相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】キッチンの小窓【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


昔、大学生のときに新聞配達のアルバイトをしていた夏の日のこと。

いつもと同じく早朝に配達していたら、アパートのキッチンの小窓が少し開いていて中からあの声が聞こえた。

まだ時間に余裕があったし、早朝で人も通らず植え込みとかで死角に入っていたのでそーっと覗いてみた。

高校生か自分と同じ大学生くらいの男女がエッチの真っ最中で、薄明かりだったけどモロミエだった。

その後も何度かこの2人のエッチを目撃した。

あるとき、集金も頼まれてこの家にも集金に行くことになった。

例の高校生くらいの女性が出てきた。

近くで見たがかわいかった。

「新聞の集金です」というと部屋の中に向かって「おかあさん、集金!」

50前後のおばさんが出てきて集金を済ませた。

家族ですんでいたんだとわかった。

後から、営業所で聞いたら母子家庭だそうで。

夏休みなどはこの新聞店にもお兄さんがアルバイトにくるとのこと。

女の子は今年高校にあがったばかり、お兄さんは高校生とのことだった。

お母さんは夜から朝にかけて仕事をしているとのこと




だから夜は兄妹しかいない。。。

俺の見たのは兄妹の行為に及んでいる姿だったんだと思うとどきどきした。

その後も何度か見かけたが、おせっかいかもしれないが紙に書いて新聞受けに入れた

「キッチンの小窓は閉めとけ。秘密がばれるよ」って。。。

それ以来、キッチンの小窓が開くことは無かった。

その後、その兄貴と冬休みや春休みに同じ営業所で顔を合わせたり話をしたりした。

もちろん、そんなことを見たとは言わないが・・・

あのかわいい妹さんのよがる姿が見れないのは残念。

今なら携帯で録画できたのになとおもうが、もう5年以上も前の話。

信じられないけど本当にあったHな話です。


告白体験談関連タグ

||||

【近親相姦】キッチンの小窓【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月6日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ