相互リンク先の更新情報!

【学校】切ない恋物語 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


一人の生徒が…想いを告げようとしていた



「す、好きです」



この世に生れ落ちて21年。



グロメンは生まれて初めてその率直で純情な想いを伝えた



今まで女性関係はゼロ。



どちらかというと好かれるどころか避けられてきたようなタイプであった。



告白相手は同じゼミの面倒見のいい女の子。



体型は小柄、小動物のような彼女は決して目立つタイプではなかったが、






気配りができることや、その気さくな性格からそれなりに人気があった。



正直自信があるわけではなかった。



しかし伝えたかった。否、伝えなければいけなかったのだ。



少しの間を置いて答えが返ってきた。



「…凄いうれしい」



この間はグロメンにとっては、長いものだった。それが一言で弾けとんだ。



やった…!!



「でもね…」



!!



「やっぱり友達以上には見られないよ…ごめんね」



グロメンの宙に浮くような高揚した気持ちは



雪崩式垂直ブレーンバスターのように地面へとめり込んだ。



「だからこんなこというのもなんなんだけど、その…これからも…よろしくね」



「う、うん。僕も気持ちを伝えられて…よ、よかったよ…」



グロメンは帰って泣いた。



しかし生まれて初めて気持ちを伝えたということもあり後悔はなかった。



明日ゼミがある…彼女には笑顔で会おう。



それがグロメンの男としての意地であり彼女への配慮であった。



次の日グロメンは研究室の前まで行くと深く深呼吸をした。



さ、行くぞ。



「ねえ聞いたー?エミったらあいつに告られたんだって??!」



「ちょ、やめてよマイちゃん!」



『ええーマジかよ!』



ガヤガヤ



グロメンは一瞬頭の中が真っ白になった。



しかし笑顔で、今日は笑って会うと決めたんだ。



笑顔で「ハハハそうなんだよ!玉砕でした!」て入れ!



グロメンはドアノブに手を伸ばした



「てかさーあいつマジ身の程わきまえてなさすぎじゃね?」



グロメンのドアノブをまわす手が止まった。



「いえたいえた。あいつがエミちゃんと付き合えるわけねーじゃんかなー」



「ハハハハハ身の程わきまえろっつーの!」



「てか鏡見たことねえのかよ」



ドッ



「ちょ、ちょっとみんな…き、聞かれたりしたら…どうすんの」



「あのさーエミもムカつかないの?だって付き合えると思ったから告ったわけでしょ?あんた付き合えると思われてたんだよー?」



「も、もうやめようよ」



「エミは優しいからなー。あの手の童貞君が勘違いしちゃってもしょうがないよな!」



「ハハハハハ勘違いさせるエミが悪いってハハハハ」



「でもあいつエミをオナネタにしまくってたんだろうなーうげーゲロゲロ」



「ちょ、想像させんなよ気持ち悪い」



「てかエミ大丈夫?ストーカーされちゃったりするんじゃない?そうしたらエミも困るっしょ?」



「それは…まあ…」



グロメンは走った。途中転んだ。しかしすぐに起き上がり再び走った。



家に着いた。今頃ゼミの連中は振られたからばつが悪くて今日休んだと言ってるんだろう。



ベッドに包まった。涙も出なかった。



思い出は裏切らなかった。彼女とのことを思い出しながらその日は床に就いた。



恋せよグロメン





出典:2ch

リンク:VIP


告白体験談関連タグ



【学校】切ない恋物語 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月8日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ