相互リンク先の更新情報!

【露出】ナチュラリストファミリー 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


10代の頃の話で文章が下手で申し訳ないがもしよかったら読んで欲しい。



オレは結構な地方の出身で周りは山ばかり。

田舎の中の田舎という感じのとこに生まれてから高校卒業まで住んでいた。



中学1年のときだったか、ある日親から仲良くしなさいよという事で二人の姉妹と出会った。

親に連れられて来ていた二人の姉妹は、歳でいうと姉は中学3年、妹は同じ中学1年。

お揃いのキャミワンピみたいなのを着ていたのが印象的で今でも覚えている。



4人家族のこのファミリーは少し変わっていた。

山奥に家があり、ほとんど自給自足みたいな生活をしていた。

オレの家からでも歩いて1時間くらいはかかる距離。

そこに山を一つ買って生活をしていた。



ログハウスみたいなところの周りに色々畑があり




家族全員で農作業したり料理をしたりしていた。

父親がイノシシを取ってきたのはすごくびっくりした事があったが。



何より変わっていたのがその姉妹は学校に行った事がないという事。

自然の中で自然に育てるという教育方針だったのか

歳は同じで籍も学校に合った様だが一度も見たことはなかった。



最近住み始めたのかと思ったら実は姉が生まれた頃に引っ越して来たという事で

15年にもなる事にびっくりした。

一度も会う機会がなかったとは・・・。



その姉妹もほとんどその山から出る事がなかったらしい。

遊ぶのはその山の中と決められていてそこから勝手に出ると怒られるそうだ。



俺の父親はむこうの父親となぜか仲が良さそうで(後でなぜかわかるのだが)

姉妹の教育方針の中で、家族以外の人とも絡んだ方がいいのかもしれないと思い

それで俺に白羽の矢がたったようである。

最初は変な家族だなと思っていたので半年くらいは全然。

よく遊ぶようになったのは中2からだった。



姉妹は二人とも160cmないくらいでスリムな感じ(野菜ばかりだから?)

目はクリクリとしててカワイイといえばカワイイのだが、

いかんせん浮世離れした生活をしてるので

日に焼けているしあまりオシャレに気を使う感じでもない。

服も全て母親の手作りらしいから徹底してるなぁと思った。



中2になったある日、その時姉妹の移動範囲は山か俺の家。

元々、田舎で途中も畑ばっかりだし、やるといっても鬼ごっこやかくれんぼくらいのもので

うちもビンボーでゲームとかなかったからそこにギャップを感じる事はなかった。

ただ、テレビの話題とかはさっぱりだったが・・・。



そのある日、姉妹から家にこない?といわれた。

遠いからと思っていたが親のプッシュもあり行くことに。

片道1時間はしんどかったのを覚えている。



獣道みたいな道をあがると山の中腹ぐらいが少し広場に。

そこにバンガローと畑がひろがっていた。

なんだか秘密の村みたいな、テレビとかであるような消えた村みたいな

そんな印象を持ったのをおぼえている。



驚いたのがほんとに自給自足。

文明機器といえば火をおこす為のライターとかオイルだったり

一応発電機もあったがほとんど使う事がないという。

なるべく自然と一緒に生きるという感じだという。



まぁでも本当に驚いたのはそこからだった。

姉妹の母親がご飯作ってるからお風呂が沸いたから入っていきなさいといわれて

えらいプッシュされてご馳走になる事にしたのだが、

お風呂がいわいるドラム缶みたいな五右衛門風呂?

さすがに田舎とはいえこれは珍しいのでおーと思ってると

姉妹がやってきて一緒に入るといいだした。



いやいやそれはちょっととモジモジしてると

姉妹にそういう恥はないのかいきなりワンピースを捲り上げる。

そのとき初めて知ったというか薄々気がついていたのだが

姉妹は下着をつけてなくていきなり全裸。

胸はあまりないがキレイに引き締まっていて

特に姉の方の体はもうしっかり大人の女だった。



当然年頃のオレは瞬間に勃起w

姉妹がに手を無理矢理ひかれて、わかったわかったと服を脱ぎだして入ることに。

小さい風呂に3人はきつくてかなり密着する感じで

オレはそのまましこってしまいたいぐらいの初めての衝撃。

いつもお父さんとこうやってはいるらしくドギマギしながらのお風呂だった。



そっからはもうチンポがゆるむ暇がないというか

お風呂出た後も姉妹は裸のまま。

特に両親も何か言うこともなくそのままご飯に。

むしろ両親もお風呂に出た後、素っ裸だった。

オレはパンツだけはかしてもらっていたが

ずっとテント状態。

我慢汁でベトベトなのがよくわかる。



結局我慢できずにトイレでぬいてしまった。

3〜4往復でどばっと。。。

最高に気持ちいいオナニーだったのを覚えている。



それ以来姉妹の裸をみたくて1時間の道のりも苦にせずに遊びにいくようになった。

姉妹は山ではいつも裸か下にタオルだけ巻いているようで

両親もそんな感じらしく

遊びにいくと最初から裸で迎えてくれるようになった。



遊んでお風呂、ご飯食べてオナニー、そんな感じで1年が過ぎていった。

むこうの両親と仲良くなった関係と俺も歳をとったこともあり

色々と話を聞かせてもらえる事が増えた。



そこからどうしてこんな生活をしているのかを色々と知ることになる。







出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||

【露出】ナチュラリストファミリー 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ