相互リンク先の更新情報!

【友達】若かりし頃の車内での思い出【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。




疲れている様子で熟睡しているようだった。

この女性の隣にこっそり移動して様子をしばらく見ることにした。

かなり寝込んでいる。

すっかり寝込んでいるからか、両脚が半開きになって

ジーンズ越しに股下が見えている状態だった。

その格好がとてもくっきりしていて

ペニスが充血し始め、いやおうなく膨らみ始めた。

まだ気付かずに寝ている。

この女性の股下をみながら、ズボンの中で尻に力を入れてペニスをぴくぴくと動かした。

見せびらかすためではない。

ヴァギナに入れたいという本能からだ。

見ず知らずのこの女性とHがしたい。セックスがしたい。

穿いているジーンズのなかで抑えつけられ、

がまん汁でさきっぽが十分に濡れているのを感じた。

この女性の股越しにヴァギナを意識して凝視し続けた。

まだ寝ている。

この女性のヴァギナに入れたい、すごく入れたい。今すぐ入れたい。

同じ車両には乗客がいない。

気付かれないなら、この女性の股下をジーンズ越しに触りたい。

でも気付かれたら騒がれて——。

でも熟睡中だから触れるチャンスなら今しかないかもしれないし、

でも触ったら気付いて目を覚まして騒がれて捕まって——

という堂々巡り。

目の前に対象があって、触ろうと思えば触れるのに、

(社会的にそれが)許されない。

目の前の女性の魅惑に耐えるのに、本当に気がどうかしておかしくなりそうだった。

内腿にがまん汁が垂れ流しになって出尽くしてしまうほど我慢して、

見るだけで堪えていた。

こういうのをじらしプレーというのだろうが、じらされるほどたまらないものはない。

触りたいのに触れないことがどれほど耐えがたい状態かは、この状態に実際にならないとわからないだろう。我慢できずに触ってしまったと自白する痴漢の言い訳に共感する思いだった。

「さわりたい」

心の中でそのように叫んだ。

見続けるほどその高まりは激しくなり覗きこんで股下がみえた瞬間、

ズボンの中で、射精してしまった。

手で刺激せずに射精するのは初めてだった。

ドバーっと勢いよくパンツの中に精子を出してしまった。

こんなことは初めてだ。

このとき、射精の予兆を全く感じなかったことを覚えている。

手で刺激を加えて射精をする直前には独特の予兆を感じるものであり、

「これ以上刺激を加えたら出る」というのを自覚できる。

自らの意思で射精のタイミングをコントロールすることができるものだ。

射精を先延ばしにすることも、早く迎えることもできる。

だが、勃起そのものをコントロールすることはできない。

何歳になっても一度勃起モードに入ったら、意思とは関係なく、

あとは膨らむところまで膨らみきって勃起を隠せなくなる。

勃起だけは何歳になってもコントロールできないものだ。

男という生物とはそのような悲しい宿命を背負って生涯生きていくものだ。

でも射精だけは意思でコントロールできると経験的に思ってきた。

射精だけはすんどめが効くと思ってきた。

でもこのときはそのコントロールが効かなかった。

ジーンズ越しの女性の股下をみただけで、

射精のタイミングを意識的にコントロールする理性的な意思よりも先に、

精子のほうから勝手に、

まるで一つ一つが意思をもっているかのように、

大量に飛び出してきたという感じだった。

ヴァギナを強く意識してジーンズ越しの股下見続けていると、

その奥にある子宮を無意識のうちに意識するようになり、

そこへ自分の精子を送り込みたいというシステムが、

意思とは関係なく、

自動的に発動するといったところだろうか。

このあたりの射精のメカニズムに関する描写は、

保健体育の教科書には詳細に説明していないと思う。

保健体育の教科書の説明は、必要最小限にしか載っていないものである。

それはさておき、

要するに、よほどこの女性の股が刺激的だったのだと思った。

それからしばらくして、この女性は目が覚めたようだ。

急に隣にいることに気付き、ひどく驚いていた。

こちらも、突然目を覚まされたうえにこちらを見られて、

どぎまぎしてしまった。

取り繕いようがなかった。

でも、下車する駅だったのか、女性はそのまま席を立ち、

ドアのほうに向かった。

この女性は、目が覚めるまで、熟睡している間に股を開いていたことに自覚していなかったと思う。

開けっ広げになったジーンズ越しの股下を見られただけで射精を我慢できなかったことまで

気づいていなかったことを祈る。

ドア付近に立っている時の立ち姿は、お尻が程よく大きく丸みがありくびれがあった。

そのような姿態でうつむき加減で頬が赤らんでいた様子をみて、

さらに俺の女として犯しまくって子宮に精子を送りこみまくりたいという

どうしようもないほどの欲望を駆り立てられた。

でも、追いかけはせずに、座席に座ったままにすることにした。

女性の股がどれほど魅惑的な空間か、

裸体である必要もなく着衣のままでも股が強調されるような着衣なら、

裸体よりもずっと魅惑的な部分でありえることは、

男性視点ならではのことに違いない。

こちらもこの日はジーンズをはいていたが、下着やジーンズのなかで勢いよく射精してしまい、

その残り香が意外と強く、隠しようがなかった。

くしくも、この女性と下車する駅が同じだった。

女性は去っていくようにさっさと前方を歩いて行った。

女性の股を凝視しながらの射精は実はとても気持ちがよかった。

熟睡中に女性の体に触ったりはしなかったが、触らずとも見るだけで勃起するし、

射精にいたるのは初めてだった。

いいものを見させてもらったという思いだった。

着衣のままなら女性の股の生臭いにおいはしない。

ジーンズ特有のにおいだけのする女性のジーンズの股部分のにおいは、ずっと興奮するにちがいない。

そんなことを思いながら改札口へ歩いて行く途中で、

ついでに思い出していたことがあった。

見るだけで射精するのは知らなかったと、ある女王様が言っていた。

ただ、その女王様は見るだけで勃起するのは知っているとインタビューに応じていた。

勃起するのが分かっていてMな男性に刺激を加えているボンテージ姿のグラマラスな女王様の姿態に興奮した覚えがある。

刺激を加えられて喘いでいる男性の反応には興味はない。

女王様とセックスができる男性がいるとしたら、

その男性は至福だろうとさえ思っていた。

きっと膣内で射精するときもあまりの歓喜で発狂するんじゃないかと想像した。

そして、そのような男性がうらやましいとさえ思っていた。

ついでに言うと、その女王様は「結婚しない」と言っていた。

結婚よりもその道を極めるほうが好きなんだと言って男を振ったことがあるとまで言っていた。

かなりの美人なのにちょっともったいないなと思った。

女王様といつか結婚したいと思う男性にとっては、女王様と結婚できないことは、

死ぬより辛いことだろうとも思った。

もちろん、若いままの女王様とだけど。

でも、人間、中身を変えることほど、至難の業であることはない。

外見がどれほど美しくても、中身がその道を極めたいという中身では、

普通の男は付き合いきれないだろうなと、

そのとき思ったものだった。

人間の現実を垣間見た一瞬でもあった。

そして、女性とはいまだに縁がないが、このような形で性体験をすることは以後何度かあった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【友達】若かりし頃の車内での思い出【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月29日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ