相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】隣のおばさんPART8【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


水曜日おばさんからメールが「来て」8時を今日も回ってた。

おじさんが出かけた後すぐにだ。

俺は裏の勝手口からいつものように入っていく。

おばさんは俺を待っている、相変わらずTシャツに乳首が2個突き出している。

俺はおばさんを抱きしめてデープキスをする。おばさくんは俺の舌を吸う・・・・・。

俺はTシャツの下に手を入れて乳房を揉みしだく。俺は指の間に乳首を挟み強く挟む・・・。

乳首はたちまち勃起して堅くなっていく、俺はTシャツをまくりあげて乳首を口に含んで軽く噛む・・・・・。

おばさんは声を殺してもだえる、俺の手はおばさんのスカートの中に侵入する。

おばさんのあそこはもう洪水状態で、ヌルヌルして俺の指を吸いこむ・・・・。

俺はおばさんを床に寝かせスカートをめくりあげるとおばさんおあそこはピクピクしている。

俺はたまらずおばさんを口に含みビラビラを舌ですくい上げる、おばさんは腰を浮かせて俺の口におばさんを押し付ける。

俺は舌をおばさんに突き差し出し入れして、ピチャピチャ舐める・・・・・・。

おばさんは頭を振りながら行ってしまうった。眼は茫然とうつろになっている。

俺はズボンを下ろしおばんさんあてがい、腰を前に突き出しと、俺は深くおばさんに飲み込まれた・・・・。

俺は構わず深くおばさんを攻めたて出し入れを繰り返す。おばさんは頭を振りながら腰を大きく俺にぶつけてくる。




俺は動きを早くしながら精子を放出する準備に入る、おばさんお子宮が下がり俺の先を咥え込むのがわかる。

俺は大きく突き出しおばさんの子宮に精子を出した・・・・・・。「うぅぅぅ・・・・・」俺の先は思いきりおばささんの

子宮めがけ精子を出した。ドビュ・ドビュ・俺のカリはおばさんの子宮に咥えられながら最後を迎えた・・・。

俺はたまらず、おばさんの腰を両手で持ち上げ深く突っ込んだ・・・・・。「あぁ・・・・・・・」

おばさんはもう閉経なので妊娠する心配はない。

あおばさんのあそこからは俺の精子がこぼれ落ちてるのが見える・・・・・。

俺はこの日もおばさんを半日弄び楽しんだ。

おばさんは今度俺に自分の娘を交えて3pしたいらしい。

おばさんの娘もレスで欲求不満らしい。

俺はとまどいながら3pにのめりこんでいきそうです。

娘は28歳おれより4歳年上です。

おばさんが今度娘を交えて夫婦気どりをするみたいです。

また報告します。


告白体験談関連タグ

|||

【人妻・熟女】隣のおばさんPART8【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ