相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】俺君とAさんとBちゃん3 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


657です。9日の貸し出し後にAさんとは間を空けていましたが29日に再度会いましたので報告します。

スレッドはざっと目を通していたのですが、

何か俺と他の方?とを誤解されている人がいるようです。

その方に迷惑にならないようお願いします。



間を空けたというのはAさんと嫁が会うのは3週間ぶりという事で、

俺とAさん自身はその間に2度ほど会って酒は飲んでた。



俺と嫁とは相変わらず仲良しです。Aさんの話をする事は殆ど無かったけど、

昔に比べると嫁が俺に甘えてくる比率が上がった気がしています。

俺より嫁はやや背が低いんだけどちょっとした時なんかに

伸び上がって抱きついてきたりする事が多くなった。



今回、間を空けたのはAさんの予定や俺の予定が合わなかったのと

9日の貸し出しが俺、嫁共に少し刺激が強すぎたから。




色々と考える時間が必要な感じだった。



Aさんもその事は判っていてくれているようで

逆にメールも少し間を空けようかとか気を使ってくれて、時間を使ってくれて、

俺が何を望んでいるのかって言うのを又最初からAさんと色々と話すことが出来た。



話した結果、結局やり方としては貸し出しからは一度戻って、

又最初のやり方がいいんじゃないかっていう話になった。

9日にあった事も色々と話したんだけれど、今の俺としてはAさんとの会話の中で

嫁がAさんに俺とのSEXの事を話したりしている事をもっと聞きたいし、突き詰めたいっていう欲求が強い。

Aさんがこういう事をする人達に共通しているのは相手を凄く愛している事と

相手の事をもっと、もしかすると相手本人よりもよく知りたい位に

そういう気持ちが強いって言っていたんだけれどそれを聞いて凄く納得した。

俺もそういう気持ち。



ただ今回のGWで今までと一つ違う事をしようとはAさんに話していて、

それはどんな形でもAさんと嫁の絡みを実際に見たいって事だった。

方法については色々話した。

ビデオカメラで撮るとか、デジカメで撮るとかそういう事についてもお互い意見を交わしたけど

隠れてビデオを撮るのはリスクが高いと思ったし、

デジカメで撮るのも例え俺が見るだけだとしても嫁は絶対に嫌がる。

話した結果、最初の時に考えていた事と同じ、途中で俺が部屋に戻る、

でも今までと違って2時間後とかじゃなくAさんと打ち合わせた時間に急に戻るって形にした。

元々本当の最初もその予定だったけど直前にやっぱり部屋に戻るのはよそうってなったのを実行に移すことにした。

Aさんは色々と案を出してくれた後に9日の事もあるし、

Aさんが嫁にフェラチオをさせてる時に俺が戻って見るのが俺の衝撃度は低いんじゃないかって事で

俺が戻っても嫁の反応を見ながらそのまま続けられるようなら続けて

この後、次の時は俺がいる部屋で最初からフェラチオをさせるとか

そういう風に徐々に進めるのがいいと思うっていうのがAさんの意見だった。



29日にAさんと会う事に嫁は少し最初は渋るというか、躊躇する感じだった。

でもGW初日っていう事と、次の30日は嫁の好きな映画を見に行く事もあったのと、

今回は前回のようにAさんと二人じゃないって事もあっていいよっていう事になった。



因みに嫁は俺に告げずにAさんとメールをしてたりしてる。

内容はAさんに見せてもらっていて他愛もないごく普通の事だけど一日一回くらいの頻度で。

29日に会うっていうのは25日に決めたんだけど

26日にはAさんが「29日にまた会えるの楽しみだね。」っていうようなメールを送って、

嫁も「なんかちょっと変だけど、私も少し楽しみにしてます」

っていうような返信をしたようだった。



29日はGW初日でAさんが部屋を一部屋しか予約出来なかったの以外は前々回と大体一緒で、

7時頃から3人で食事をしてお酒を飲んで、それから9時頃に部屋に行った。

嫁にはマッサージっていう言い訳が必要だから、勿論3人とも判ってるんだけど

Aさんが笑いながら「マッサージしようか。」って言って

嫁が俺の反応を見ながら

「えーっと、じゃあ・・・俺君、いいの?」

みたいな事を言って、俺が頷くと「じゃあ、・・・お願いします」

って言うようにAさんに答えて、俺はその後すぐに部屋を出た。

その時に嫁とAさんには2時間後位に戻るって言ったけど、

Aさんとは俺が出て行って30分後に戻るっていう約束をしていた。



俺はロビーに戻って、30分間待ったんだけれど、やっぱり今までとは緊張感の種類が違った。

最初の時も貸し出しの時も酷く緊張はしたけど

今まではある意味俺は裏に回ってた感じがあって、でも今回は言い訳が聞かない。

Aさんも俺が入って来た時の嫁の態度は判らないと言っていて、

うまくやるつもりだけど予想以上に取り乱すとかそういう事があればすぐに止めて帰るようにするっていう話はしておいた。



はっきり言って貸し出しの時より緊張感は強かった。

あの時みたいに携帯を見ながら苛々するっていう訳じゃなくて、

ロビーでコーヒーを頼んで時計見ながら待つっていうような感じだったけど、

どっちかというと考えすぎちゃう今までより、

緊張感としては就職面接前とかそういう緊張感に近い感じだった。

俺自身今までそれを声でしか聞いてないのを直接見るって言うことと、

嫁がそういう事を俺に初めて見られるっていうのにどういう反応をするのかって言うことと、

後は本当にそれを見る現場に行くって言うこと。

俺にとっても嫁にとっても初めてのことだから今までとある意味全然違って凄く緊張した。



実は今回については俺も真剣に流れによって嫁に責められるかもしれないとも思ったし、

そうなったらその強さによってはその時はAさんとの関係は終わりにしようとも思ってた。

俺とAさんとしては半年近くかそれ以上、嫁とAさんとは2ヶ月ちょっとの

何て形容したらいいかわからないけど友人関係的なこの付き合いを

終わらせることになるかもしれないっていうのも結構プレッシャーだった。

Aさんとはそういう意味だけじゃなくて友達になってたから。



勿論プレッシャーだけじゃなくてその日にまたちょっと先に進められるかもしれない事に

ワクワクっていうと変だけど期待感もあった。

上手く伝わらないけど俺が望むようなAさんと話した感じに近づくような期待感と

緊張とがない交ぜのような感じで、今までは部屋の中で何が起こっているのか、

それから嫁がどうされているかっていうような事がずっと気になっているのが、

29日は今から行くことによってどうなるのかっていう方に頭が一杯になってた。



30分たって緊張感を解す為にわざとゆっくり立ち上がって、

普通は置いておく飲み終わったコーヒーカップをわざわざロビーの人に渡しにいったりしてから部屋に戻った。

エレベーター降りて、部屋の前までやっぱり凄く緊張していた。

ドアに手を当てた所でようやく嫁が今ドアの向こうで

実際にAさんにフェラチオしてるかもしれないって事を考えて凄く興奮。

その時にハッていきなり鮮明にこれからAさんと嫁を見るんだって思った。

やっぱりイッパイイッパイだったんだと思う。

あれ、今向こうで嫁が・・・って勿論心の中で判っていたけれど実感としてその時に初めて感じた。



鍵を開けてドアを開けた直後かな、「ああんっ!」って感じの嫁の喘ぎ声。

部屋の中は暗かったけどそれ聞いていきなり頭がガンってなった。

一気に喉が渇いて心臓がキューっとなって呼吸が苦しくなる感じ。

暗い部屋の中から聞こえる他人の声って、あまり聞いた事が無かったけど

イメージとしては凄く響いてエコーが掛かる感じで聞こえてくる。

修学旅行とかの夜中の会話なんかを思い出した。部屋中に響いてる感じ。

電話越しとは違ってまず聞こえる声が大きい、

そして何よりも足を踏み入れればすぐそこにいる感じ。

30分前までは部屋の中で談笑してたAさんと嫁が暗い部屋の中にいるっていう事も

部屋の外から入るのと、電話で聞くのとじゃ全然違った。

ドアからはベッドは見えないんだけど嫁の喘ぎ声が聞こえた。廊下に誰かいたら気がつく位の声だった。



ドア開けてすぐ大体の状況は判った。

嫁の声でAさんと嫁が明らかにフェラチオ中じゃないのは判った。

急に心臓がバクバクした。

そのときの俺は予定がずれたのか、何か予想外の事が起きたのか判らなくてちょっと混乱した。

今考えるとそれももしかするとAさんの雰囲気作りだったんだと思うけど。

少なくともフェラチオ中じゃなかったからマッサージから前戯の最中かもしれないとか

早く来すぎたかもとか一瞬のうちに色々考えた。



で、俺が部屋に入ってドアをバタンって閉めた時、

一瞬後に嫁の「えっ!?この部屋?」って声と

Aさんの「あれ、○戻ってきたかな」っていう落ち着いた声。

嫁が「ええっちょっと・・・えっ!」

ってかなりびっくりした声。

それがあまりに絶句してる感じで俺のほうが緊張が解けて笑いそうになったくらい。

別に嫁を馬鹿にしたわけじゃなくて何か緊張感の中の笑いみたいな感じになっちゃったんだよね。

でもその次、嫁の喘ぎ声ですぐに気持ちが戻った。

部屋の向こうで「やだ、ねえAさん抜いてっ!」

って嫁の押し殺したような声。

「もう遅いよBちゃん隠して隠して」ってAさんの余裕のある声。



直前に前戯の最中かもしれないとか考えてたから嫁の抜いてっていう声でドキッとした。

抜いてっていうか、抜いてぇって感じの語尾がちょっと掠れる声で

明らかに入れられて動かされてる最中の声のように聞こえた。



そのまま暗い部屋の中のベッドの方に入って行った。

Aさんと嫁に直面した時の衝撃は凄かった。多分書いても判らない。

ちょっと想像して欲しい位。

ベッドの上に騎乗位から嫁が後ろに倒れてAさんが上半身を持ち上げたような、

お互いがベッドに後ろ手を突いて上半身を持ち上げた感じの格好でAさんと嫁がいた。

勿論二人とも裸。嫁の服は床に散らばってた。

Aさんと嫁の下半身にシーツが掛かっていたから判らなかったけど

騎乗位と正常位の中間の対面座位みたいな体勢だった。

で、ベッドの上の嫁と思いっきり目が合った。

て、嫁は俺を見てから一生懸命シーツを引っ張って繋がってる所から顔までを隠そうとしてる。

Aさんは片手で嫁を落ち着かせるように嫁の肩位までの髪をかきあげるみたいにして顔を触ってた。



不思議な事に俺の視線は嫁じゃなくてAさんの方に行った。

Aさんの裸自体を見るのは初めてだったからかもしれないけど

背が俺より高いのは判ってたけど思ったよりガタイが良いなあとか、

やや毛深いなあとかそんな事を思った。



で、嫁の

「なんで、え、俺君なんで?え、なんで、なんで?」

って声の後、Aさんがゆっくり前後に腰を動かすようにした。

その動きに合わせて明らかにAさんと繋がった感じで嫁の上半身が揺れて

嫁が歯を食いしばって俯いた後、「Aさんだめっ!」って声。

でも明らかに喘ぎ声交じり。

何より嫁の顔が融けてた。顔真っ赤でエロ顔。

いつもは猫目っていうかちょっと強気な顔つきなんだけど完全にエロい顔になってる。

嫁は背が低いのと痩せ気味だからか、Aさんが嫁の全身を軽々と動かせる感じで、

そういう体勢なのに腰を動かした瞬間も嫁はなんだかAさんに組み敷かれてるって感じだった。



多分その嫁の反応でAさんが大丈夫って判断したんだと思う。

嫁の顎の先端を持って嫁の顔を自分のほうに向けて、でAさん自身は俺の方見て

「なあ○、Bちゃんに腰使わせちゃっていいよな。」

っていきなり言ってきた。



俺はぼうっとしてたけど

「いいよ。」って掠れた声で答えた。

前もそうだけどAさんと嫁の絡みの時の間に声を掛けられるっていうこの時は、

どうしても喉がカラカラになって声は掠れちゃう。



嫁はシーツで下半身から自分の胸までを隠すようにしてた。

で、俺が「いいよ。」って言った後、Aさんが嫁に

「ほら、Bちゃんさっきみたいに腰使わなきゃ。」

って感じで命令する。しかもSモードの有無を言わさない感じで。



で、嫁が「無理無理無理無理、なんで、なんでえ?」って言ってる。



ここから後は不思議な感じだった。

Aさんが場をリードする感じなんだけどAさんは俺に声を掛けるけど嫁にも言うって感じ。

嫁の「無理無理」は、半分顔を俺に向けて言ってるんだけど嫁の顎を掴んで嫁の顔をAさんに向けさせてから

「無理じゃないだろ、さっきまで出来てただろ?」

って低い声で言う。

それからAさんが俺に「○、俺Bちゃん責めちゃっていい?」って

いかにも大学の友達っぽい冗談っぽい感じで言う。



嫁がそれに「無理駄目、やだぁっ!」って答えると

俺が答える前にAさんが「無理じゃねえよ。」って嫁の方向いて言う。

で、シーツの下でぐっと嫁の腰を掴むと嫁が焦ったようにAさんの顔を見るような感じ。

なんかAさんが嫁に俺と会話をさせないように雰囲気を作っているように感じた。

この後もそうだったんだけどAさんが会話の中心となってAさんと嫁、Aさんと俺って感じに壁を作って

嫁が俺に何かを言おうとしたり顔色をみようとするとわざと会話を中断するように喋る。

だから嫁は俺に訴えてるつもりなのかもしれないけどいつのまにかAさんにそれを言ってる事になってる。

俺は完全な第3者じゃないんだけれどいつのまにかAさんと嫁、Aさんと俺で、

俺からすると俺とSEXをしているAさんが話しているような錯覚した感じだった。



そういう風に話した後、Aさんが本格的に嫁に対してSモードの会話になった。

嫁がシーツを引き上げながら「無理、ねえ、無理だよ。」って言うと

「このシーツ剥いじゃうよ?」

「無理無理無理無理、絶対駄目!」

「じゃあBちゃんが動く?俺が動く?」

「ああ、もう、無理だよ、駄目だよぉ・・・」

って感じ。この辺からもう嫁は俺にじゃなくてAさんに訴えるようになってた。

俺の方を見はするんだけどAさんが反応するから自然とそっちに行くみたいな感じ。



兎に角嫁は俺にやってる所を見られるのが凄く恥ずかしいらしくて

Aさんがシーツを剥がすっていうと抵抗する。

それだけじゃなくてAさんが「入ってる」とかそういう風に言うのにも反論するんだけど

顔がエロ顔だから説得力は無い。



そのうちAさんが対面座位のままはっきりと前後に腰を動かしながら

「シーツ外そうぜ。」

「駄目!駄目え!」

「もっと動いていい?こっち見ろよBちゃん。」

「駄目っ!あっ!あっ!」

みたいにして見詰め合いながらゆっくりAさんが前後に腰を動かしてる感じ。



リアルだった。Aさんの声とか携帯越しとは全然違う。勿論AVなんかとも全然違う。

マッサージの時もそうだけど視線だけじゃなくて空気とか匂いとか、

全く他に物音のしない室内でAさんと嫁の吐息だけが聞こえてくる感じだとか。



嫁は身体を揺さぶられながら狼狽してる感じで、

俯いたり言われる度にAさんの顔を見上げたり落ち着き無く顔を動かしてるんだけど

明らかに喘ぎ声は抑え目だった。



それからAさんが身体を前後に動かしながらこっち見た。

Aさんも興奮してやや顔が紅潮してる感じ。

「〇、今日俺、マッサージして無いんだよ。」

「そうなの?」

「Bちゃんめっちゃ濡れててすぐ俺に入れてって言うから」

「違うでしょ!バカ!なんで!違うでしょ!」

「ホントに?」

「違う!・・・」

嫁は俯いて首振ってAさんの胸叩いてる。で、Aさんが笑う。

「ホントに?」は俺。

違うって言った嫁にAさんが畳み掛けるみたいにして身体を前後させながら

「じゃあどうやったの?」

「あっ・・・浴衣に着替えようとしたらっ!・・・もう、Aさん動いちゃ駄目!」

「したら?」

「・・・入れて、きたんじゃないですか・・・」

「ずっとBちゃんに入れっぱなし。」Aさんが首向けてきて俺に言う。

「あー嘘!それ嘘ぉ。」

ここら辺嫁はAさんにはやや敬語、俺にはいつも通りの話し方なので

きっと嘘。嘘ぉは俺に言ってるんだけどそれも会話的にはAさんが拾う感じ。

嫁の顎掴んで

「嘘じゃないよな。な。」



そこからが今迄で一番衝撃を受けた。

Aさんが連続で1秒間隔くらいで腰をズン、ズンってゆっくり突くみたいな感じで前後させて

嫁がその度に同じ動きで揺れて、俯きながら声を堪える感じに歯を喰いしばるみたいにして

その間は無言だった。

シーンとした中で、シーツの擦れる音と、Aさんが突いた時に嫁が声をクッて喉鳴らすみたいな音をして

俯きを深くする感じ。

5回から10回くらい。



「な。」ってAさんがもう一回言った時に嫁が目を瞑ってコクコクって明らかな仕草で2回頷いた。

で、嫁がそうした瞬間にAさんが嫁の背中に手を回して抱えるように持ち上げてキス。

思いっきり舌を入れたキス。

頭ぶん殴られた感じだった。

二人とも口を開いたキスでAさんが舌を使ってるのが判って

嫁がキスで口塞がれながら「あーー」ってくぐもった声を出すのが判った。



で、最初嫁の手はAさんに回ってて最初は抱えられてた感じだったんだけど、

暫くしてから嫁が自分で首の角度を変えたのが判った。

不思議だけどその仕草がそれまでで一番嫉妬した。

Aさんが膝の上に嫁を乗せる感じで、下から跳ねるというか捏ねるように腰を動かして、

そうすると上半身ぴったりくっつけてキスしながら嫁が「あっ!あっ!」って喘ぐ。



俺だけじゃなくてきっと嫁も、部屋の雰囲気とか一発で持って行かれた感じ。

嫁の感じ方も変ってた。

Aさんが嫁の胸揉みながら

「嘘じゃないよな。」ってもう一回言って、

嫁がAさんの首に手を廻してぶら下がるみたいにして下からAさんの顔見つめながら

「・・・嘘じゃない・・・」

「さっきからずっと入れられてたよな。」

「・・・入れられてた。」

「じゃあちゃんと言わなきゃ駄目だろ?」

「だって・・・」

「〇に知られるのが恥ずかしかったの?」

嫁がこくこく、と頷く。

「ちゃんと言えよ。判った?」

そこで嫁が俺の方を見て、Aさんが嫁の髪を掴んでちょっと俺が心配になる位の乱暴さで顔を戻させた。

「そっち見なくていいから。判った?」

「・・・判った。」



Aは相変わらず下からもこもこ尻を上下させながら嫁の尻のあたりを抱えて腕の力で嫁の腰も前後に動かしてた。

嫁は背が低いから、それこそ腰を動かされてる腕の動きのタイミングとかもAさんに完全に好きなようにされてて

好き勝手に揺さぶられてるその光景を俺は備付の椅子に座って

Aさんと嫁からすると斜め前位の位置から見てたんだけど本当にエロかった。

嫁は上半身ちょっと引いて、Aさんの首に手を巻いて腰前後に動かされる度に喘いでる。

その喘ぎ声もさっきまでの我慢してた感じじゃなくて一応まだ歯は喰いしばるみたいにしてたけど

明らかにかなり感じてる声。

Aさんは嫁が俯いたりする度に片手で嫁の顔を持ち上げてAさんの顔を見るようにさせてた。

それ見ながらAさんと前に飲んでた時、

「女にもよるけどマゾっぽい子は別にイジめるとか滅茶苦茶突くとかじゃなくて、

自分以外の力で自分の腰を強引に動かされちゃうってだけでも女にとってはかなり恥ずかしいから充分感じるよ。」

って言ってたのを思い出した。

まさにそんな感じだった。わざとAさんは前後のタイミングを明らかにずらしながら

手で嫁の腰を動かしてそれもわざと誇示するように手に力を入れて1秒で前後、

次はゆっくり2秒で前後みたいにしていて

その度に嫁がAさんの顔を見つめながら顔真っ赤にしてる。



俺は凄く嫉妬してたけど、そうしてる嫁はかなり可愛かった。



書くとすぐだけどこの時点で

「〇、今日俺、マッサージして無いんだよ。」

ってAが言ってから5分以上は経ってると思う。

で、そうやってかなり嫁が感じてる感じになってから

Aさんが今度は腰動かしながら俺に聞こえるように

「Bちゃんの中気持ちいいよ。9日の時もずっと入れてあげたもんな。」

って始めた。嫁が

「・・・っ・・・やだぁ」

みたいに言っても止めない。で、意地悪な感じで

「〇から聞いたよ。9日は1回だけSEXしたって言ったんだって?」

って言ってから嫁の腰を捏ねくるみたいに激しくぐいぐい前後させる。



ちょっと芝居がかってる位だけど嫁には効いたみたいだった。

俺にも効いたけど。

嫁が「あっ!」って高い声を上げた後のちょっと俯いて、

Aさんの胸におでこを当てる感じで

口を開けて本気の感じた声でAさんの腕の動きにあわせて「ああっ!あっ!」

って声を上げた。

俺もやられた。

なんだろう。周りとか意識して無い嫁の本当の本気の声。

いく直前とか本当に盛り上がってる時に嫁が時々やる声。

俺とやるときは正常位で奥まで突いてもうすぐって時に出す声。



そこでAさんが腕の動きを止めて

「なんで〇に嘘ついたんだよ。」

「・・・嘘じゃ、あっあんっあっ!」

「駄目だろB。」

Aさんが叱るように言って嫁真っ赤。息もはあはあ言ってる。

「ちゃんと言ってみな。何回やった?」

「・・・わかんない、覚えてないです・・・っあっあぁっ!」

暫く嫁の腰動かしてからまたAさんが嫁を抱えながらキス。



不思議だけどキスが一番嫉妬するのが判った。

Aさんはキスするときに嫁の胸を揉み上げるみたいにしたりするんだけど

その度に首筋まで真っ赤にした嫁の喉が動いて、

Aさんに吸われた舌を動かしてるのが判った。



「何回やったっけ?」

「・・・なんで?なんで?・・・」

「シーツ全部取っちゃおうか。取っちゃうよ。」

「あっあん駄目・・・」

雰囲気もそうだけどAさんは押し引きが上手いなあと思った。

これも今考えると結局それが一番恥ずかしいのかって感じだけど場の雰囲気で引き出すのが上手い。

結局Aさんの俺と一緒に順番に言ってみようかっていう言葉に頷いて

「まずホテル着いてからだろ?」

「んっ!ホテル着いてから・・・」

「飯も後だったんだよな・・・」

「・・・」

都合が悪いところは黙る嫁。嫁的にはかなり俺を気にしてる感じがありありと見えた。

でもかなりもう感じてたからだと思う。

「大丈夫だよ。〇は怒らないから。本当の事言った方がいいから。」

ってAの言葉にあっさり陥落してそこからは

「2回目は?」

「2回目した・・・」

「夜もしたよな。」

「夜もした・・・」

「途中で起きてしたよな・・・」

「した・・・」

って感じでどんどん認めていった。

「4回?」

「・・・Aさんいったのは、4回・・・」

覚えてるじゃないかという感じ。

ずっとAさんの顔を見ながら喋るように言われてたから言えたのかもしれない。



嫁はこの告白でまた更にぐんにゃりした感じになって

そうやって嫁が俺を意識せずに感じてたからだと思う。

その後もAさんの嫁イジメは結構徹底してた。

そうやって言葉でいじめた後はあまり喋らずに身体をいじめる感じ。

嫁に自分で腰を振るように言って、嫁はかなり躊躇した後に自分で腰を振った。



そうすると嫁が腰振ってる間はAさん喋らないの。

嫁がAさんの肩に手を当てて腰振りはじめてしかもAさんが喋らないと嫁は結構いやらしく腰を振った。

Aさんの腹と嫁の腰に掛かってるシーツも斜め前の俺からは隠れてるけど実際は後ろの方は殆ど外れてるから

脇から嫁の尻の動きは見えてて、脚を投げ出してる毛深いAさんの脚の上で嫁の腰が自分で動かしてるのが見える。

Aさんは喋らないから、嫁のはっはっはっていう息と合間の喘ぎ声だけが聞こえた。

それだけじゃなく、嫁は途中でやり辛かったらしくAさんに「横になって」

って言って、寝転がったAさんの胸に手を当てて俯きながらバウンドするみたいに本気の騎乗位を始めた。

「っあっ!あっ!あんっ!あんっ!!」

って感じの声。

部屋の全員無言で嫁の喘ぎ声だけ。

嫁も恥ずかしさ忘れてあえてスポーツライクに腰を振って俺の事を無視するって感じだったけど

でも俺の事は念頭にあったんだと思う。



暫くして途中で息荒げながら「ねえ、俺君。」って声掛けてきた。

「何?」かなり声は掠れてた。

「どうしよ。ねえ、どうしよ。」その間もガンガン腰振りながら。

「どうした?」

言い辛そうに

「・・・俺君、部屋の外出ようよ」

それ聞いた瞬間、Aさんが残ってAさんの腹に掛かってたシーツを取って横に投げた。

嫁があぁっともはあっともつかない溜息みたいなの吐いて腰の動きストップ。

でも最初みたいな抵抗じゃない。

二人とも完全にベッドの上で全裸の状態。

そこで初めてAさんのが嫁に入ってるのがはっきり見えた。



嫁の下半身がぴったりAさんの腰にくっ付いてる。

下の毛がぴったり濡れてAさんのにくっ付いてるのがエロかった。

嫁がAさんの胸に手を付いて息を荒げて俯いたまま動きを止めてる状態。

なんだろ。嫁がAさんに体重を預けてるってだけで嫉妬する感じだった。



嫁は「はあっ・・・見ちゃ駄目・・・」

みたいに言うんだけど声が弱い。

だから「ほら、動かせ。」

ってAの声でまた緩やかに腰振り開始。

「見ちゃ駄目、見ちゃ駄目ぇ」

って繰り返してる。

暫くして無言でAさんが嫁をひっくり返して正常位になった。

その時一瞬抜けたんだけど初めてAさんのモノを見た。

ゴムが嫁の本気ので白くテカテカに濡れてた。

人のだからかもしれないけどでかく見えた。

正常位で入れた瞬間、もう判ったんだと思う。

嫁が慌てて枕掴んで目だけ隠した。

「俺君見ちゃ駄目、あっ駄目、外、お願い、外、」

って言った直後ぎゅうって枕押し付けながら。

「あっ駄目、駄目!駄目!!」



その時点で、多分嫁がいったんだけどAさんがそこからピストン開始。

「あっあっ!!駄目、あっ!!ああっ!!」

って感じで嫁が身を捩って高い声を上げて押しのけようとするのを

嫁の脚持ってガンガン突いて。

凄く濡れてるんだと思う。Aさんが腰を突く度にぐしゅ、ぐしゅって濡れた音が出て

嫁が「あっ!あっ!!」って本気声。

そのうち「あっいくっ!あっいくうっ!」って感じ。

前の俺の見てる前でのマッサージの時とは違って

甘えきった感じで最後に

「あっいく、駄目っいくいくいくっ!」

って言った瞬間、明らかに腰をAさんに叩き付けられる上に持ち上げてた。



ちょっとびっくりしたのはその後。

嫁がいった後、Aさんが抜いた。

で、まだイって無い状態でゴム外して荒い息吐いてる嫁の横にいってフェラ。

嫁はそうされて、迎えるみたいにAさんのを咥えてた。



Aさんはベッドの上に胡坐かくみたいにして座って、

嫁がようやく息を整えながら顔を埋めるみたいにして

顔を上下させ始めた途端、嫁の顔を上げさせて立ち上がった。



で、無言のまま風呂場に。

嫁は荒い息を吐きながらうつ伏せだったけど俺はどうしたんだろうって感じ。

で、Aさんはシャワーをざっと浴びた後にズボン履いて身支度整えて

「じゃあ又、Bちゃんも又な。」

って言って本当にあっという間に帰っていった。



GW中はその後挨拶の簡単なメールだけで

まだはっきりとしたメールはして無くて真意は聞いていないけど

前にAさんが「俺がBちゃんでいくところを見るのはちょっとショックかもしれないからどうしようか。」

みたいな事を言ってたからその事かもしれない。

ただメールでBちゃん中心で考えたので俺は中途半端だったけど楽しかったです。

とあったから多分気を使ってくれていたのだと思う。



その後の嫁とのSEXは燃えたし、嫉妬が凄かった。

俺も脱いで横たわってる嫁の所に行ってフェラさせたんだけど

当たり前だけどAさんがちらつく。

嫁に入れると嫁は出来上がってるから入れた瞬間から下から凄い腰振ってきて俺にしがみ付く。



嫉妬とない交ぜの感情。

俺がいくって言った時に

「イって!ねえ、お願いイって!!」

って言われたのもAさんをオーバーラップさせてるんじゃないかと嫉妬しながらイった。



その日はその後ももう一回やって次の日の映画も遅刻寸前までホテルにいた。

嫁には「最初から途中で来るつもりだったんでしょ。」

等々かなり恨み言は言われたけど、何気にGW中は毎日SEXしてる感じ。



初めて嫁が入れられてるのを見たっていう意味で

ドキドキは未だ収まってないし、今までより嫉妬が深い。

今は感慨深いんだけど後悔もあり、ドキドキもありっていう感情。



次どう進めていくかはまだ判らないけど、嫁もある意味ふっきれた感じで

嘘ついてごめんね、恥ずかしかったの。と言われたりして

嫁も状況そのものを受け入れてる感じです。



このスレで完全貸し出しは危険とも言われましたし

完全貸し出しのようなものは当分は考えないつもりですが、

Aさんとは今後も連絡する予定なのでまた何かあったら報告します。



出典:■復活板■妻・彼女を他の男に抱かせて

リンク:2ch


告白体験談関連タグ

|||||||||

【寝取られ】俺君とAさんとBちゃん3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ