相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】美術室の秘密(3)【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


 沙織先輩が、ぼくのおち○ち○を手でしこしこします。

 こんな状況ですし、立ってしまいます。

 「ふふ、○○○君・・・」

 もう、恥ずかしくて。けど、気持ちいい。

 そしたら、沙織先輩、こんなこと言うんです。

 「○○○君、剥いていい?」

 えええ?、って感じです。

 「先輩・・・そんなこと、できるんですか?」

 「○○○君のって、なんか、剥けそうだから」

って。

 実際、剥けるかなって思ったましたけど、ちょっと怖い感じが

するんですよね(汗)。それで、剥かないままにしてました。

 「大丈夫ですか?」

って聞きましたけど。

 「心配しないで」




って。

 それで・・・

 沙織先輩がぼくのち○ち○を、ちょっとずつ剥き始めました。

 「痛くない?」

 「うん、大丈夫」

 ほんとはちょっときつい感じで。初めてだし。けど、ひどく

痛いわけじゃないので。

 !

 「ふふ、剥けたわ」

 ほんとでした。恥ずかしかったけど、ぼくのち○ち○が剥け

てました。恥ずかしいけど・・・

 「先輩」

って言いましたけど、そんな状況ですから・・・僕、勃起して

しまいました(恥)

 こういうのって、すごく恥ずかしいです。

 先輩の目の前で、はじめて剥けて・・・それもおち○ち○が

ビンビンになって・・・

 「恥ずかしいです・・・」

 「いいのよ、それが自然だから・・・」

 沙織先輩はそう言うと、ぼくのち○ち○を、パクってくわえ

ました。

 そんなこと初めてですから、ぼくはもうたまりません。

 それで、あっと言う間に、沙織先輩のお口の中に射精してし

まいました(恥)。

 「ん・・・」

と沙織先輩はちょっとむせるようでしたけど、僕が出した精液

を全部飲んでくれました。

 「○○○君、いっぱい出たね(笑)」

って、あとで言われましたけど。

 ぼくのおち○ち○は、ちょっとだけおさまりました。けど、

またすぐにおっきくなってしまって(照)。

 それで、沙織先輩の絵のモデルになって・・・。

 勃起してないといけないみたいですから(汗)。

 それで、ひととおりのデッサンをして。

 また、手とお口でしてもらいました。

 その日は、4回したと思います。

 本番はしませんでした。


告白体験談関連タグ

||||

【フェラチオ】美術室の秘密(3)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年9月30日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ