相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】少女【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


ある日、友達と遊んでいたんですが、

友達が用事だと言って帰ってしまい、

暇だから寄り道してかえってたんです。

夕方6時すぎに、ある公園の前を歩いていると、

少女に「ねぇ、一緒に遊んで。」

と言われました。

その時は断ったのですが、

ずっと後をついてきます。

仕方なく、『何したいの?』

と、聞いてみると、

「ゲームしたい」と言ってきたので

『するとこないよ』と言うと、

「お兄ちゃんの家でするの」と言われました。

その時、親もいなかったので、家に連れて行き、2人でゲームをしていました。

その子の名前は『さえ』。




7歳だと言うのですが、家はどこなのか言わず、7時になっていたので、『帰らないと、怖いよ』などと言っていましたが、「何にも怖くないよ」と強がっています。

『ワッ!!』っと脅かすと、さえは僕のベットに隠れてしまいました。

僕もベットに入り、そっとさえのマンコを触ってみたした。

さえは抵抗しないので、服を脱いでもらい、僕のチンコをしゃぶらせました。

すると、すごい勢いで吸い付いてきて、さえをベットに抑えつけ、思いきり腰を振りました。

さえの口の中で精液がドピュッと飛びました。

さえに飲み込まずに口を開けるように


告白体験談関連タグ

|

【フェラチオ】少女【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ