相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】従姉の妹に…【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


Aには、妹(仮にBとする)がいる。つまり、Bも僕のいとこ。年が13だったと思う。ちょっとした膨らみが胸にある程度。

Aとやった翌日にAと共にリビングに降りていった時(その日はまだやっていない)、親は誰もおらず、Bが炬燵で仰向けで寝ていた。するとAが何を思ったかいきなり、僕に「Bってどう思う?」と聞いてきた。「可愛いし、好き」と言うと、「じゃ、おとついと昨日にした事、やってみない?」と言った。僕が「えっ!?」とかえして、「でも寝てるよ」と言うと、「寝ててもいいから」と言うので、「やる」と言った。すると、Aが出て行こうとするので「するんじゃないん?」と聞くと、「1人でやってみ」と言った。「無理だよ」と言うと「大丈夫」と丸め込まれて1人ですることになった。

まず、Bにキスをした。まだ起きない。次に胸をセーター越しに触ったが、反応なし。反応がないので、服を脱がし、上半身裸にして胸を揉むと反応した。起きたかと思い、手を離し、顔を見たが起きない。パンツも脱がせ、全裸にした。脱がしただけで一旦離れ、僕も全裸になった。そして、Bの体を起こし、口をこじ開け、チンチンを入れた。チンチンを入れると頭を持ち、出し入れををしていると、あれを口の中に出したが、溢れて顔全体に掛かった。その瞬間、Bが「ゴホ、ゴホ」と咳き込み、おきた。Bに「何してるん?」と聞かたが、答えずに乳首を舐めると、「い、いや、やめてー」と叫んだ。(今になってはその叫んでいるのもいいんだが)当時はうるさくて、手を伸ばし、口を塞ぎ、舐め続けた。ここで初めてイッタ。やがて、叫ばなくなった。そこで僕は口を塞いでいた手を離し、同時に舐めるのも止め、その代わりにキスをし、舌を入れ、手でアソコを舐めた。舐めた瞬「ん、ん、ん」と声になり、イッタ。そして、口を離し、喋れるようにしたが、大人しく、涙目で「も、もう、やめて」というが、関係ない。無視してアソコの入り口を探し当て、チンチンを入れた。入れた瞬間イッタ。僕も出した。そのまま、突いていくと何かに当たった。そこから無理やり突くと、Bが「ひぎっ」と言った。そこでも出してしまった。出して引き抜くと、どろどろの見慣れたものと赤いものが出てきた。よく見ると血だった。が、構わず、Bを四つんばいにさせ、入れた。その時、何を思ったのか、教えられてもないのに、入れたままBの体を引き寄せ、首を舐めた。その時、肘が当たり、繋がったまま後ろに倒れた。結果的に尻餅をついた。手をアソコに回した。ずっと「い、い、か、げ、ん、や、め、て」ていっていた。繋がったままで、アソコには左手、右手で顎を持ち、口を口で塞いだ。塞いだ後、右手は胸をもんだ。ひとしきり済んだ。後でチンチンを口で掃除させ終わった。途中でBを拭かなかったから、体中どろどろでした。

疑問にのこるのは、あの血。Aに聞くと「たぶん処女膜」と言う事だった。つまり、誰ともやっていないらしい。

誰にもこの事は言わなかったらしい。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【近親相姦】従姉の妹に…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月8日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ