相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】悪ガキにやられた 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


俺の嫁(30歳)が近所の悪ガキ(高三)にやられてしまった。

夏前に嫁から、悪ガキが自分のことを変な目で見たり、洗濯物を覗いたりして気味が悪いと言うのを何度か聞いていた。 俺は「若い男は何をするか分からないので、用心するように。」と言っただけで、そのままにしておいた。



そういえば最近その話が無いなと思い、先日嫁に「最近、あの悪ガキの様子は?」と聞いてみた。 「えっ、最近は何も無いよ」ということで、その話は終わった。



しかし何か動揺したような感じだったし、悪ガキの行いがそんなに変わるものかと、何か引っ掛かった。



先週の木曜日だったけど、俺は仕事で社外に出た後少し早かったけど直帰した。

普段は7時前に帰ることは無いけど、その日は5時前に家に着いた。 

嫁が普段の夕方どうしているのか見てみたい気持もあったし、嫁には連絡せず帰った。



玄関は閉まっていたので鍵で開けて入ったが、そこには知らないスニーカーが。

あの悪ガキがいるのか、頭に血が上った。 俺は自分に冷静に冷静にと言い聞かせながら、リビングに入った。 誰も居なかったが、リビングに繋がっている和室から嫁の喘ぎ声がしていた。 普段は声を出さない嫁が、「ア・ア・ア、ダメ、ア・アーー」と声を上げていた。 



俺は暫く呼吸を整えてから、襖を開けるとともに「何をしているんだ!」と大きな声を上げた。「イヤーー」と嫁は大きな声を出し、男を跳ね除けようとした。 




男は一瞬驚いたようだったが、「旦那か、もう少しだから待ってろ」と言って腰を更に激しく動かし出した。 放心状態の嫁の中で果てると、信じられないくらい大きなマラを嫁から抜き、大量の精子の入ったゴムを嫁の腹の上に捨てた。 



俺は何の行動も取れなかった。 俺が入ったら、二人は行為を止めて謝るか逃げ去ることくらいしか想定していなかった。 男はさっさと服を着て帰ろうとするので、「待て」と言ったが、「用があるならいつでも来い」と言って帰ってしまった。



放心状態の嫁に、「警察に言うか?」と聞いたら黙って首を振った。

それから俺は嫁にシャワーを浴びさせ、色々聞いたが中々話してくれなかった。

「正直に全て話してくれないと、二人のこれからのことは考えられない」と諭したところポツリポツリと話出した。

・3か月ほど前、悪ガキが急に家に来て無理矢理犯された

・誰かに話したら、自分も旦那も只では済まないと脅された

・それから平日の夕方は、ほとんど毎日来るようになった

・いつも30分程度、長くても1時間くらいで帰った

・俺に秘密を持って申し訳ないと思っていたけど、どうしようも無かった



レイプに脅しと明らかに犯罪だけど、3か月前の証拠となると警察に相談しても難しいかも知れない。 それに悪ガキの親は怖いスジの人みたいだし。

結局、俺たちは引越しをしてやり直すことに決めた。 金曜日は嫁には実家に帰らせ、土日でマンションを探した。 引越しは今週末の予定だ。 



早く子供でも作って悪夢を忘れたい。 ただ悪ガキのデカマラと嫁のあの喘ぎ声は俺の頭から消え去らないと思う。 でもその事は嫁には絶対触れないでおくつもりだ。



もう一つの願いは、あの悪ガキの家に雷でも落ちないかということ。





出典:bb

リンク:dnq


告白体験談関連タグ

|

【寝取られ】悪ガキにやられた 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月8日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ