相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】一つ上のいとこと。1【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私は 中3。身長は160ぐらいで、バストはそこそこです。

顔は だめだめで、かわいくないし、怖いです;

性格は、さすが関西人で、ギャグが好きです。(「ナナ」とします。

いとこは 高校1年生で、顔はまぁまぁイケメン。身長は173ぐらいです。

彼女は今まで 3人。

しかし 中2からは全然モテず。

最近はPSPの モンハンが彼女のようです。(ここからは「樹(いつき)」とします。

祖母の家にすんでいる樹は、私が泊まりにいくと

隣りに布団をしいて寝ます。

私の友達にそれを話すと、

「は?それやばくない?男でしょ?」

といわれますが 何も起きておりません。

しかし…

ついこの前起こったことを今からかきます。






いつものように遊びに来た私は、

祖母と樹の母に、買い物にいくかといわれましたが、少し気分がのらず、私だけ残りました。

祖父と樹父は仕事ですので、私だけになりましたので、久しぶりに樹の部屋をのぞきました。

遊びに行っているものだと思って・・・・

すると ベットに樹が座っていました。

「はぁ…はぁ…」

(・ω・)…これはまさか オ○ニー……?

よく見えませんが 樹はオ○ニーをしているようです。

「…っナナ」

名前をよばれて びくっとなりました。

「ナナ…っ」

まさか私のことではないでしょうが、とにかく大変です。

バレないうちに逃げよう、と思いましたがどうにも足が動きません。

(この、変態…)心の中で自分に突っ込みます。

「はぁっ、う、イクっ」



やばいやばいやばい 樹が冷静になるとさすがに見つかる…!

「うっ…!」

樹はイったようです…(‾Д‾;; やばい

ぺた…

裸足だったのが運のつき。

後ずさりしたために、樹が気づきました。

「?…!!!!ナっ…」

「∑(;‾□‾ 」

「・・・・・・・・;」

「・・・・・・・・・」

お前なんでここにいるんだよ とか

見られた・・・       とか

いろんなことで、樹の顔は引きつっていました。

「……みた?」

みた といえるだろうか!?この状況で!

「…………何を?;」

「…ほんとに?見てないのか?」

「みてないみてない」

完全に怪しいです。自分でもわかるほどに・・・

「・・・」

樹は自分の髪をかきあげ、私のほうへ眼をむけ、悩んだ挙句、言いました。

「みただろう」

・・・・・バレている・・・

「…みた、けど、別に 誰にもいわないし…!」

必死にこの場から逃げたくて仕方がありませんでした。

「………はぁ……」

どうしよう、というようなため息でした。

「……」

こっちのセリフです。(‾Д‾;;

耐え切れなくなった私は、

「…き、気にしないでよ、じゃ、じゃあ…」

身を翻そうとしました。

「ぉ、おい、待てよ」

腕をつかまれたと思ったら あっという間でした。

壁に押し付けられて、樹の顔が目の前にありました。

「いつ…」

「…」

樹は、私を見つめた後、私の肩に顔をうずめました。

「……無理」

「は?」

「もう、無理」

「なに」それという前に

樹にキスされました。

もちろん、ファーストキスですよ(ノ∀*)←

「え」

「ごめん」

そういった樹は首をなめてきました。

「ひゃぁ!!」

びっくりして変に裏返った声が。

「かぁいい」

もう一度キスをされ、「これ、夢なのかー」と思い出しました。



続く


告白体験談関連タグ

|||||||||

【近親相姦】一つ上のいとこと。1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月8日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ