男たちを求めるようになっていきました。



夫の事を忘れ、行為に夢中になっていると、仲間の一人が貴志に耳打ちしました。

すると、貴司は私の体から離れました。

「あん、何処いくの?」

ふと貴志の歩く方向を見ると、口にバイブをねじ込まれたままの夫が涙を流しながら私の方を見ていました。

何時気がついたのでしょうか。私の痴態を何処から見ていたのでしょうか。

そういう事を考えると、途端に正気に戻っていきました。

「おはようさん、今から面白いものを見せてやるからそのちっこいチンポおっ立たせたまま楽しみにしてな」

見ると、なんと夫はこんな状況にも関わらず勃起していました。

久々に見る夫のモノは貴志のおチンチンと比べるととても小さく見えました。



「ほら、俺に跨れ。」

貴志は私を引きずるように立たせると、夫の方にお尻を向けて貴志の上に跨らせました。

すぐに貴志は突き入れてくると思いましたがおチンチンで私のオマンコとクリトリスを撫でるだけでなかなか挿入しようとしませんでした。

何度も何度も撫でられているうちにオマンコの奥からどんどん愛液があふれてきました。

私はついに我慢できなくなり、

「ああんっ!あ、あなたごめんなさい!も、もう我慢出来ないのっ!んんっ」

そう言って、自分から貴志のおチンチンをずぶずぶと入れてしまいました。

こうなるともう止まりません。

「んあああっ!イイっ!気持ちイイっ!!奥まで届くぅ!」

貪るように私の方からお尻を動かして貴志のおチンチンを味わいました。

ジュップジュップと淫らな音と私の喘ぎ声だけが部屋に響き渡っていました。

そしておチンチンが入ったまま、近くにいる男のおチンチンを自ら口に咥え込みました。

「ああっ、おチンチン美味しいっもっと、もっと欲しいのっ!」

「桜子、イクぞ!何処に欲しいんだ?」

「なか、中よっ中にちょうだい!」

私はより一層激しく腰を動かし、射精を促しました。

貴志がイク瞬間、射精を奥まで感じるために、深く腰を落としました。

ビュクビュクッドクッビューッビューッ

貴志がいつもよりも大量に濃い精液を射精しているのを感じました。

「お、俺もイクぞっ!」

「イイわ、飲ませてっ」

そして私がしゃぶっていた男も射精しました。

「おい、桜子、旦那が勃起してて可哀相だから出してやれよ。」

「え、でも・・・」

「いいから、これが最後の夫婦のセックスになるんだから、最後の記念だ。」

「う、うん」

私は夫の方に近づいていけきました。

「あなた、ごめんなさい。あたしこんな女になっちゃった。苦しいよね、許してなんて言わないわ。せめてあたしで気持ちよくなって。」



そう言って私が夫のおチンチンに顔を近づけたときでした。

ピュッピューッ

夫は私が触れる前にイッテしまったのです。

私はびっくりしてしまいましたが、なんとかまた立たせてあげようと擦ってみましたが何時までたっても立つことはありませんでした。

貴志たちはその姿に大笑いしていました。

私も次第に可笑しくなってきて思わす吹き出してしまいました。



その後は、貴志たちと朝までセックスを楽しみました。

私は夫に見せ付けるようにオマンコを拡げて精液を夫の前で垂らしました。

段々その行為がエスカレートしていき、わざと夫に精液を垂らしたり、男たちは私から抜くと夫に射精したり遊びはじめました。



夫は時々勃起していましたが、私が触ると滲み出るように射精するので、やはりセックスはできませんでした。





散々セックスをしたあと、私達は泥のように眠りました。

私が起きたあと、体とオマンコの中が精液だらけだったのでどうやら寝ている間も誰かが私の体で遊んでいたようです。



のそのそと起き上がると、精液だらけのまま同じく精液だらけの夫の方を向きました。

「あなた、こんなことになってごめんなさい。もうあたし覚悟はできてるの。りこ」

「そんなこというなよ!僕は桜子のこと愛してるし、離れたくないよ!」

夫は私の言葉を遮り、驚くことを言いました。

「だ、だってあたしこんなだよ?煙草止められないし、セックスだって我慢出来ないよ?」

「確かに桜子はすごく変わったと思うし、正直言って嫌だよ。」

「じゃ、じゃあ!なんで?」

「そ、それでも桜子は桜子だ、僕は桜子と別れたくないんだ。これは愛するがゆえの僕なりのささやかな復讐なんだ。」



「あっはっはっ!あんた面白いねえ、俺には何言ってるかさっぱりわかんね。」

「お前なんかに何が解るんだ!」

「おーおー恐い恐い。要するにあれだろ?これからはあんたに気を遣わず桜子と遊べるってことだろ?つまり夫公認ってやつだ。」

「・・・」

「あんた、この先桜子とタダでヤレないぜ?まあ、金払えば考えてやらんこともないけどな。」

「あ、あなたそれでもいいの?」

「あ、ああ構わない、但しひとつだけ条件を聞いてくれないか?」

「場合によっちゃダメだぜ?」

「僕に何も言わずに何処かに行かないで欲しい。何処に行く時は僕に連絡して欲しいんだ。」

「なんだそんなことか、いいぜ。その条件。」

「あなた・・・いいの?あたし家事とかも出来なくなると思うよ?」

「構わない。桜子から連絡さえくれれば。」

「そうか、じゃあ桜子俺らとの契約の証しだ、俺に愛していると言え。」

「えっ!そ、そんな・・・」

「まだ一度も言ってなかったよな?ほら言えよ、心の底からな。」



私は意を決して貴志に近づきました。

「ああ、貴志、愛しているわ。」

そう言って私は貴志にキスをしました。

夫は目を反らしていましたが、夫の事を忘れるかのように濃厚なキスを続けました。





こうして、私は平和な団欒を捨て、淫欲を選択し、私と貴志は夫公認の仲になってしまいました。



それからの私は煙草の本数もますます増えていきました。

夫に気兼ねすることがなくなったので、ほとんど一日中自宅で貴志といちゃいちゃするようになりました。

自宅では常に誰かが煙草を吸っているのでいつも何処の部屋も煙が充満しており、壁もヤニで黄色くなってしまいました。





私と貴志は夫の前だろうが娘の前だろうが気にせずいちゃついていました。

最初、娘は驚いていましたが貴志は気にせず私にディープキスをしたり胸を揉んだりするので娘も特に気にしなくなったようです。

そして、そういったことも次第にエスカレートしていき、平気で娘の前でセックスするようになりました。

「ねーママー、おやつあるー?」

「あんっ、いいっ、お、おやつは、んっもっとぉ、おやつは冷蔵庫の中にプリンがあるわよ。あん、深いぃ、ねぇ、キスしてぇ。」

「はーい」

その様子を見て貴志は私にそっと耳打ちしました。

その提案に少し驚きましたが貴志の言う通りしました。

「ねぇ、百合華、煙草吸ってみない?プリンよりもきっと良いわよ。」

「えっ!いいの?やった、わたし実は吸ってみたいとおもっていたの。」

「最初は煙たいけど段々美味しく感じるようになるわよ。」

まだ小学生の娘に煙草を勧めるなんて最低の母親だと思います。

しかし、私は貴志の言う事に何の疑問も持っていませんでした。



シュボッシュボッ

「あれ?なかなか火がつかないな?」

「吸いながら火をつけるのよ。」

「どれ、俺が最初に吸って火をつけてやるからそれを吸ってみな。」

貴志は私の中におチンチンを入れたまま背中の方から言いました。

「ほんと?やった。ありがと。」

「ふー、ほら、吸ってみな。」

「げほっけほっ、け、けむいよぅ。やっぱり無理なのかな?」

「たくさん吸っていれば吸えるようになるさ。」

「そうかなぁ、わたし、たくさん吸って早く吸えるようになるね。」



「ねぇ、貴志ぃ早く動いてよぉ。」

「ああ、悪い悪い。一気にいくぞ。」

「うん、来てえ。あんっ、あんっあんっ、奥まで届くぅ。」

「あ、ごめんね、エッチの邪魔しちゃって。そこで二人のエッチ見ながら煙草吸ってるね。」

「おう、いいぜ。なんだ百合華ちゃんもセックスに興味あるのか?」

「ふー、けほっ、う、うん、ちょっとだけ。」

「ははっやっぱり年頃の女の子だなあ。じゃあじっくり見ててな。」

「あんっあんっああっ、き、きもち、ん、ん、んっ、んふっ、いっいいっ」

「ママ、気持ちよさそう。いいなあ、わたしも早くエッチしたいな。ふー」

「はっはっはっ、百合華ちゃんも煙草吸うようになったんだ、すぐにできるさ。うっ桜子、イクぞっ!」

「あんっき、来て!あたしもイックうううっイクイクイクっ!」

ドクッドクッドクッビュクビュクッビューッ

「わあ、すごい、いっぱい出てる・・・」

「貴志、いっぱい出たね。きれいにしてあげるね。チュパッ」

「ママ、精液って美味しいの?」

「んー?おいひいわよ。んふーチュパッペロペロ」

「ちょっとだけ精液舐めてもいい?」

「いいわよ、舐めてごらんなさい。」

「ペロッ・・・んーまっずーい。ママの嘘つき〜」

「はははっ、百合華ちゃんはまだわからないか。」

「セックスが好きになると美味しく感じるのよ。」

「そうなのかな?」



それから私達は煙草を何本か吸いました。娘も次第に慣れて来てむせ返ることはなくなりました。





それからというもの、娘は煙草の本数が少しずつ増えていき、小学生にして一日2箱吸うようになり、物足りなくなってきたのか軽いものから重いものへと変わっていきました。

「ふー、煙草って美味しいね。ふーパパも吸えばいいのに。」

そう言って娘は夫に煙草の煙を吹きかけました。

夫はむせ返りながら、

「げほっ、煙草なんて吸うのやめなさい。」

「えー、やだよ、こんな美味しいの。パパってつまんない。ふー。」





私は貴志と外泊も増え、何日もセックス旅行に出かけることが多くなっていきました。

実は外泊するたびにすることがあります。

貴志の趣味で私の体にタトゥーを入れるようになりました。

最初は外から見えない胸とかおなか、お尻だけでしたが、次第に絵柄も大きくなり、服を着ていても外からわかるような位置に入れるようになりました。

私は派手な化粧や露出の多い服を着てタトゥーがはみ出ているまま煙草を吸って街中を歩いていると、まるで外国の娼婦のような姿になっていました。



お風呂場で鏡越しに自分の姿を見ると、かつての私の面影は全くありませんでした。

タトゥーとピアスだらけの体(タトゥーのほかにビアスもあけるようになりました。)に少し平和で穏やかだった三人家族の時を思い返して懐かしさに少し涙を浮かべることもありました。

しかし、同時にもっと淫らになりたい、かつての自分からかけ離れた姿になりたいと思うのです。





ある時、帰宅するとリビングで娘が私の知らない男に跨ってセックスをしていました。

最初はレイプされているのかとも思いましたが、娘の気持ち良さそうな表情と相手の男に対して甘くて濃厚なキスを見るとそうではないことがすぐにわかりました。



「あんっあんっああんっ、チュパッママ、お帰りなさい。んっもっとぉ」

「いつからなの?」

「んー?やんっ昨日の夜からかなあっあんっ、そこイイっ。ね、キスして。んっ」

「違うわよ、いつからその人と付き合うようになったの?」

「だから昨日の夜からだってば。それにこの人とわたし付き合ってないよ。あんっ奥まで届くぅ」

「じゃあどうしたのよ。」

「やんっそこ気持ちイイ。ナンパされたから連れてきちゃったの。」

「あなたよくナンパされるの?」

「うん、この人で10人目くらいかな?もうわからないや。今度は後ろから入れてぇ」

その言葉に驚きましたが、そう言うと娘はお尻を高く上げて濡れそぼったオマンコを両手で拡げてお尻をフリフリし相手の男を誘っていました。

相手の男は後ろからズブリとおチンチンを娘に入れました。

その娘の姿は慣れた様子だったので大分前に処女を失ったんだなと思いました。

私は煙草を吸いながらその様子を見ていると、私も興奮して濡れてきました。

二人が終わるのを待って、娘から離れた男に近づきました。

「ねぇ、あなたこの子小学生だって知ってる?」

「えっマジですか?高校生くらいかと・・・」

「ほんとよ、私の娘なの。」

「ご、ごめんなさい!」

「あら、いいのよ。そ、の、か、わ、り」

そう言って私は煙草の煙を男に吹きかけ、服を脱ぎました。

「あなた達のセックス見ていたら興奮してきちゃった。ねぇ、あたしともセックスしてくれない?」

私は愛液で濡れたラビアピアスをひっぱりながら男の上に跨りました。

「すげえエロい体・・・俺こんなの見たことない。」

「あら、大きくなってきたわね。咥えてあげるから私のも舐めてちょうだい。」

私は男のおチンチンを咥えてお尻を顔の上に近づけました。





こうして娘もセックスするようになり、自宅で男たちを呼んで娘と乱交パーティーをするようになりました。





その後私は貴志との関係を続けながら人妻ソープランドで「さくら」という名前で働くようになりました。

娘は中学生になると援助交際を始め、父親が誰かわからない子供を妊娠しましたが、生む事を決めたようです。



夫は私の勤めるソープランドに時々来て私とセックスをするようになりました。



一度娘が妊娠してから、娘の方から夫を誘ってセックスをしてみたそうですが、早くて小さくて気持ちよくない。と言っていました。





私たちの団欒を壊したのは貴志でしたが、同時に私に煙草とセックスの快楽を教えてくれたので感謝しています。

私は壊れてしまった団欒に後悔はしていません。









出典:なんだっけ

リンク:?

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

【寝取られ】タバコ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月29日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ