相互リンク先の更新情報!

【姉】罰ゲームでウンコ座り 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


姉が高2、俺が中1の時の話。

姉は少し引っ込み思案だけど、頭が良くて誰にでも優しい、みんなに自慢出来る人だ。



そんな姉に、罰ゲームを賭けた桃鉄勝負に勝った俺。

俺が姉に指定した罰ゲームとは、



『俺の目の前でウンコ座り1分間』

『途中でやめたら追加罰ゲーム』



だった。



姉さんは恥ずかしがりながらも、足を肩幅に広げる。

そして、和式トイレにしゃがみこむような感じで腰を落とし、ウンコ座りをしてくれた。

そんな姉を、前から後ろから舐めるように眺めまわす俺。

制服姿だったため、開いた脚の間からは白い下着が丸見えだった。




「わー、パンツ見えてるー、恥ずかしー」

容赦ない言葉を浴びせる俺。

姉の顔が、どんどん赤く染まっていった。



調子に乗った俺は姉の耳元に、ゆっくりと顔を近づけて囁いた。

「チョロチョロチョロ…」

トイレでオシッコをしてる気にさせる、高等戦術だ。

案の定姉の顔は、一層真っ赤にゆであがった。

慌てたふためき、姉は俺に抗議してきたが。

「えー、何で?チョロチョロって言ってるだけじゃん?」

俺はしれっ、とした顔で言ってやる。

「それとも、何か変なこと考えたの?やらしー」

「うくっ…」

俺の言葉に姉は目を泳がせると、顔を反らした。

どうやら図星だったらしい。

「チョロチョロチョロ…」

沈黙した姉の耳元で、再び俺はささやく。

姉はうつむき、じっと耐えていた。

「恥ずかしい…」

消え入りそうなつぶやきは、確かに俺の耳に届いた。



そんなこんなで残り10秒となった。

そして俺は、ここで最後の切り札を繰り出す。

姉の背後に回り込むと、弱点の脇腹に手を伸ばし…。

「コチョコチョコチョ!」

くすぐった。

「きゃあっ!」

脇腹をくすぐられた瞬間、姉の体はビクッと震える。

「やめて…」

姉は俺のくすぐり攻撃に体を小刻みに震わせ、身を捩って耐えようとしたが。

「ひひひっ…ごめんなさい!もう駄目ー!」

ギブアップ宣言とともにウンコ座りを崩し、姉はカーペットの上をのたうち回った。

終了を目前にして、姉の我慢は水の泡となってしまったのだった。



その後俺は追加罰ゲームとして、姉に好物だったケーキを焼いてと頼んだ。

「もう、しょうがないなぁ」

姉は嫌な顔ひとつしないで、笑顔で快く応じてくれた。

その笑顔は、俺の罪悪感を刺激した。

反省した俺は、美味しいケーキを食べながら姉に謝罪した。

「別にいいよ、桃鉄に負けたのは私だもんね」

そして悪戯っぽく言う。

「でも、絶対クラスの子にやっちゃダメだよ?変態さんになっちゃうからね」



本当に優しい、優しすぎるほどに優しい姉だ。

それにしても、よくもこんな恥ずかしい事を姉にさせられたもんだと思う。

つくづく、子供とは残酷な生き物だ。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||

【姉】罰ゲームでウンコ座り 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月7日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ