相互リンク先の更新情報!

【友達】裕美【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


中学生の時に読んだSM雑誌の衝撃裕美 さん

裕美といいます。hiheelさん、はじめまして!

現在、短大を卒業してある資格試験を勉強中の21才です。

メールを送ることに少し躊躇したのですが166番のボイヤーさんへのhiheelさんのコメントを何回も読み直して勇気を出してみました。

自分の恥ずかしいことを見られてしまう。

例えば、スカートを覗かれる、お風呂場を覗かれる、トイレでおしっこやうんちをしている所や生理用品の処置をしている所を覗かれる、部屋でオナニーしている所を覗かれる、SEXしているところを覗かれる。

さらに一歩進んで、自分の恥ずかしいことを見せてしまう、または見られても仕様が無い状況に自ら持って行ってしまう。

露出なんかがそうですよね。

こういうことにすごく興味があります。

直接のきっかけは中学生の時に偶然拾ってしまった数冊のSM雑誌ですが、もっと以前からモヤモヤしたものがあった気もします。

とにかく初めて読んだSM雑誌は衝撃的でした。

女性が身体の自由を奪われて、恥ずかしい事や痛いことを一杯されて、それでも感じてしまう・・・。

さらにびっくりしたのは大事な所におちんちん以外の野菜やバイブなど異物を挿入されることです。。

そして最大の衝撃は浣腸されて、うんちを出す所を見られてしまうということでした。

そしてお尻の穴を拡張されてアナルセックス。




お尻でSEXできるんなんて、ビックリしました。

勉強やクラブ活動なんて手がつかず、しばらくオナニーとか変なことばかりしていました。

話はとびますが、現在の私には時々会ってもらえる40才のFさんという方がいます。

会ったきっかけは余り話したく無いんですけどテレクラのSM回線です。

今回は彼との3回目の調教の事を告白します。

夕方に待ち合わせして、買い物に行ったデパートや食事に行った天ぷら屋さんで露出プレイをして、ホテルに向って歩いているうちに私はお腹が痛くなってきたのです。

部屋に入った時には、かなり限界ですぐトイレに行かせてもらいました。

脂汗が出るくらい便意は高まっているのに、出てくれないのです。

なかなかトイレから出て来ない私にFさんがドアを開けて覗き込んで

「なんだ、うんこしてるのか?どうせするなら私にも見えるように風呂場に来なさい。」

ご命令は絶対です。

が、しばらくいきんでみましたが駄目なのです。

とにかくお尻を拭いてトイレから出ました。

部屋に戻るとハダカになるように命じられ、お風呂場に連れて行かれました。

お風呂場は鏡張りでした。

私は何ヶ所かにしゃがまされ、Fさんは位置決めをされます。

Fさんからよく見えるように、そして私にもよく見えるように。

決めた場所に私をうんこ座りさせてFさんは

「よし出せ!」

と言って、わたしのお尻を覗き込みます。

そんな状態ではいくら私でも出るものも出ません。

それに考えてみれば、1週間近く便秘していたのです。

でも便意は一層高まって来ます。

深呼吸してから「う~ん」と思い切りいきんでみます。

Fさんは

「すごいぞ。肛門が富士山みたいに盛り上がって、うんこが少し顔出してきたぞ。」

いきみ終わって息を吸うとFさんは

「あ、あっ、顔出してたうんこが吸い込まれていく。」

何回か繰り返します。

そのうちFさんが

「これは凄いからお前も見ろ!」

と手鏡を持って来て、私にも自分の肛門を見るように命じます。

確かに「う~ん」といきむと私の肛門が盛り上がり、少しうんちが顔を出します

が、いきみ切れなくて息を吸うと肛門はしぼみ、うんちが吸い込まれて行きます。

それにさっきトイレで出し切ったはずのおしっこがチョロチョロ出ては会陰部を伝わって、肛門のあたりにたまってから滴となって垂れていきます。

Fさん「裕美、何かおまんこ開いてきてるけど、感じてるのか?濡れてキラキラ光ってきたけど、おしっことは違うみたいだけど」

Fさんは少し飽きてきたのか、私の乳首やクリトリスを弄り始めます。

でも、私は必死です。

本当にお腹が痛いのですから。

そのうちFさんも少し心配してくれて

「何か短く息するといいと聞いたぞ。赤ちゃん産む時は短く息吸っていきんどいて、ここぞという時に思い切り息吸っていきむって。」

確かに短い呼吸で、少しづついきんでいくと、息を吸う時にうんちが引っ込まなくなって少しづつ出て来ます。

股間を写す鏡には盛り上がった肛門から凄く太い硬そうなうんちが5センチくらい顔を出し、正面の鏡には真っ赤になってきばっている私の顔、じっとりと脂汗をかいて光り、乳首を固く尖らせた私のおっぱい、濡れて光って開ききったお○んこの後ろにしっぽのように顔を出すうんちが写っています。

余りの恥ずかしい姿に「うっ」と息を飲んで肛門から力が抜けてしまう私。

覗き込んでたFさんが

「今や、頑張れ!」

思い切り息を吸い込んでいきみました。

肛門がメリメリと裂けちゃうかという痛みがありました。

Fさんが

「やった、出た!」

と大昂奮します。

あとはいきみもしないのに開ききった肛門から次から次からとうんちが出てきます。

それにすごい臭気が周りに漂います。

私のうんちは段々と柔らかく細くなっていき、後半は下痢状態で、最後は水みたいに弾け飛びます。

弾けたうんちがFさんの顔や手にかかっているのにそんな事も気にならないのか、必死で私のお尻を覗き込んでいます。

普段は水で流しながらするのでわからなかったけど、凄い量のうんちです。

全てを出し切った虚脱感と恥ずかしさの余り動けないでいる私のお尻をFさんは優しく拭いてくれました。

Fさん「ちょっと血が出てるね。」

脚がしびれてうまく立てない私にうんちを指さしながら、

「この最初の太くて固いのが栓してたんだね。その後が普通のうんこ。最後が裕美のお腹を痛くしてた悪いうんこだね。」

二人でシャワーを浴びて、うんちの後始末はFさんも手伝ってくれました。

その後、ベッドで何回もいかされながら、しばらくFさんとは別れられないなと思ってしまいました。

(管理人より)

裕美さん、勇気を出してお便りくださってありがとう。

性的にまだまだ未熟で好奇心旺盛な中学生の頃に偶然拾って読まれたSM雑誌の衝撃、その時の裕美さんの気持ちは私にもよく理解できます。

私も中学3年生の時に同級生であった医者の息子からSM雑誌を借りて初めて読んだ時の衝撃をよく覚えています。

女性に浣腸して、強制的に目の前で排便させる・・・。

こんな世界があるのだろうか、あっていいのだろうか、こんなことを掲載している本があっていいのだろうか?

ただ、これまで自分の中でもやもやしていたエッチな想いと方向性がぴったりあうような世界を知り、私は一気にそちらの方向へ傾き、以後SM雑誌をこっそり買ったりしてひとりオナニーにいそしんでいた記憶があります。(笑)

そのころに私のエッチな思いの方向性はほぼ決まったと言ってもいいでしょう。

裕美さんのその後はよくわかりませんが、今は自らテレクラに電話されて、そして現在のFさんと出会った。

そして、SMプレイを楽しんでいらっしゃるのですね。

Fさんが羨ましい限りです。

私自身は恥ずかしながらテレクラ経験はないのです。

テレクラの好きな友人からいろいろと話は聞いたことがありますが・・・。

そして、実際に普通の女性の方がそういうところに電話して、エッチな関係が構築されてしまう現代に驚きを禁じえない思いは今でもあります。

そういう世界にもっと早くから踏み込んでいれば、あるいは私がこんなHPを作ることもなかったのかもしれません。

私は裕美さんがテレクラに電話をしてしまう決断をするまでには、何かいろいろとひとりでエッチに悩んでいた時期もあったのではないかと推測しています。

そして、人知れず露出めいたことを体験されていはしないでしょうか?

例えば、自分自身の裸や局部の露出、野外での放尿、排便、わざとトイレで覗かれに公衆便所で用を足すなど・・・。

もし、そんな体験をお持ちでしたら、私は裕美さんからそんな時のお話を是非伺ってみたい気がしています。

「エッチな想いの原型は思春期に形成される?」by当小部屋管理人 Mr.hiheel



226  深夜の全裸散歩裕美 さん

名前: 裕美

性別: 女性

年令: 22

メッセージ: 裕美です。hiheelさん、ごぶさたです。

レスの悪い私ですが、これからもお願いします。

今回はSM雑誌を偶然拾い読みしてしまい、衝撃を受けた後のことを少し告白します。

まず、自分を女性として強く意識するようになりました。

また見られるというこも意識するようになりました。

服装や下着やおしゃれにお金をかけ、気を使うようになりました。

制服のスカートは短くつめ、ブラウスのボタンは一つ多く外しました。

パステルカラーの下着が増えました。

髪を伸ばし、露出の大きい大人びた私服を着るようになりました。

お化粧の真似事も始めました。

そしてオナニーのやり方が変わりました。

それまでは、クリトリスをパンティーの上からなんとなく触って気持ちいいというぐらいだったのです。

まず、自分のアソコを鏡に写して見てみました。

じーっと見ながらエッチな想像をしているとそれだけで濡れてきてクリちゃんがじーんと熱くなってきます。

固くなったクリちゃんを指で直接弄りました。

身体が痙攣するような快感がありました。

オナニーで初めて本当にいったのです。

オナニーが癖になりました。

家族が留守の時にハダカになって姿見に自分の裸身を写しながらオナニーしました。

するともっと気持ち良くなれたのです。

どうしたらもっと気持ち良くなれるか?

そればっかり考え、実行していく日々が続きました。

あそこにソーセージを入れてみました。

それ自体気持ちよくなかったのですが、自分の身体に異物が挿入されている感じが快感を高めました。

そして、その姿を鏡に写すともっと気持ち良くなれたのです。

家のビデオであそこを写しながら、ソーセージを入れてオナニーしました。

そして、そのオナニービデオを見ながらオナニーするともっと気持ち良くなれたのです。

わざと感じる声を出すともっと感じることが出来ました。

おま○ことかおちんちんとかいやらしい事を言うともっともっと感じることが出来ました。

どんどんエスカレートしていきました。

そしてとうとうあそこだけでなくアナルにまでソーセージを入れたのです。

その快感はすごいものがありました。

多分、肉体的というよりは精神的なものにより性感を感じるようになっていたのだと思います。

こんな私が次に興味を持ったのは野外露出でした。

最初は学校や塾の帰りで遅くなった時に人通りのない暗がりでスカートを捲くりあげたりしてドキドキしていたのですが、そのうち駅のトイレでパンティも脱いで帰るようになりました。

ノーパンで本屋に寄ったりしましたが、もう恥ずかしくて緊張して立ち読みどころではありませんでした。

感じていっぱい濡らしていたのです。

そんなある日の夜2時頃、体操服を干したままだったので取り込みに外に出ました。

星がきれいでした。

だから家の周りを少し歩いてみました。

誰もいない静かな世界でした。

スエットの上下を着ていたのですが、無性に脱ぎたくなりました。

路駐の車の陰に隠れて、全部脱いでしまいました。

靴下もサンダルも脱いで素っ裸で道路に立ったのです。

足の裏がヒンヤリして、すごい開放感がありました。

服一式を車の下に隠して、私は道路を駆け出していたのです。

誰もいない道路です。

時々遠くで車の音がするとあわてて路駐の車の陰や玄関のくぼみに隠れました。

たぶん2、3分だったのでしょうが、誰もいない道路を素っ裸で歩いたり、走ったりしました。

部屋に帰った私は昂奮してしばらく眠れませんでした。

だからオナニーして寝ました。

実はこれが癖になってしまったのです。

夜中に家を抜け出し、ハダカで散歩するようになったのです。

距離が延びていき、たまにバイクや車とすれ違うことがありましたが、むこうはライトを点けていて、音がするので、こちらが先に気付き、うまく看板や車に隠れてやり過ごすことができ、それがまた自信となって距離が延びていったのです。

車の陰でおしっこをしたり、道路に寝そべってオナニーをしたりしていました。

だけどそれでは満足できなくなったのです。

ハダカを誰かに見て欲しくなったのです。

家からすこし離れた所に国道があります。

そこまでスエットを着たままで行ってみました。

さすがに夜中でもトラックやタクシーなどがすごいスピードで走っていきます。

そこで私はたまに走ってくるトラックやタクシーに向けてスエットをめくっておっぱいやおしりを見せました。

たまにクラクションを鳴らされたり、スピードを少し落とす車もいるのですが、みんな通り過ぎていきます。

自信が出てきたのと昂奮してきたのとで、私は全部脱いで電柱の陰に隠れました。

車が来ると道沿いに立つのです。

クラクションを鳴らされる回数が増えました。

でも止まろうとする車はいませんでした。

昂奮してきた私は道端に立ったまま、車の方に腰を突き出して、脚を広げてオナニーを始めたのです。

あそこはビチャビチャで感じまくり、何度もいきました。

その時、一台の車が急停車したのです。

私はスエットをつかんで一目散に小道に逃げ出しました。

そして酒屋さんの倉庫の裏に隠れたのです。

震えて隠れていると若い男性の数人の声がしました。

「ハダカの女いたよな~!」

とか言って私を探しているのです。

震えてしまってスエットを着ることもできず、ハダカのままでじっと隠れていました。

そのうち、クラクションを大きく2回程鳴らして彼らは行ってしまいました。

恐怖でしばらく動けなかった私ですが、なんとかスエットを着て家へ帰りました。

実はこれにも懲りず、家の周りではハダカの散歩は続けていたのですが、とうとうお母さんに夜いないのがばれてしまって終わりになりました。

「気分転換に缶コーヒー飲んで星を見てたの。」

とうまくごまかすことは出来ました。

(管理人より)

裕美さんからの二度目の告白です。

なんだかとてもスピード感のある文章のような気がしました。

裕美さんがSM雑誌を偶然拾ってからの心の内面の変化していく様子を垣間見ることができて大変興味深いです。

エッチなことに興味が拡大し、ひとり密やかな行為に没頭していく女性心理、私の大好きな女性心理の変化の過程、とても素敵だと思います。

内面的な行為である自慰行為のエスカレートからやがて外面的な露出行動へと心理と行為は傾いて行く・・・。

自然な流れだと思います。

裕美さんのオナニーがエスカレートしていく様子は、女性のエッチな心理を映し出していて興味深いし、またその心理もよく理解できる気がしています。

でも、当時裕美さんがバージンであったのかどうかまではわかりませんが(多分バージンだったのではないかと思えるのですが)、その年齢でアソコにソーセージを入れてしまうというのも凄いし、アナルにまで入れてしまったというのもまた凄いなと思いました。

より強い刺激を求めてよりエスカレートしたオナニーへ・・・、妖しい性の魔力に抗えない人間達。。。

私もやはりその性の持つ魅力的な魔力に勝てないひとりなのです。

刹那的快楽とは知りつつも、どうしてもそこから離れることのできない性への好奇心。

その方向性は人それぞれ違ってもそのルーツは同じようなもの。

そして裕美さんは偶然からまた一歩、性の深淵へと呑み込まれて行く・・・。

深夜の洗濯物の取り込みときれいな星空、偶然のシチュエーションからの初めての露出行為へ・・・。

裕美さんの大胆とも思われる行為は、ひとつの行為の成功からまた段々とエスカレートしていく。

裸での散歩から歩道橋での露出行為、そしてその成功からより大胆な道ばたでの露出、そしてオナニーへと・・・。

そこまでよくクラクションを鳴らされる程度で済んでいたものだと不思議に思います。

そして、とうとう一台の車が急停車することに・・・。

降りて来たのは若者グループ。

非常に危険なシチュエーションでしたね。

深夜トラックの運ちゃんなどはひとり又は仮眠中の同僚とのふたり程度。

急ぐ仕事もあり、

「おっ、あんな所に女が裸で立っている!」

と一瞬ぎょっとしてもなかなか停車するまでには至らなかったのでしょう。

きっと後で同僚なんかに

「昨日、女が裸で道ばたに立っていたぜ。露出狂かなぁ。止まって誘ってやれば一発やれたかもな。惜しいことしたかなぁ。よし、今度見つけた時は車停めて一発かましてやるかー。」

なんて話してるかもね。(笑)

しかし、暇を持て余した若者グループなんかはそうはいきませんよね。

何しろ退屈で、

「なんかいいことないかな、いい女ひっかけて一発ホテルにでもしけこみたいよな」

なんて調子で深夜走っている場合がほとんどですからね。(笑:実感こもってるかも?)

そんな若者グループの目の前にいきなり若い女の子が裸で出現でもしようものなら、そりゃ大変な騒ぎですよ。

腹をすかせた馬の前ににんじんをぶら下げるようなもの。。。

渡りに船とばかりにハダカの女の子を血眼になって探すでしょう!

裕美さん、ホントに見つからなくてよかったですよね。

万が一、見つかっていたら・・・、後は推して知るべし。

若者グループに輪姦されてる確率はすごく高いと言えるでしょう。

女性の露出行為は、いつだって危険が伴います。

みなさんも露出行為を実践?される場合はくれぐれも慎重にね!

幸か不幸か、裕美さんの場合は、お母さんに見つかって深夜の裸散歩はジエンドとなったようですが、それはそれでよかったのかも。

そういう外圧でもなければなかなか自分の意志では歯止めがかからないことも事実です。

本当にひどい目に遭うまで、裕美さんの裸散歩は続けられていたかもしれませんからね。

でも、お母さんにはロマンチックな?いい言い訳ができてよかったです。(笑)

自分の娘が夜中に家を抜け出して、道ばたで全裸露出をしていたなんて知ったら卒倒ものですよ。(笑)

裕美さんの今回の告白はまだその序章に過ぎないのでしょう。

裕美さんのその後のエッチな行為の告白をお待ちしています。

ひとりエッチの好きな女性が大好きな当小部屋管理人 Mr.hiheel


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【友達】裕美【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ