相互リンク先の更新情報!

【小中学生】七星のピンチに立ち向かう 1【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


僕が中2の時の話です。

僕は童顔だったので、そのとき結構もてていました。女子も、どんどん告白してきました。

でも、全てフリました。なぜなら、僕には好きな女子がいたからです。その名前は七星です。

七星はとても可愛くて、小さかったです。胸もw

僕と七星は、まあまあ仲が良かったですが、交際までは発展しませんでした。

ある日のこと、僕が居残りをしていると、七星がやってきました。

「鮫島、居残り?」、「ああ。どうかした?」

「うん、実は・・・」 

そう言って七星は話し始めました。

「実は山田のことなんだけど・・・」

山田はクラスでもとても嫌われていた女子です。

「山田、めっちゃうざいの!もう、どうにかして!!」

七星が話していると、七星の親友の、唯がきました。

「あっ、山田の話?私も混ぜてよ。」

「山田最低なんだよ。昨日なんてね、七星の・・・」




「あっ、唯!やめてよ!」

「実はね、山田、昨日、七星のブラを外したの。」

「えっ!」

「七星は泣いてて、やめてって言ったんだけど、やめなっくて、しかも胸まで揉み出したんだよ!さらにはあそこも・・・」

「唯、もうやめて・・・」

七星は泣き出しました。

「ごめんね。」

と言い、唯は部活に行きました。

「大丈夫?」

と僕は七星に言いました。 が、そのとき、僕のあそこはビンビンでした。

僕は我慢できず、トイレに駆け込みました。

そして、七星をオカズに、抜いていました。

すると、トイレに女子のものと思われるパンツが投げ込まれました。

僕が外に出ると、山田の友達の宮本がいました。

「さっきの話、私、ずっと聞いてたよ。」

「だから、山田にチクった。」

「山田怒ってさ、七星のパンツ脱がして、今、虐めてる。んで、それがそのパンツ。」

そう言うと、宮本は去っていきました。

僕は七星のパンツのにおいを嗅ぎました。

おしっこの臭い、洗剤のにおい、そして、七星のにおい・・・

僕はその場で射精しました。

が、そんなことしている場合じゃないと気づき、急いで教室に戻りました。

すると、七星は全裸にされて、山田にアソコを舐められて、喘いでいました・・・(続く)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【小中学生】七星のピンチに立ち向かう 1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月7日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ