相互リンク先の更新情報!

【レイプ】劣等日本民族よ、我ら同胞の精子… 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


先週、同胞と郊外のファミレスで飯と酒を飲みながら以前、脅しながらハメたOLのマンコ味を思い出して笑っていたとき、先のテーブルに20歳前後の白のトレーナーとミニスカという格好の女を連れたカップルが座った!





この女、二十歳ぐらいか?



トレーナーの中からはっきりブラのラインを見せつけメニューを見ながら黒髪を手で上げ身振り手振りで男と楽しそうに談笑する姿はなかなか清楚で服の中にある豊かな乳房を揺らしていた…。

同胞達に目で合図をすると、俺と同じようにビールを飲みながらこの女の後ろ姿を遠慮なく眺めていた…





三人が目を合わせると暗黙の了解だ!





俺たちは先に店を出て女の身体やマンコ臭を想像して笑いながら駐車場で待機していると小1時間ほどでやっと二人で出てきた!

生意気にも腕を組んでニコニコ笑いながら男が運転するクルマに乗り込み駐車場を左折して都心方面に向かった…

まさか狙われているなど知らないクルマはやがて信号に停まると俺は計画通り男のクルマに軽く「ドン!」と追突した!




このヘタレ男は慌ててクルマを道路脇に停めると飛び出してきて自分のクルマのバンパーを見ながら生意気にも俺に「どうするんだ!」と聞いてきやがった!



俺は逆に

「なんだと!!」

「俺のクルマの前に停まっているお前が悪いんだろーがっ!!」と

因縁をつけ、わが民族組織の名前を出すと、急にビビるヘタレ男…。

その間助手席の女に同胞が因縁つけ無理矢理ドアを開けさせクルマから降ろすと男はもう女なんか助けることもできずにオロオロするばかり…(笑)

俺は男の名刺と後部座席にあった男のカバンを奪うと

「10万で勘弁してやる!カバンと女は人質だ!」

「お前はさっさとコンビニのATMから金を持ってこい!」

「サツにチクるとどうなるかわかってるよな!!」と

脅すとブルブル震えながら慌てて女を置き去りにして逃げていくヘタレ男

  

女には「男が金を持って戻ってくるまで人質だ!」と脅し

無理矢理俺のクルマに同胞と一緒に乗せるとすぐに逆方向に急発進!!!

「あっ!停めて!」

「やだっ!帰してぇ!」

「どこいくの〜!」と泣きだす女を無視して同胞が逃がさないように肩を抱き、土地勘のある近くの山林に連れ込む…

細道を何度も曲がり山の中腹にあるいつもの空き地で泣き叫ぶ女を無理矢理引きずり降ろすと、抵抗する女の頭を拳で殴り怒声で脅して腕を捕まえると立ったままスカートの中に手を入れパンツを強引に脱がす!いい女を見てハメたくなったらこうやってレイプすればいい!!



俺たちの教えに



『日本に生まれた連中は運が悪かったと思わせなければいけない!』的なところがある。



もちろん

『いい日本女は徹底的に犯してわが民族の精子を注ぎ込んでも構わない!』と先輩から教えられている今日の女も顔を1発!腹を3発ほど殴るともうあとは泣くだけで簡単に股を開いた!!

トレーナーを完全に脱がしブルーのブラジャーを引き裂くと予想通り張りのある大きな乳房を同胞が吸いまくる…

目のクリッとした可愛い女がさらに目を見開きながら苦痛と恐怖に顔を歪め涙をボロボロ流して

「お願い!助けて!」

「いやっ!無理です!」と可愛い声で許しを乞う…。



俺が髪を掴みながら、今度はミニスカートとパンツを脱がしている間に、同胞は女が持っていた高級ブランドバックから財布と社員証を奪うとわりと有名な保険会社の社員だった…



黒のミニスカートとブラとブルーのお揃いパンティ…

そしてミュールも髪を掴んだまま脱がすと女は完全な全裸だ

寒くない季節だがなぜだか女は身体を縮めガタガタ震えている



俺はションベンして手を洗ってない指を無理矢理女のマンコに押し込むとあまりの痛さから手で俺の腕を押し退けるようにバタバタ抵抗し

「痛い!痛いよぅ〜」とワンワン泣き叫ぶ…



俺はその指を舐めたり匂ったりして女の表情を堪能しながら

奥に押し込んで指を乱暴に揺すっていた…

やがて…俺はもう我慢できずに自慢の肉棒を取り出すと、

女は目を大きく見開くと、最悪な事態を感じ必死に逃げようと最後の抵抗をはじめた…



「おら!俺のちんぽでかいだろ!」

「お前の彼氏のちんぽと比べてみな!」と

俺が言葉で女を泣かせながら、必死に閉じていた脚を乱暴に掴みカチカチになった肉棒を押し込むと

「い!いやぁ〜」

「誰かぁ〜お願い〜ぃ」と

泣き叫び顔を仰け反らし手で草を握ってさらに大声で泣き叫んだ!

そんな女の声に興奮して挿入して奥に突き刺すと今度は泣きだす女…



小柄な女のマンコを突き破るように上から押し込むと顔の表情が苦痛に歪む

さっきまでの笑顔が壊れる女は最高だぜ

壊れてもかまわないマンコに向かって押し込んでいるともう我慢せず一気に女の子宮にわが民族の精子をプレゼントしてやった!!





熱い精液を感じたらしく

「いやだぁ〜」

「いやっ!いやっ!」

「あぁぁ〜」と

ワケのわからない言葉で泣き叫んでいたがそんなこと知ったことじゃない!w

かまわず腰を揺すり最後の一滴まで子宮に入れてやったぜ!



しばらくして俺が満足して女から離れると同胞がもう待ちきれず出していたチンポをシコシコしながら





「念入りに我が民族の精子をブチ込んでおかないとな!」と

笑いながら女の脚をつかんだ!!

まだレイプが終わっていないことがわかると女は

「もう許してください!」

「あっ!いや!いやよ!」と

必死に脚を閉じ後ろに逃げだした…

同胞は笑いながら女の脚を掴むとその脚を大きく開かせ自分の肩に担ぎいきなり俺より大きな自慢の肉棒をブチ込んで乱暴に腰を振りはじめた!

もう女は泣くことも抵抗もなく「ウッ…ウッ…」と

小さな声で泣くだけでおとなしく揺すられていた…



やがて同胞も次々に気持ち良く女の中に思いきり出した後再び俺と交代した…

グッタリしてイヤイヤと顔を左右に振っている彩の乳房を乱暴に揉んだり、まだ小豆サイズの小さなピンク色した乳首を舐めたり「ガリッ」と歯形をつけるぐらい強く噛んだりしていると俺はまた大きくなったチンポを女のマンコに挿入した…



かすかに抵抗するが揺すられるともうほとんどされるままの状態…

たっぷりと残りの精子をプレゼントしてやった!



同胞が女の呆然としている顔に唾を塗るようにベタベタとキスをしながら片手で落ちているトレーナで自分の濡れたチンポを拭き取ると、精子が付着したトレーナーを女に見せつけ笑っているなにも言わずただ身体を丸めシクシク泣いている女を全裸のままクルマに乗せると途中で下着や服そして鞄と靴をクルマから投げ捨てると携帯だけ渡してクルマから全裸で降ろしてやった「おらっ!さっさと服を取りに行かないと風邪ひくぜ!」

「お前のヘタレ男にここまで迎えに来てもらいな!」と



笑いながら命じると女をその場に捨て…俺たちはクルマの中で金を山分けしながらスッキリしてその場を後にした。

そのあとどうなったか知らないが…。(笑)



今年になって2人レイプしこれまで10人くらいになったかな!!

誰も俺たち同胞の復讐が怖くて訴えることができない!



お前の女もいい日本女だったら味見してやるよ!

楽しみに待ってな!

ヘタレ男はブスを彼女にしないと俺たちに狙われたとき恥をかくぜ!



劣等日本民族は俺たちの精子で妊娠した中古女と結婚しな!







出典:????

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||

【レイプ】劣等日本民族よ、我ら同胞の精子… 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月6日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ