相互リンク先の更新情報!

【手コキ】★M的男向けの画像特集 その1【告白体験談】

カテゴリー:手コキ告白体験談
tag:


投稿内容に思わず笑ってしまったという話は良く聞く話だ。

最近、久々に巷に出かけた時に若い世代の集団が話していたのを耳にして、どうもこのわたくし高○純の投稿についてヒマつぶしのネタにしていることがわかった。ならばということではないが、このわたくし自身の性癖を包み隠すことなくここに明かしてみようと思うに至った。明かして気付かれても誰もこのわたくし高○純の正体が誰であるのかが解るまいと思いつつ。

わたくしにも様々なフェチがある。すでに開拓されてしまったフェチには、①清楚な雰囲気の漂う制服姿の現役女子校生とか、②今は完全に廃止されてどこにもみられなくなった懐古的体操服ブルマ姿とか、③夏休み近くになってから学校の体育の授業で実施している水泳のときに男子が性的に挑発されてもお構いなしといってグラマラスな女子生徒らが着用しているハイレグ水着姿とか、④校内で階段を上がるときにひざ上20センチ以上の位置に丈のあるスカートの中から見えるチラリズムの世界とか、⑤美術という確固たる芸術でありながらヌードデッサンのモデル女性のグラマラスな裸体の姿から繰り広げられるなまめかしいポーズの数々とか、である。さらに開拓すれば他の分野のフェチにもなってしまいそうである。ここまでフェチが開拓されるとグラビア雑誌の18禁ヌード画像から得られる刺激は大したものではなくなってしまっていることに気付かされた。これまでに開拓されてきたフェチから受けた刺激がそれほどまでに強かったということでもある。かといって、18禁ヌード画像を公の場で見ることに恥の感覚がなくなったのかというと、そのようなことはない。やはり、公の場であけっぴろげにそのような画像を堂々と見ることは依然として当然のように恥を覚えるので、そのようなはしたない振る舞いをしたことは決してない。その一方で、極めて個人的な嗜好を見出してしまった。それを⑥として紹介するのがここでの主目的である。やはり官能小説よりも視覚的に訴えかけるものがよい。それゆえに今では18禁雑誌は購入後でないと開封できないように規制されたと聞き知り、ひと昔前は未成年であっても誰もが立ち読みができる状況であることが解かった。そのような社会的背景・時代的背景を知りつつ雑誌をみると、やはりペニスへの刺激にとって非常に強い性質をもっているためエロで性の頽廃が進むのを防ごうという大きな力が働いたのだと思った。エロがよくないと言われるのはこのためか、と、改めて思わされた。このように文化的要素を踏まえつつ自分が自分自身に健全な性教育を施すという時間を経ることが大人な男になるには不可欠なことなのだと深く感じたものの笑やはり性的刺激物が巷には沢山あるし、それらに心を奪われる機会のほうが圧倒的に多い。そうしたなかで得てしまったのが今回の主目的紹介の画像である。そしてこの投稿をしたのは201207261811であることをここに刻銘しておく。粘液で充たされた膣の中で容赦なく包み込まれた亀頭が必死になって快感を我慢している様子も伝わってくる。時には正面から抱き合わせ、時には騎乗位で、時には正上位で。そして最後に、自分のペニスに刺激を与えることを許されない被虐感を味あわさせられる快感も画像から伝わってくる。いすれもちんちんにダイレクトに訴えかけるものばかりで大変満足できるという評価のできる画像ばかりだ。そのような幸せになれる画像を発掘することができた。

すなわち、性生活をエンジョイするならばこういうシチュエーションを楽しめるセフレとお付き合いしたいと意外と大真面目に思っていることにも気付かされた。

http://board.sweetnote.com/:images/board/takeshi/d3d635c97840be968452929204ce7b2b?t=jpg

http://board.sweetnote.com/:images/board/takeshi/8dfd535be05afa1c6d776f2daa7c6457?t=jpg

http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/t/y/o/tyomoranma21/20120629151434cee.jpg


http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/t/y/o/tyomoranma21/20120629151442692.jpg


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【手コキ】★M的男向けの画像特集 その1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

このページの先頭へ