相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】友達の叔母さんが・・・3【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


あれから1週間たった頃、友達3人で帰っていてあのハンター小屋に近づいた時、先輩の2人出てきて

 「相変わらず、あいつには勝てないよな」と会話が聞こえたので、俺はもしやと思いまた、ハンター小屋に

 覗きに行ってみると、あの先輩が1人で4人の叔母さんとヤッテいた。俺はそれを見て「あっ」と気付いたが

 遅かった。友達の2人のうち1人の叔母さんがいたからだ。俺は「帰ろうぜ」と言ったが、友達の1人が「あれ見てみろよ」

 「お前の叔母さんじゃないのか?」と言うともう1人の友達が「そんなわけない・・・いや・・お袋だよ」と

 本人に気付かれてしまった。

 俺はどうすることもなく、気付いたら友達は1人で先に帰ってしまった。それは当り前のことだが・・・

 俺ともう1人の友達は「先輩すげぇなあ」と言いながら最後まで見ていました。俺は前回の事を友達に全部話しました。

 友達は 「確かに、人妻ハンターとか、ハンター小屋とか噂に聞いたことがあるけど、噂は本当だったんだな」

 俺も「まさかとは思ったけど、びっくりしたよ」と話していると、先輩と叔母さん達のある会話を聞いて俺達2人は

 耳を疑った。

 それは前回と同様に、次のターゲットの叔母さん4人の名前を聞いた時に4人の中に俺と友達の叔母さんの名前を聞いて

 俺と友達は一瞬「えっマジ?」と信じられなかった。2人でどうしよう?と話したが先輩達は悪の5人だし、こっちは

 2人でどうしようもなかった。叔母さん達は「いいよ!大丈夫だよ。あの2人F君なら簡単にヤレると思うわ」

 「だって、こんなにカリ太で、激しくて、回数もすごいんだから」「今のうちにいろんな奥さん喰っちゃいなさいよ」




 「なんならあと別に何人かつれてこようか?」すると先輩は「わかった。よろしく頼むよ。」

 「この借りはちゃんと体で返すからよ」と交渉成立したようだ。

 で・・俺と友達はとりあえず明日から毎日部活をさぼって、デジカメを持ってハンター小屋を見張ることにした。

 2日後、ハンター小屋では、友達の叔母ちゃんが1人で5人を相手に6Pをしていた。

 どうやら叔母さんはF先輩達にハマったみたいで・・・もう脱け出せなくなったみたいだ。

 それから、3日後ついに来てはいけない日が来てしまった。


告白体験談関連タグ

||||||

【人妻・熟女】友達の叔母さんが・・・3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月6日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ