相互リンク先の更新情報!

【乱交・王様ゲーム】敬恵王女(32406の勝手に妄想) 【告白体験談】

カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談
tag:


王様 「王女敬恵は反逆罪により王族の地位を剥奪し奴婢とする!」

場内 「おおおお!」「ざわざわ」「誰に下げ渡されるのだろう」

王様 「この度の事変で一番手柄を挙げた金助平将軍!そなたに下賜する!」

場内 「おおお!」「羨ましいぜ」

助平 (あの王女様が俺の物になるのか)敬恵の美しい姿を思い出し生唾を飲み込む

大臣1(まあ、その前に我々でじっくりと味見をするがね)

大臣2(あの白絹のような肌を自由にできる日がくるとは)

重臣1(あの気の強い王女が玩具になるのか、生きてて良かった)

重臣2(王女に何度怒鳴られ恥をかかされたことか。たっぷり楽しませてもらおうか)



〜重臣会議室にて〜



細長い丸テーブルに大臣、重臣達が一堂に会していた



近習「王様のおな〜り〜」






王様、尊大に丸テーブルの一番上座に着く

王様一同を見回す

一同ニヤニヤと嫌らしい笑みを浮かべ、それぞれ顔を見合わせる

王様は軽く頷くと静に告げる



王様「敬恵をこれへ」



4人の男によって板に張り付けにされた王女が運ばれてくる

その板は、ゆっくりと丸テーブルの上に置かれた

一同、一瞬唖然とする

板の上には、薄絹の衣一枚だけ纏った美麗な王女がXの字に張り付けにされていた

その哀れなお姿に一同無言になって息を呑むが、

すぐに被虐的な感情が芽生えてきて、股間が膨らむ



裏切り者の重臣達をキッと睨みつける気の強い王女

しかし、四肢は無残に拘束され動かすことさえできない

そこへ忍び寄る王様の手

薄絹の帯は簡単に紐解かれ

王様の手は衣の合わせ目を掴み、そして、ゆっくりとめくっていく

王女は静かに目を閉じた

「ほぉぉ〜」一同からため息が漏れる

閉じられた王女の瞳から涙が一滴、白い頬をつたって流れ落ちた



剥きだしにされた王女の柔肌の上を王様の手がゆっくりと這い回る

「これはたまらん」

言うと同時に、丸いふくらみに向けて唇を寄せていく、軽く唇を開いて、

その頂点にある上品な赤い蕾を乳輪ごと「チュパ」っと音を立ててくわえ込む



大臣の一人は堪らず自分の股間に手を伸ばした





こんな感じ、需要があればちゃんと続ける



出典:敬恵王女(嫌韓の人は見ないで)

リンク:


告白体験談関連タグ

||||

【乱交・王様ゲーム】敬恵王女(32406の勝手に妄想) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月2日 | 告白体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの告白体験談

このページの先頭へ