相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】あの頃に戻りたい改変(3) 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


おっぱいタイムの3番手は庄司だった。庄司は俺と交代して菜穂子の背後に密着するようにくっ付いた。

そして「菜穂子ちゃん、ごめんね」と言って

菜穂子の胸を下から上に持ち上げる様に力強く揉み込んだ。

痛かったのか、菜穂子から「あっ」という声が漏れ、苦痛に耐えるように目を固く閉じて美しい顔が歪められた。

菜穂子の声を聞いて庄司は「あ、ごめんね」と言ったが、特に揉むのを止めるわけでもなく自由に胸を揉みしだいていた。

庄司は菜穂子の体をまさぐりながら「まじで堪んないよ」と、最初は思わずもらしてしまった感じだったが

その後は「菜穂子ちゃん、堪らないよ」とか「ずっと好きだったんだよ」など言いながら

菜穂子の体を触りまくり、途中、首筋やほっぺたに口づけをしたりしながら、好き放題やってた。



友人の俺が贔屓目に見ても、かなり不細工で頭も良くない庄司が、

滅多に居ないような美少女の菜穂子を自由に弄んでいる姿を見ると何とも言えない思いが込み上げてきた。

俺は、少し菜穂子から目を背けようと隣の村松を見てみた。すると、なんと!

村松、食い入るように菜穂子の姿を見ながら、自分の股間を擦っているではないか!俺は、驚いて、声を漏らしてしまったため、

村松と目が合ってしまった。村松は、冷静な感じで「実際、堪らないよ、庄司じゃないけど、俺もこれしか言葉が出てこないよ」

と言いながら立ち上がった。




そして、村松は、まっすぐ菜穂子の正面に行き、菜穂子の顔を持ち上げるように上にあげて、突然、キスをした。

俺も驚いたが、庄司も驚いたようで「お前!何してんの!」と言ったが、村松は、菜穂子の唇を放さなかった。

菜穂子は、庄司に胸を揉まれていたので、ある意味、羽交い絞めされているような状態だったからか分からないが

村松を拒絶しなかった。村松が、まだ庄司の時間なのに菜穂子にキスをしていたので俺も菜穂子の傍へ行った。

キスしている村松を羨ましいとも思ったが、、俺はキスよりも、とにかく菜穂子の胸を拝んでみたいと思っていたので、

菜穂子の着ているニットの一番上のボタンに手を掛け外そうとした。しかし、一つだけ外したところで、菜穂子が村松を突き放し

「ちょっと待ってよ!」と叫んで暴れだした。俺は、まずい!と思って、慌てて菜穂子の服から手を離した。

調子に乗った俺に菜穂子が切れた、まずい、どうしようと俺はビビッてしまい、背中に変な汗が流れて生きた心地がしなかったが、

村松は、むかつくくらい冷静だった。



村松は若干強い口調で「分かった、じゃあ、もう耕一に戻って来て貰おう。

庄司、耕一に連絡してくれ。小島さんのおっぱいたっぷり揉ませてもらって、俺ら全員満足したから、もう戻って来ていいよと伝えてくれ」

と言った。それを聞いて、

菜穂子は慌てた様子で「それは、やめて!」と叫んで、「一緒に映画を見ただけってことにして」とすがるように言った。

村松は、菜穂子を見ながら

「俺ら全員に胸を揉ませて、俺にはキスまでさせてくれたからね。さすがに耕一に悪いよね。」

「俺だって、耕一が可哀想だから言いたくないけど、小島さんが約束を破るなら、仕方がない。」と言った。

俺は、約束って??そんなのしたっけ?と疑問に思ったが何も言わなかった。

菜穂子も”約束”という言葉には全く触れずに、

「部屋で普通に映画を見ただけだって耕ちゃんに言ってくれないと困る」「映画を見てただけってことにして!」

と言っただけだった。

村松は「了解、ただ映画を見てただけね」と言いながら菜穂子のニットのボタンに手を掛けた。

菜穂子の背後にくっ付いていた庄司も「絶対に言わないから大丈夫だよ」と猫なで声?というか、優しい感じに言ってから、

菜穂子の両手首を掴んで頭の上に上げさせた。

菜穂子は、少し身をよじって抵抗する素振りを見せたが、

村松が「絶対に映画を見てただけって言うよ、約束する」「小島さんが言う通りにすれば、今日のこと耕一にばれることは一生ないよ」

と言った。そして二つ目のボタンが外され、三つ目のボタンも外され、白いブラの上の方が少し見えた。

そして、4つ目のボタンにも手を掛けて、村松は「今日は、映画を見てただけだから。大丈夫だよ」と優しく言ってから

ボタンを外した。

すぐにニットのボタンは全て外され、村松がニットの前を大きく広げると、菜穂子のブラジャー姿が露になった。

肌が抜けるように白く、俺は、思わず「おおおぉ」と声を漏らしてしまった。

菜穂子は、ほぼ無抵抗でニットのボタンを全て外されたが、

村松が背中に手を回すと、「嫌っ」と体を少し捻る感じに抵抗した。

それでも、簡単にブラのホックは外され、菜穂子は「嫌、ちょっと待って!」と言葉では抵抗したが、

「映画を見てただけってことにしようよ」と念を押すように言われると、それ以上文句は言わなくなり、

両腕は庄司によって頭の上で押さえられているので、たいした抵抗はできず、

村松は、ほぼ無抵抗な菜穂子の顔を見ながら、「じゃあ、行くよ」と言って、ホックの外れたブラジャーを上方に思い切り捲くりあげた。

プルンっという感じに乳房が若干震えた感じに見えて、

ちょうど菜穂子の細い小指の先っぽ程の大きさの、きれいなピンク色をした乳首が俺らの目の前に現れた。

ついに!とうとう!夢にまで見た瞬間が訪れたのだ!!あの菜穂子が、、、、

生徒会副会長、選挙の結果は抜群で過去最高の得票数との噂だった中学時代ダントツ1番の人気女子、小島菜穂子が

俺の目の前で胸を丸出しにした瞬間だった。

16歳になったばかりの細みの体に違和感のない小振りな乳房、乳輪も乳首も小さく可愛らしかったが、

3人の男の前で胸を晒して、顔を耳まで真っ赤にさせて俯いている菜穂子は、とても可愛らしく、美しかった。

この後は、本当に至福の時間だった。何度と無く頭の中で想像していた妄想が、現実となった。

(つづく)



出典:2ちゃん

リンク:2ちゃん


告白体験談関連タグ

||

【寝取られ】あの頃に戻りたい改変(3) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ