相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】従弟の意地悪【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私には同い年の従弟がいます。私たち親戚は正月になるとみんな私の家に来ます。その日の夜、大人たちは酒を飲んで酔っ払っていてもうとっくに寝ています。ほかの従弟もまだ小さいので寝ています。二人だけ寝てない人がいます。私とその従弟です。従弟は同い年の男の子で高3です。いとこといっても私たちに血はつながっていません。私たちは並んでテレビを見ました。そしたら従弟がこっちにおいでと言ってきたのです。そして私を持ち上げ自分の上に乗せたのです。ちょうど従弟のちんこが私のおまんこにあたっているため、あはん、と声を出してしまいました。そしたら従弟は「美菜って意外とエロい」(美菜っていうのは私です)とくすくす笑っていました。そのまま私を下にしてティープキスをしました。ティープキスをしながら私の服を脱がせました。そのあと私のおっぱいをもみ、「美菜のおっぱいって巨乳でやわらかい」といいもみもみ。そのあと自分のちんこを出し私の口に入れてフェラさせました。従弟は私の口の中で射精しました。そのあと私のに濡れているおまんこをなめて「美菜のおいしいな」といい私の中に自分のちんこを入れました。そして私はこの一晩で従弟に15回いかされました。従弟は帰る時、私の耳元で来年もよろしくといい出て行きました。


告白体験談関連タグ

||||||

【近親相姦】従弟の意地悪【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ